カテゴリー別アーカイブ: 精力剤

ホルモンのバランスが崩れるとこうなる?

超威龍

 

ところで、皆さんはかの有名な陸上スポーツ界のベン・ジョンソンという人物をご存知でしょうか?

ベン・ジョンソンは陸上競技の世界で大活躍した選手として知られ、ソウル・オリンピックではかの有名なカール・ルイスとの直接対決に勝利し、100m走の世界記録を樹立した人物として知られていますが、後にあることが判明しそれは幻へと消えてしまったのです。

そう…それは、ドーピングです。

 

どういうことなのかといいますと、ステロイドという違法な化学物質を投与していたというのです。

それが発覚してからは金メダル、そして世界記録が水の泡へと消えてしまいました。

 

ベン・ジョンソンのドーピングと精力剤はどういう関係にあるのか?と、いう方も中にはいるかもしれません。

どういうことなのか…それは、ベン・ジョンソンが投与していたステロイドという物質は男性ホルモンの一種で副腎皮質ホルモンだったのです。

 

これを投与することで、見事なまでのカラダを身につけ世界記録まで作ってしまったのです。

…とはいえ、泡沫へと消えてしまったわけですが。

 

と、このようにステロイドに含まれている男性ホルモンの働きにより、髭などの体毛が濃くなるほか、体つきも更に逞しくなるのです。

これはほんの一部の方の話ですが、男性ホルモンを摂取するボクシングの選手やスポーツ界の選手もいるそうです。

 

男性ホルモンには体つきを逞しくしたり、精力アップの手助けをしたりといった働きがあります。

もし、女性が男性ホルモンを摂取したら…果たしてどうなってしまうのでしょうか?

 

男性ホルモンはそもそも男性のみに分泌されている成分というわけではありません。

実は女性にも男性ホルモンは分泌されているのです。

 

男性の体内には女性ホルモンよりも男性ホルモンの分泌量が多く、女性の体内は男性ホルモンよりも女性ホルモンの分泌量が多いのは、生物界におけるオスとメスの区別をはっきりとつけることに他なりません。

 

だから、女性が男性ホルモンをほんの少しだけ摂取したからといって大きな影響を受けることはありません。

ですが、男性ホルモンと女性ホルモンの量が逆転し、バランスが乱れてしまったのであれば事情が変わってきます。

 

男性ホルモンの量が多くなることにより、髭が生えるようになり、体つきも男らしく逞しくごつごつとした体つきへと変化してしまいます。男性のような姿へと変貌してしまうのです。

 

では、逆に男性が女性ホルモンを大量に摂取したらどうなるのでしょうか?

それは、筋肉量が減少し脂肪分が増えることにより全体的に丸々とした体つきへと変化してしまいます。

 

また、乳房が女性らしい膨らみへと変貌し、お尻が大きくなるようになってしまいます。

このような変化を利用して、女性ホルモンを摂取しようと同性愛者が求めるという話もあります。

 

それぞれのホルモンを分泌している場所が、女性でしたら卵巣、男性の場合は睾丸になります。

これらの器官の働きにより、女性らしさ、男性らしさの体つきのバランスを維持しているのです。

しかし、これらの器官がなんらかの働きにより、ホルモンを分泌できなくなってしまった場合、生殖機能が十分に働くなくなり、最終的には精力減退へと繋がってしまうのです。

威龍シリーズ

 

女性も精力剤を欲する理由とは!

超威龍

 

セックスに関する悩みは何も男性側の問題だけではありません。

女性側も何かしらセックスに関する問題があるといわれております。

大半がセックスをしても感じなくなったという悩みをお持ちのようですが、このような悩みには二通りあるのです。

それは、元々感じないかまたは今まで感じていたのにある日突然感じなくなったというパターンです。

 

もともと感じない女性によくある傾向としてクリトリスが包茎だったということが多くみられます。

そのような場合はどうしたらいいのかといいますと、相手の男性がそれをしっかりと理解しクリトリスの皮を剥いてあげてからしっかりと愛撫してあげると感じることが出来るようになるでしょう。

 

しかし、かつては感じていたのにある日突然感じなくなった女性は、セックスのテクニックや気持ちの問題では片付けられないところもあります。

このような場合はどうしたらいいのでしょうか?

それは、催淫剤など性的に興奮することが出来るタイプの精力剤を使うことによって解決することが出来るでしょう。

 

何故女性が精力剤を求めるのでしょうか?

それには様々な理由や事情があるでしょうが、大きな理由はやはりパートナーが他の女とくっつくのがいやだという気持ちが強いことへのあらわれなのかもしれません。

 

何もそれだけのことで…と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、当事者にとっては深刻な悩みなのです。

 

不感症でお悩みの女性の中には、自分が感じなくなったことが原因で夫が自分のことをみてくれず、別の女性と不倫していたということもあるようです。

私のことをみてほしい…家庭を壊したくない…このような切実な思いがあるのではないのかと思います。

 

セックスは最早単なる快楽を得るための行為というだけではありません。

以前にもお話いたしましたが、セックスは人生というように、セックス一つで人生が大きく変わってしまうのです。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

お互いが満足するセックスをするためには!

超威龍

 

セックスに関する悩みといえば精力減退だけではありません。

中には、セックスする分には問題がないのだが、もう少し相手を満足させたいというなんと贅沢な悩みを持つ人もいるといいます。

どういうことなのか…それは、一晩で何度もセックス出来るほどの持続力や回復力を欲しているということでしょうか。

 

ですが、満足させるセックスは誰がどのような基準で決めていることなのでしょうか?

