病院で精力減退を解決できる?

セックスに関する悩み…どこで打ち明けたらいいのかと悩む人も多いといいます。

 

正直、病院などでセックスに関する悩みを打ち明けるのが然るべき流れなのですが、病院にいったところであなたの気持ちの問題だ、それは年齢の問題なのでは?と、諦めるように諭される姿が想像出来ます。

田舎の病院につきましてはそういった傾向が根強いようで、中には世間的にはどうなんだと説教する医者もいるといいます。

 

とはいえ、そういわれてもやはり人間はそう簡単にセックスすることを捨てられるほど単純な生き物ではありません。

80を超えても尚、貪欲にセックスを求める人もいるように年齢を理由にセックスを諦めなくてはいけないのはあまりにも人間という生物を理解していないのではないかと思われます。

 

では、何故そのようなことをいう医者がいるのでしょうか?

それは、セックスに関する悩みを解決するカギを医者が持っていないからなのです。

 

以前と比較いたしますと、精力について知識を得る医者やそれを専門にした医療機関が増加している傾向にありますが、やはり精力について専門的な知識を得ている医者はまだまだ少ないといっても過言ではないでしょう。

大きな病院で診てもらったところでとある漢方薬を出して終わりというのが関の山でしょうか。

 

更に酷いところになりますと、ペニスにシリコンを入れるべきでは?と、言われるところもあるというのです。

シリコンを入れる治療法は、治すというよりはシリコンを入れて勃起しているように見せるというだけの付け刃的な治療法であり、根本的な解決方法とはいえません。

 

病院で診てもらって人の中には改善された方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ほとんどの方は満足な状態に改善されていない方がほとんどなのです。

 

このような現状にもう少し医者に精力に関する知識を身につけて欲しいと願う人も多いことでしょう。

ですが、医者の中には精力剤を取り扱っている薬局に足を運ぶほど十分な知識を持っていないのが現状です。

 

じゃあ、もう少し精力について勉強するべきだといいたいところですが、他の分野を優先しているのか、はたまた性に関する分野を勉強することに躊躇いがあるのかどうかは定かではありませんが、あまり積極的に知識を得ようという方が少ないのが現状です。

医療機関と精力剤を専門に取り扱っている薬局…二つの機関が上手く機能し、精力減退で悩む男性を少しでも早く救ってあげられるようになれればいいのですが…。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

女性も精力剤を欲する理由とは?

セックスに関する悩みは何も男性側の問題ではありません。

女性側も何かしらセックスに関する問題があるといわれております。

 

大半がセックスをしても感じなくなったという悩みをお持ちのようですが、このような悩みには二通りあるのです。

それは、元々感じないかまたは今まで感じていたのにある日突然感じなくなったというパターンです。

 

もともと感じない女性によくある傾向としてクリトリスが包茎だったということが多くみられます。

そのような場合はどうしたらいいのかといいますと、相手の男性がそれをしっかりと理解しクリトリスの皮を剥いてあげてからしっかりと愛撫してあげると感じることが出来るようになるでしょう。

 

しかし、かつては感じていたのにある日突然感じなくなった女性は、セックスのテクニックや気持ちの問題では片付けられないところもあります。

このような場合はどうしたらいいのでしょうか?

それは、催淫剤など性的に興奮することが出来るタイプの精力剤を使うことによって解決することが出来るでしょう。

 

何故女性が精力剤を求めるのでしょうか?

それには様々な理由や事情があるでしょうが、大きな理由はやはりパートナーが他の女とくっつくのがいやだという気持ちが強いことへのあらわれなのかもしれません。

 

何もそれだけのことで…と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、当事者にとっては深刻な悩みなのです。

 

不感症でお悩みの女性の中には、自分が感じなくなったことが原因で夫が自分のことをみてくれず、別の女性と不倫していたということもあるようです。

私のことをみてほしい…家庭を壊したくない…このような切実な思いがあるのではないのかと思います。

 

セックスは最早単なる快楽を得るための行為というだけではありません。

以前にもお話いたしましたが、セックスは人生というように、セックス一つで人生が大きく変わってしまうのです。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

お互いが満足するためのSEXするには?

セックスに関する悩みといえば精力減退だけではありません!

中には、セックスする分には問題がないのだが、もう少し相手を満足させたいというなんと贅沢な悩みを持つ人もいるといいます。

どういうことなのか…それは、一晩で何度もセックス出来るほどの持続力や回復力を欲しているということでしょうか。

 

ですが、満足させるセックスは誰がどのような基準で決めていることなのでしょうか?

