勃起中枢を刺激する塩酸ヨヒンビン!

勃起不全の症状の中には、血液中の男性ホルモン量は正常にも関わらず勃起することが出来なかったり、勃起することが出来ても途中で萎えてしまうといった症状に陥るケースが見られます。

主な原因として挙げられるものは、ストレスなどの精神面、糖尿病などの生活習慣病などが影響しているといわれており、加齢により勃起不能に陥るケースもあります。

このような場合は、勃起中枢神経を刺激するタイプの精力剤を服用することにより、改善される場合があります。

 

勃起中枢を刺激する働きのある成分が、塩酸ヨヒンビンです。

塩酸ヨヒンビンは、人工的に作られた化学物質ですが、ヨヒンビンは、古くから西アフリカで暮らしている人達の間では催淫効果と精力強化の目的で愛用されていた成分で、西アフリカ地方にしか見られないヨヒンベの木の樹皮や葉から抽出されています。このヨヒンビンを人工的に作られた物質があの塩酸ヨヒンビンです。

 

大脳がセクシーなものを察知いたしますと、脳の前頭葉にあります勃起中枢が刺激され、それにより、仙髄にある勃起神経に命令が届くことにより、ペニスが勃起します。

勃起不全に陥っている方は、例え大脳がセクシーだと察知したとしても勃起中枢が上手く機能していないため、勃起命令を出すことが出来ないのです。

塩酸ヨヒンビンを服用することにより、勃起中枢を直接刺激し興奮状態にさせます。ですから、仙髄にあります勃起神経まで命令が届き、勃起させることが出来るというわけです。

 

ED治療薬が流通する前から、インポテンツを治療する効果がある薬として厚生省から認められていますので、塩酸ヨヒンビンの効果は絶大なものだといわれています。

また、即効性があるのも特徴ですが、2年以上勃起していない方が1回服用したからといってすぐに効果が出るというわけではありません。しかし、1週間以上飲み続けることによって効果が出るといわれています。

 

塩酸ヨヒンビンは勃起力を高める精力剤ですが、一方の硝酸ストリキーネは射精力を高める効果があります。硝酸ストリキーネは射精中枢神経を刺激することにより、射精力を高めることが出来るのです。ですから、勃起することはできても時間がたってもなかなか射精することが出来ないという方にとても効果がある精力剤です。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です