早漏の効果的な防止策!

セックスにおいて男ならばだれしも相手の女性を満足させたい、歓ばせたいと願うものです。相手が誰であれ、相手と共に頂点に達したり、女性を先に頂点に導いてから自分も達するということにより、単に快楽を得るのみならず、女性との心の繋がりも更に強いものとなるでしょう。

 

話題になった小説「失楽園」は、中年男女による濃厚なセックスシーンが話題になりましたが、その中で、主人公の男性は何度かのセックスの中で女性を先に頂点に導いているのです。その過程の中で、主人公も相手の女性の繋がりが更に深まっていきます。

 

失楽園は作者の実体験をもとに描かれているのかどうかはさておき、この女性を頂点に導くという流れはセックスの一つの理想なのかもしれません。中年の男女を中心に人気になったのも、こういう点が支持されたのでしょう。

 

もし失楽園の主人公が早漏だったら…想像してみてください。失楽園の雰囲気が損なわれ、物語として成り立たなくなるでしょう。 

自慰行為であれば、早漏であれ一人でする行為ですので、相手のことを考える必要はありませんが、セックスはそうはいきません。

 

どの年代であれ、早漏で自分が先に達してしまうと男として惨めな気持ちになってしまいます。

若者であれば、しばらくすると、もう一回出来るでしょうが、中高年になると一度達してしまいますと若者のように、もう一回というわけにはいきません。

 

自分が先に達してしまう度に、「今日は疲れているから、これで終わりだ」なんて言い訳ばかりしていると相手の女性も呆れて冷めてしまうかもしれません。もし、夫婦であれば別の男性に夢中になってしまうこともあり得ます。

 では、どうしたら早漏にならなくなるのでしょう?

昔からの方法として挙げられているのが、睾丸を冷やしたり暖めたりという金冷法などがあるようです。

 

また、意識的に尿の放出を抑えることにより、閉鎖筋を強化するトレーニングも早漏に有効なようです。しかし、一日しただけで筋肉が強化されるはずはないのですが、毎日筋肉トレーニングを続けることは簡単なことではありません。

 

そこで、有効な方法なのがズバリ精力剤です。精力剤は勃起不全を改善するより早漏を改善するのが簡単だといわれています。

早漏防止に効果のある精力剤は全て塗り薬となっており、セックスを行う前に小豆くらいの量を指にとり、ペニスの敏感なカリの部分を中心に亀頭部分に塗りこんでいきます。このとき、尿道口には塗らないように注意しましょう。

 

早漏防止に有効な精力剤には、歯科医で局所麻酔に使われているような痺れ薬である塩酸ジブカインにプロカインといった成分が含まれています。

これを敏感すぎる亀頭部分に塗ることにより、塗った部分が麻痺し、刺激を感じにくくなり、早漏防止につながるというわけです。

 

塗ってから30分程度経過しますと患部にしみこんでいますので、入浴しても効果がなくなることはありませんし、口に入ったところで、体に害があるというわけではありませんので、フェラチオも大丈夫です。

また、この精力剤を使うことで、今まで先に自分が達していたという惨めな思いから解放され、セックスの幅も広くなることでしょう。

 

もし、コンドームを使うというのであれば、早漏防止のコンドームが有効です。

通常のコンドームと異なり、亀頭部分が厚めになっていますので持続力を延長する効果があります。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です