 

確かに1分もたたないうちに達してしまうのは少し問題あるかもしれません。

しかし、満足させるセックスというのは行為を行っている時間や回数で決まるのでしょうか?

 

満足させるセックスというのは、回数や時間などではなく、文字通り相手をどれだけ満足させることが出来るかなのではないでyそうか。

何回やっても相手を満足させることが出来なければ意味がありませんし、逆に1度のセックスで満足させることが出来ればセックスとして大成功なのではないでしょうか?

お互いが満足する…それは本来あるべきセックスの姿なのではないでしょうか?

 

セックスといえば男性が主導権を握り、女性を満足させるもの…とはいえ、女性を満足させるためにはその分努力をしないといけません。

ただ、ペニスをヴァギナに挿入し適当に上下運動しているだけで女性が満足できるかと思ったら考えが甘すぎます。

 

セックスにおいて重要なことは、女性をいかに満足させることが出来るのかが男性側にかかっているといっても過言ではないのです。

ですから、回数や時間と女性を満足させることとは全くの無関係の事象なのです。

回数のことを考えるくらいなら、1度のセックスで相手をどれだけ満足させることが出来るのかを重点的にみたほうがいいと思います。

 

満足も出来ないセックスをただ回数こなしただけでは時間を無駄にするだけですし、ただ疲れるだけでしょう。

それは女性側も勿論ですが、男性側からしても同じことではないでしょうか?

 

精力剤を使って持続力を上げることも大事かもしれませんが、中身のあるセックスを心がけることが最重要なのではないでしょうか?

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

不感症に悩む女性の対策!

前回、不感症に悩む女性について簡単に紹介させていただきました。紹介した事例は特殊な例ですが、不感症に悩む女性は配偶者の有無に関わらず多いのだそうです。

相手の男性はごくごく普通なのにも関わらず性行為で何も感じることなく終わってしまうケースは、女性に何らかの問題があるそうです。

 

不感症に悩む若い女性の場合、体質によって解決法も変わってきます。

例えば、生理の周期が不定期であったり、女性というよりはどちらかといえば男性らしい体つきをしているという方は、女性ホルモンが正常に分泌されていない可能性があります。ですから、女性ホルモンを補うことで解決することが出来るのです。

 

逆に、女性らしい体つきをしていて定期的に生理がくるにも関わらず、性行為をしていても何も感じないという場合、相手の男性に問題がある場合もありますが、実は女性の性格面に問題があるケースがあります。

 

例えば、両親が非常に厳格でセックスはよくない行為だというしつけを受けて育ってきた方の場合、どんなに愛している人であってもセックスになると途端に心を閉ざしてしまうのです。

こうなりますと、セックスをしている間はただただ苦痛で退屈に感じ、早く終わって欲しいと願っているわけですから、感じるはずがありません。本人にしても、相手の男性にしても、とても気の毒なことだと思います。

 

しかし、そのようなケースにおいても心配することはありません。

興奮剤を使うことにより、今まで閉ざしてきた心が一気に解放され、今まで感じなかったエクスタシーを感じることも出来るのです。

現に、今までそのような女性の多くが興奮剤の使用により悩みを解決してきた事例が多く上がっているのです。

 

中には、AV女優など仕事でセックスをしている女性もいます。

仕事でセックスをしているわけなのですから感じてはいないものの、感じている「フリ」をしております。

感じているフリを続けているうちに、プライベートセックスでも恋人とセックスをしていてフリで終わってしまうこともよくあるという事ですが、このような場合でも興奮剤を使うことにより、正常な感覚に戻ることが出来るのです。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

[contact-form-7 404 "Not Found"]

中高年女性の不感症の原因!

中高年女性の多くが、「若い頃は感じやすくて何回もイクことができたけど、いつからか感じなくなってしまったのよね…」と訴えているようですが、その原因として、思い当たるのが、まずストレスです。

 

中高年女性のほとんどは、家庭のことであったり、子供のことであったりと、何かしらの悩みを抱えています。また、両親や義父母の介護といった悩みを抱えている女性も中にはいるでしょう。

 

当の旦那は仕事第一主義で家庭のことは妻にまかせっきり…ですから、家庭の悩みは奥さんが一人で背負いこむ形になってしまって、ストレスも一気に掛かってきます。

こうなってしまっては、セックスどころではなく1分でも長くぐっすり眠りたいという願望の方が強くなります。旦那が求めてきたとしてもその気になるはずもなく、かといって、断ると主人の機嫌が悪くなるわけですから嫌々ながらも応じます。

始めからその気はないのですから、濡れるはずもなく、本人にとっては「早く終わってほしい。」という、苦痛で長い退屈な時間に感じるのです。

 

