精力減退の原因と予防法

大きく分けて5つの原因が考えられます。

  • 加齢からくる男性ホルモン分泌低下
  • 精神的原因(ストレス・トラウマ)
  • 慢性疾患
  • 薬物乱用
  • 神経断裂

 

1.男性の場合25歳ころをピークとして、男性ホルモンの分泌低下が起こり、勃起力も低下し、性欲そのものも減少していきます。射精をコントロールする射精閉鎖筋も機能しなくなり早漏になったりもしてきます。

2.精神的なものとしては、仕事の失敗や、対人面で人格を大きく傷つけられたり、女性から下半身のことをバカにされたり…など、精神的ダメージを大きく受けた場合に、突然勃起不全になり、ひどい時には勃起不能になったりもします。

3.慢性疾患では、よく知られている糖尿病・肝臓病・腎臓病などがもとで勃起不能になることがあります。病気そのものが治れば生殖機能も復活してきますので病気を治すことが大事です。

4.薬物乱用は、麻薬や覚せい剤、シンナーなどを常用すると、神経が麻痺し刺激にも反応しなくなり勃起もしなくなります。ニコチン中毒やアルコール依存症になった場合も同じような結果となります。

5.神経遮断は、交通事故などで脊髄を損傷した場合、精髄にはさまざまな中枢神経が通っていて、勃起中枢も例外ではなく傷つき遮断されると、大脳からペニスへの指令が伝わらなくなり勃起が起こらなくなります。

 

そして、精力減退を防ぐには、精力減退の原因をつきつめ一つ一つ原因を取り除いていくしかありません。ストレスをためないようにし、慢性疾患にならないように食事や生活習慣に注意し、薬物など服用ことなく普通の薬剤でもやたらと飲むことは控えることです。

 

精力機能が減退するのは、精神的・肉体的にどこかが病んでいる証拠ですから、病んでいる所をいち早く発見し、治療に専念すれば精力の方も回復してきます。

 

ただし、加齢からくる精力減退は防ぎようがありません。だからといって諦める必要もありません。セックスは何歳になっても可能なものです。その手助けをしてくれるものが精力剤です。病気でも早期発見・早期治療をすれば早く回復するように、精力に関することも早期発見・早期治療が深刻な状況にならない秘訣です。

 

こと精力に関することは、恥ずかしいとかイヤラシイとか何の処置も施さない人が多いですが、生殖機能が正常に働かないという事は一つの病気といえます。恥ずかしがらず治療して健全な性生活を送ることが家庭円満でもあり、豊かな人生といえるのではないでしょうか。

 

精力剤いうのは、生殖機能だけに特化して効果があるというものでは無く身体全体を健康にすることによって、結果的に精力にも効果が表れるというものです。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です