男性ホルモンの分泌低下

中高年を中心に多くみられるのが、男性ホルモンの分泌量が低下することで起こる勃起不全です。この状態を改善するには、外部から男性ホルモンを補うことで、弱体化した男性ホルモンの活動を活発化し、精力回復へと導きます。男性ホルモンを補うタイプの精力剤には主に飲み薬と塗布薬の2種類があります。

 

男性ホルモンは睾丸などから作られるわけですが、男性ホルモンは主にテストステロンという物質で構成されています。しかし、テストステロンを口から投与したとしても体内で吸収することが出来ず、勃起能力の回復に繋がらないのです。

 

そこで、テストステロンが体内に吸収されるように人工的に作成したメチルテストステロンという物質を使用します。メチルテストステロンは、飲み薬のタイプの精力剤に使用されている物質であり、塗り薬タイプの精力剤には使用されていません。

塗り薬タイプの精力剤は、直接ペニスに塗りますのでメチルテストステロンではなく、テストステロンのまま使う事になります。

 

このように、ペニスに直接塗ったり口から摂取することで、体内に男性ホルモンが増加し、すぐに効果が現われます。そして、市販されているホルモン系の薬剤には様々な種類の精力剤が流通しており、主な成分は一緒ですが、他の成分が微妙に違っています。

 

製品によっては効果の差があるようですが、ホルモンの分泌が原因で起こる勃起不全を改善するのには、何れの薬剤も適しているといえましょう。

しかし、ホルモン系薬剤はあまり服用しすぎますと、自分の体内の力でホルモンを分泌することが出来なくなってしまいますので40歳以下の方はなるべく使わないようにしましょう。

また、糖尿病や前立腺肥大といった症状を患っている方も服用を避けたほうがいいです。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です