また、ストレスの他にも更年期も原因の一つとして上げられます。

今までストレスを抱えることもなく、主人もすごく気を使って接してくれている…にも関わらずセックスをしていても感じなくなった原因は更年期が関係している場合もあります。

 

更年期を迎えると、ホルモンバランスが崩れ様々な不調を訴えるようになります。

そして、女性ホルモンの分泌も更年期を迎える際に減っていき、性欲が失われセックスをしていても感じないカラダへと変貌してしまうのです。

更に、愛液の分泌量も減ってしまいますので、その状態で無理にセックスをすると性交痛の原因となってしまいます。

 

このように、更年期を迎えると女性も男性同様、性不能状態に陥ってしまいます。ですが、この状態をお互い協力しあって思いやりを持って、いかに打開するかによって、その後の二人の関係もさらに親密なものに変わっていきます。

この障害を乗り越えることによって二人にとって人生最大のセックスライフが待っているといっても過言ではないでしょう。

 

逆に、相手のことを考えずに自分中心でぐいぐい引っ張っていったりしていますと、いずれはお互いの心も体も引き裂かれ熟年離婚へと一直線です。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

性の悩みを解決するホルモン療法!

女性の不感症は、ホルモンの分泌量の低下が原因で起こるものですが、男性の場合と同じで、女性ホルモンを外部から摂取することにより解決することが出来ます。

ホルモン療法ですが、効果は抜群で、例えば女性に男性ホルモンを投与しますと、濃い髭を生やすようになったり、また男性に女性ホルモンを投与すると、乳房が大きく膨らむといった具合です。

このようなはっきりした効果からか、精力剤の他にも医療や美容の分野において、これらホルモンの活躍する場が広がるようになってきたのです。

 

アメリカのとある大統領が若さを維持するために男性ホルモンを摂取したという話は有名な話ではないかと思います。

また、医療の分野においてもホルモンが大活躍しており、注射などを用いることによってホルモンを補うことにより、更年期の症状が回復し、その上今まで濡れなかった膣に潤いをもたらすことが出来るのです。

このホルモンの効果の凄まじさは先ほども紹介させていただきましたが、閉経後の女性に女性ホルモンを投与することにより、再び生理をもたらすほどなのです。

これほどまでに強力な効果を持つわけですから、ホルモンを投与する際には十分な注意が必要です。

 

それは、ホルモンの過剰な投与を決して行わないということです。

以前、男性ホルモンを過剰に投与すると自分自身で男性ホルモンを作る能力を失ってしまうというお話をさせていただいていますが、それは女性も同様です。

女性ホルモンを過剰に投すると、子宮や卵巣と女性特有の機能が低下し、発育が悪くなる原因にもなってしまうのです。

 

ですから、カラダ全体にいきわたる注射などの投与方法よりは、一部分に塗るだけでも女性ホルモンを補充することが出来るタイプのものがありますので、必要な部分だけ補充することも出来ますので安心してお使いいただけるかと思います。

外部からホルモンを投与することにより、不感症や冷感症で悩んでいる女性にとって絶大な効果を発揮することが出来るのです。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

女性に多い不感症の悩み!

セックスに纏わる悩みは男性だけではありません。女性も若い世代の女性から中高年の女性まで、男性とほぼ変わらない年齢層の方が何かしらセックスについての悩みを持っています。

 

昔は、日本の女性といえば軽々しくセックスについて語ることは勿論のこと、セックスに纏わる悩みを語ることはタブーであるとされてきました。

しかし、近年では女性の間でもセックスについて普通に語られるようになり、女性が積極的にリードしている傾向も見られるようです。ピルが解禁された経緯も女性の性に対する意識の変化の表れなのではないでしょうか?

 

さて、女性のセックスに纏わる悩みで一番多いのは、不感症、次いで、冷感症、性交痛、不妊症といった順に多い悩みだといわれておりますが、性交痛につきましては、不感症や冷感症を併発している場合もあるようです。

 

不感症と冷感症は、よく一緒にされがちですが、不感症とは、肉体的には正常であるにも関わらず、セックスの際に快感だと感じず絶頂することが出来ない現象のことを指します。

一方の冷感症ですが、快感を得ることが出来ないという点については不感症と一緒なのですが、手足の冷えなど女性特有の現象が表れるのが冷感症の特徴です。

 

不感症には、全く快感だと思わないというタイプと、快感だと思ってはいるが絶頂に至らないというタイプがあります。

セックスは相手がいてこそのものですから、相手に対する愛情などの精神的な面や相手の男性のテクニックなど、また、どれくらい経験したかも関係があります。

例に挙げますと、相手が若い男性で挿入後すぐに終了してしまう超早漏の場合ですと、女性が感じる暇もありませんのでそれで感じなかったといっても不感症であるとはいえません。

