人工の男性ホルモンは副作用が怖い!

超威龍

男性ホルモンを外から摂取することが出来るメチルテストステロンは人工的に作られた物質です。

しかし、実は人工物の男性ホルモンだけでなく、天然のものも存在いたします。

 

どういうことなのかといいますと、主に牛や豚の睾丸を利用したものになります。

ただ、これらのものには男性ホルモンが多いといわれているだけであって、男性ホルモンそのものではないのです。

 

わかりやすく例えますと、今流行りの成分であるリコピンを多く含んでいるトマトとリコピンが含まれているサプリメントの関係といったところでしょうか?

それに、天然の男性ホルモンは強壮に分類されますので効果がないというわけではありません。

 

ただ、メチルテストステロンと比較いたしますと即効性は高くありません。

ですが、人間の体内に馴染みやすくかつ副作用の心配がないという点においては天然の男性ホルモンを摂取する利点ではないでしょうか?

 

これは男性ホルモンのみならず、サプリメントでも同様です。

必要以上に摂取いたしますと、吐き気などの症状に見舞われることもありますが、天然のビタミンCなどの成分には副作用に襲われる心配がありません。

 

ただ、天然の成分になりますので人工物と比較いたしますとどうしてもコスト的にも高いという事実は否めません。

人工物の男性ホルモンと同じ量だけの男性ホルモンを摂取するとなりますと、どうしてもたくさんの動物の睾丸が必要になります。

といいますのも、動物の睾丸に男性ホルモンが含まれているといっても極少量しか含まれていないのです。

また、精力アップにつながる動物は輸入禁止の対象になっておりますので、毎日たくさんの量を作るのは困難なのが現状です。

ですから、そういった意味では天然の男性ホルモンはとても貴重で値段も高めなのです。

 

このような事情からか、副作用の恐れがある人口の男性ホルモンのほうが即効性がありかつ大量に出回っていることから利用者が多いのです。

人口の男性ホルモンは容量を守り正しく服用すれば安全で、値段もお手頃だからなのです。

 

人工の男性ホルモンには副作用があると以前お話させていただきましたが、テストステロンやメチルテストロンといった成分は医薬品に分類されるのです。

医薬品は効果があると厚生省が認められたものにしか与えられることはありませんので、これらの成分は厚生省によって認められた精力アップには効果のある人工の男性ホルモンなのです。

 

効果があるということはそれだけカラダに与える影響も大きいのです。

本来の目的で利用する分には大きな問題はありません。

しかし、他の部分にも何らかの影響を及ぼす可能性もあるのです。

この影響を副作用といいます。

 

どういうことかと申しますと、治療対象のみならず、他の部分にも影響を及ぼしてしまうのが医薬品なのです。

ですから、医薬品には何らかの副作用を及ぼす可能性があるのです。

では、副作用のない医薬品はないのかといいますと、それはNOになります。

どういうことなのかといいますと、副作用を及ぼす可能性のない医薬品は医薬品とは呼べず到底効果の望めるものではないからです。

 

副作用を恐れていては到底どのような医薬品に対しても口に入れることは難しいことでしょう。

効果があるのに医薬品を使わないというのはいかがなものかと思います。

また、副作用といっても大抵の医薬品においてカラダに重大な影響を及ぼしてしまうほどの副作用を発症するわけではありません。

ですから、必要以上に心配する必要はないかと思います。

 

何故ならば、医薬品には副作用を抑えるために別の成分を入れ調整しているからなのです。

また、医薬品を販売している方は専門的な知識を持ち合わせている人でないと販売することが出来ないのです。

 

威龍で勃起不全解消

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です