日本人の性事情

最初に、とある国別の数字をご紹介したいと思います。

 

第1位 フランス151回

第2位 アメリカ148回

第3位 ロシア 135回

 

この数字は、いったい何の数字か皆様はお分かりですか?

実は、イギリスの大手コンドーム・メーカーが調査した世界の平均セックス回数なのです。

計14カ国、30.000人を対象に調査した結果、世界の成人の一年の平均セックス回数は112回で、先にあげたフランス・アメリカ・ロシアは、セックスの多い国ベスト3です。

トップにランクインしたフランスは1週間に3回も頑張っているということですね。

 

一方のアジアはどうなのでしょうか?

調査の結果、香港が77回、タイは69回で、トップのフランスと比べると半分程度の回数です。

日本は調査対象ではございませんでしたが、あるセックス・カウンセラーの調査によると、「日本のサラリーマン家庭の場合ですと、20代で平均一週間に2回程度、30代は一週間に1回ほどで、40代になると月2回、50代は月1回あるかないかのペースになります。これら全世代を平均した結果、週1回、1年間では50回程」ということです。

 

また、とある週刊誌の『首都圏に在住している36歳~50歳までの妻帯者のサラリーマン300人を対象としたアンケート調査によると、セックスの平均回数は月に4回弱で、年間に換算いたしますと50回前後』だということが判明しました。。

 

先にあげた香港、タイと比較してもと、少ない数字といえましょう。

調査してわかったことですが、アメリカではなんと、70代の夫婦の約7割が月に1回は夜のスキンシップを行っているとこが判明しました。

そのようなデータを見ますと、日本人のセックス・ライフはいかに寂しいものかということがおわかりいただけるかと思います。

 

何故、日本人はあまりセックスをしないのでしょう?…それには様々な理由があげられていますが、一番多かった理由が会社中心の生活で平日は帰宅後すぐに就寝、休日は朝からゴルフで接待と夫婦の時間が少ないことでした。

しかし、バブルが崩壊したことによりこのようなタイプは減少いたしましたが、今度は別の問題が発生したのです。

 

バブル崩壊後、景気は一気に傾き不況の嵐が襲ったのです。

いつリストラされるのか…いつ会社が倒産してしまうのか、これらのことが常に頭をよぎり常にストレスがたまっている状態になり、それと共に性欲減退しセックスする回数が減っているようです。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です