 

また、20代のこんな女性の例もあります。彼女は、妻子ある10歳年上の男性と不倫関係を続けながら、学生時代からの恋人とも掛け持ちで交際していました。

彼女は、年上男性の女の身体を知りつくした巧みなセックステクニックで、いつもメロメロになるほど感じさせられるといい、一方の同い年の恋人の方は、絶頂どころか快楽を得ることさえ出来ないといいます。

とはいえ、好きで付き合っているわけなのですから、決して相手のことを嫌っているというわけではないようです。

 

そんな時、不倫が奥さんにばれてしまい男性とは離別し、同い年の恋人と結婚することになったそうですが、感じないセックスを繰り返しても価値観の違いなどで別れることになるのでは…、と不安でならなかったといいます。

後日恋人と一緒に薬店で不感症の精力剤を処方してもらったところ、今までのことが嘘みたいと毎日充実したセックスライフを送れるようになったといいます。

 

皆さん周知の通り毒蛇の一種であるマムシですが、昔から精力アップに効果があるといわれているだけあってその強壮効果は凄まじいものだといわれております。

 

マムシのみならず、ハブなどの毒蛇のカラダにはカルシウム、良質のミネラル、タンパク質などの栄養が豊富に含まれており、これらだけでも十分な強壮効果を得ることが出来ます。

中でも、特に効果的な部位は、肝臓のすぐそばについており、胆汁を分泌する働きのある胆嚢だといわれ、強壮剤の貴重な材料の一つになっています。

 

動物の胆嚢ですが、昔から強壮効果の高いことで知られており、例えば昔から日本で使われていた熊の胆嚢を使った民間薬には消化不良や胸焼けに効果があることで知られております。

何故効果があるのかといいますと、胆嚢に肝機能の働きを改善する効果があるからだといわれており、肝機能の働きが良くなることにより、カラダ全体が元気になり、精力アップにも繋がるわけなのです。

 

ですから、動物の胆嚢はすごく重宝されています。先ほど例に挙げた熊の胆嚢を使った民間薬ですが、実は熊の他にも豚や牛の胆嚢も使われております。

これは、毎日何十頭もの熊を捕獲するわけにもいきませんので、牛や豚の胆嚢でカバーしているというわけなのです。

 

牛や豚の胆嚢でも十分な効果を得ることが出来ますが、一番効果的なのが蛇でその中でも特に毒蛇の胆嚢が効果的だといわれております。

毒蛇の胆嚢を乾燥させてから粉々にし、毎日少しずつ口に入れることにより、肝臓や内臓の働きが向上していく効果が見られています。

その毒蛇の胆嚢の効果に注目し、毒蛇の中でも特に効果のある有効成分を抽出し、凝縮したものが強壮剤となるのです。

 

また、胆嚢の他にも精力アップの効果がある部位は胆石といわれ、特に牛の胆石が効果があるとされ、多くの精力剤に利用されています。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

毒蛇の堪能で精力アップ!

皆さん周知の通り毒蛇の一種であるマムシですが、昔から精力アップに効果があるといわれているだけあってその強壮効果は凄まじいものだといわれております。

 

マムシのみならず、ハブなどの毒蛇のカラダにはカルシウム、良質のミネラル、タンパク質などの栄養が豊富に含まれており、これらだけでも十分な強壮効果を得ることが出来ます。

中でも、特に効果的な部位は、肝臓のすぐそばについており、胆汁を分泌する働きのある胆嚢だといわれ、強壮剤の貴重な材料の一つになっています。

 

動物の胆嚢ですが、昔から強壮効果の高いことで知られており、例えば昔から日本で使われていた熊の胆嚢を使った民間薬には消化不良や胸焼けに効果があることで知られております。

何故効果があるのかといいますと、胆嚢に肝機能の働きを改善する効果があるからだといわれており、肝機能の働きが良くなることにより、カラダ全体が元気になり、精力アップにも繋がるわけなのです。

 

ですから、動物の胆嚢はすごく重宝されています。先ほど例に挙げた熊の胆嚢を使った民間薬ですが、実は熊の他にも豚や牛の胆嚢も使われております。

これは、毎日何十頭もの熊を捕獲するわけにもいきませんので、牛や豚の胆嚢でカバーしているというわけなのです。

 

牛や豚の胆嚢でも十分な効果を得ることが出来ますが、一番効果的なのが蛇でその中でも特に毒蛇の胆嚢が効果的だといわれております。

毒蛇の胆嚢を乾燥させてから粉々にし、毎日少しずつ口に入れることにより、肝臓や内臓の働きが向上していく効果が見られています。

その毒蛇の胆嚢の効果に注目し、毒蛇の中でも特に効果のある有効成分を抽出し、凝縮したものが強壮剤となるのです。

 

また、胆嚢の他にも精力アップの効果がある部位は胆石といわれ、特に牛の胆石が効果があるとされ、多くの精力剤に利用されています

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

植物性精力強壮剤!

