男性ホルモンを摂取するときの注意点。

超威龍

精力減退には男性ホルモンを摂取すると回復するといった類の話を以前にもお話させていただきました。

実際のところどうなのでしょうか?

 

ある精力減退に悩んでいる男性に男性ホルモンを摂取するよう勧めたところ、その男性は男性ホルモンの摂取を断ってしまったのです。

何故なのでしょうか?

 

それは、副作用を恐れて摂取しようとしないのです。

このようなケースは特別なものではありません。

精力減退で悩む人の中には副作用が発症するのでは?と、男性ホルモンを摂取しようとしないのです。

副作用を恐れる背景には、雑誌やインターネットの影響が絡んでいるかもしれません。

 

男性ホルモンにつきましては、大量に摂取してしまいますと、筋肉質のカラダに変貌したり体毛が異様に濃くなるといった副作用もありますが、適量で摂取している分につきましては、大きな心配はございません。

男性ホルモンは元々、私達人間の体内に流れている物質なのですから、男性ホルモンが人間の体に害をなすことはまずありえないのです。

 

むしろ、精力アップのためには男性ホルモンを摂ることが必須なわけなのですから、男性ホルモンは害のある物質どころか精力アップには必要な成分なのです。

精力アップし、以前のように元気にセックスしたいのであれば、男性ホルモンはなくてはならない存在なのです。

 

男性ホルモンは精力アップには必要不可欠な物質だということで摂取して欲しいといいました。

 

但し、例外もあります。

まずは、糖尿病や前立腺肥大を患っている人の場合。

 

男性ホルモンを摂取することにより、カラダに悪影響を及ぼしてしまいますので、これらの症状を患っている場合は男性ホルモンは勿論のこと、精力剤の摂取を控えたほうがいいでしょう。

また、肝臓や腎臓、そして高血圧の人も精力剤を長期的に摂取するのは控えるようにいたしましょう。

 

もう一つ大切なことがあります。

それは、男性ホルモンを摂取しすぎないようにすること。

 

男性ホルモンを外部から摂取する生活を続けてしまいますと、次第に自分の力で男性ホルモンを作ることが出来なくなってしまうのです。

ですから、男性ホルモンをむやみに摂取することのないようにお願いいたします。

 

とはいえ、80歳以上の方でしたら既に男性ホルモンを分泌する能力がなくなっておりますので外部から摂取する分につきましては大きな問題はないでしょう。

問題は男性ホルモンを分泌する能力がある40歳代、またはそれ以下の年齢層の場合です。

 

もし、心配であれば1回きりの服用にするとか、何日か様子を見るといった配慮をするといいかもしれません。

また、処方している薬局に相談してみるといいでしょう。

威龍で勃起不全解消

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です