植物性の強壮剤は動物性の強壮剤と比較すると、精力剤としての効能より、滋養強壮という面が強調される傾向にあります。精力増強という意味では多少動物性由来のものより弱いというイメージです。

しかし、精力アップには直接的な効果がなくとも、カラダ全体を健康にすることで精力アップにつながるという意味では大いに効果のあるといえるでしょう。

 

では、植物性の強壮剤にはどのようなものがあるのでしょうか?

例をあげると、先ずイカリ草という植物があります。イカリ草はまたの名を淫羊霍(いんようかく)ともいわれており、羊はこの草をよく食べ、年中発情して相手構わず交尾ばかりしているという様子からこの名前がつけられたといわれている植物です。この名前の通り、精力アップ・強壮効果のある植物として有名であり、強壮効果のあるほとんどの漢方薬にこちらの植物が使われております。

 

そして、ブラジル産の植物であるガラナの実にも精力アップと催淫効果がみられます。ガラナといえば、北海道でよく見られる炭酸飲料として有名ですが、ブラジルでは主にリオのカーニバルの時などに愛用されています。

ガラナには、コーヒー豆に含まれているカフェインが沢山含まれているため、興奮状態になりやすいといわれており、ブラジルでは強壮剤というよりは、興奮剤といった用途で使用されているといったほうがいいかもしれません。

 

また、コラの実も精力剤として使われるようになりました。

コラの実は、主に北アメリカのインディオが儀式の際に用いる植物で媚薬として使われていたようです。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

長い時間をかけてスタミナなどをつけゆっくりと精力アップ!

勃起不全や早漏といった症状にも効果のある薬が存在します。しかし、症状が改善した後でも薬を飲み続けるというのは逆効果なので控えたほうがいいです。

たとえば、男性ホルモンの薬ですが治ってからも服用を続けると、今度は男性ホルモンを作る機能が弱くなってしまいますので、症状が回復したと感じたら服用するのをやめましょう。

 

しかし、中には服用をやめると、また同じような症状で悩まされるのではないだろうか?と、お考えになる方もいらっしゃると思います。

しかし、基本的には健康的な内臓を持っている方はセックスするときもすごく調子がいいもので、自分自身の身体を元気な状態にすることが、セックスの悩み解消の第一歩となります。

セックスに関する悩みを持たれている方は、糖尿病・肝臓病といった持病をお持ちの方が多いようです。

仕事をするには、まず健康からといいますように、セックスも健康第一が基本です。

内臓や身体の機能を健康な状態にし、スタミナをつけることが元気なセックスを行ううえでとても大切なことなになり、そのために存在する精力剤が強壮薬になります。

 

強壮剤というのは、塩酸ヨヒンビンや男性ホルモンなどの精力剤のように生殖機能に直接効果のあるものとは違い、内蔵全般の働きを活発化する目的で作られています。

強壮剤を服用することにより、内臓の働きを活発化させ、血液の流れをよくし、身体全体を健康にすることにより、精力アップに結びつけるということになります。

ですから、強壮剤を飲んですぐに興奮状態になったり、勃起するようというようなことはないのです。

 

スッポン料理やマムシの血を摂取することで精力が増し、セックスが強くなるというような話をよく耳にされたことがあると思います。実際、これらは強壮剤の原料として使われてはいますが、摂取したからといってすぐに精力アップするわけではありません。

 

中にはマムシの血を飲んだらすぐに効果が出たという方もいるかもしれません。でも、それは日頃から健康な方が「マムシの血を飲むことにより、すぐに効果が出る」と思い込むことにより、何かしらの効果が表れたのでしょう。このような現象は気のせいから起こるプラシーボ効果といいます。セックスはメンタルな面も大きいのでプラシーボ効果は否定できないでしょう。

 

しかし、強壮剤の一番の狙いは長い時間をかけて、スタミナなどをつけゆっくりと精力アップさせることにあります。通常であれば、長い間服用いたしますと副作用の心配がつきものですが、強壮剤の原料は全て天然のものですので、副作用の心配もありませんし、長期間服用しても問題ありません。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