 

確かに1分もたたないうちに達してしまうのは少し問題あるかもしれません。

しかし、満足させるセックスというのは行為を行っている時間や回数で決まるのでしょうか?

 

満足させるセックスというのは、回数や時間などではなく、文字通り相手をどれだけ満足させることが出来るかなのではないでyそうか。

何回やっても相手を満足させることが出来なければ意味がありませんし、逆に1度のセックスで満足させることが出来ればセックスとして大成功なのではないでしょうか?

お互いが満足する…それは本来あるべきセックスの姿なのではないでしょうか?

 

セックスといえば男性が主導権を握り、女性を満足させるもの…とはいえ、女性を満足させるためにはその分努力をしないといけません。

ただ、ペニスをヴァギナに挿入し適当に上下運動しているだけで女性が満足できるかと思ったら考えが甘すぎます。

 

セックスにおいて重要なことは、女性をいかに満足させることが出来るのかが男性側にかかっているといっても過言ではないのです。

ですから、回数や時間と女性を満足させることとは全くの無関係の事象なのです。

回数のことを考えるくらいなら、1度のセックスで相手をどれだけ満足させることが出来るのかを重点的にみたほうがいいと思います。

 

満足も出来ないセックスをただ回数こなしただけでは時間を無駄にするだけですし、ただ疲れるだけでしょう。

それは女性側も勿論ですが、男性側からしても同じことではないでしょうか?

 

精力剤を使って持続力を上げることも大事かもしれませんが、中身のあるセックスを心がけることが最重要なのではないでしょうか?

 

精力剤は魔法の薬ではない!

超威龍

 

セックスには、年齢は関係ないのは事実だと思います。

今でも80を過ぎた高齢男性も精力剤を活用しては充実したセックスライフをおくっているのは事実です。

 

今まで精力剤はなんでも解決してくれる魔法の薬のようにお話してきたかと思いますが、精力剤は完璧なものではありません。

なんでも限度があるといわれているように、精力剤にも限度があるのです。

 

過去にあった事例ですが、ある男性が精力剤が効かなかったと文句をいったことがあります。

しかし、よくよく話を聞いて見ますと精力剤の効果が全く持ってなかったというわけではなく、ちゃんと効いているのです。

 

精力剤を飲むと誰でも何回でもセックス出来るようになるくらい精力アップすることが出来ると錯覚してしまう人がいるようです。

確かに、精力剤を飲むと何回でもセックスすることは出来ないわけではありませんが、それはその人の体調に左右されます。

体調が十分ではない状態で精力剤を飲んだところで何度もセックスするほどの精力がつくはずもないのです。

ですから、精力剤は魔法のような薬としてではなく、限度のあるものだということをしっかりと理解した上で活用していただければと思います。

 

例えば80代の男性が精力剤を使ったところで10代の若者のように何度もセックスが出来るほどの体力がつくというわけではないのです。

そのような魔法の薬は全世界どこを探しても見つけることは不可能でしょう。

とはいえ、若者のように何度もセックス出来るほどの精力をつけることは出来ないにしろ、男性機能が十分に働いてかつセックスすることが出来ればそれは十分効果があることの表れではないでしょうか?

これ以上のことを望むのであれば、それは最早欲張りすぎなのではないでしょうか?

 

今まで男性機能が十分に働いていない方が精力剤を飲むことにより生殖機能が回復したのであれば、それで十分なのではないでしょうか?

 

セックスに年齢制限はあるのか?

威龍で勃起不全解消

 

数多く存在するウイスキーですが、その中に「オールド・パー」という銘柄が存在しております。

皆様はご存知でしたか?

こちらのブランドは、152歳まで生を全うしたトーマス・パーというイギリスで一番長生きした実在の男性を元につけられた銘柄です。

 

トーマス・パーには様々な逸話があり、なんと102歳で女性に乱暴し、123歳で再婚したという話があるのです。

それだけではありません。再婚後、なんと一時のパパとなったというのです!

 

123歳で再婚し、子供を作ったなんて…と、驚く人も多いかと思うのですが、セックスには年齢は関係ないということをトーマス・パーという人物が実証したのです。

ということは、年齢に関係なくセックスをすることが可能だということなのです。

ですから、50代を過ぎてセックスが出来なくなったと嘆くのは早計だとはいえないでしょうか?

 

現在も80を過ぎても尚、精力剤を購入している性に盛んな男性もいるといいます。

彼らの姿は、毎日のように満員電車に揺られ焦燥しきったサラリーマンと比較しますと生き生きとした表情をしていることがわかります。

また、現役バリバリなのも特徴です。

よくよく聞いてみますと、彼は80を過ぎても週に3回はセックスをしているといいます。

80を過ぎてもまだまだ性に盛んなのだから50を過ぎてセックス出来なくなったというのはなんと贅沢な悩みなのでしょう。

 

諦めてしまうのはまだ早いです!

 

今まで精力減退についてお話してきました。

精力減退には主に生殖機能の低下があげられますが、精力減退にはその他の器官にも大きな影響を与えてしまうのです。

 

例えば、視力が低下するという現象。

皆様も覚えはないでしょうか?

年齢を重ねるにつれ、視力が低下しかすみ目といった現象が訪れたりはしませんか?

このような視力の低下も目の働きを支えている神経や筋肉が衰えてきたことが関係しています。

 

年齢を重ねるにつれ、どこかの体の機能が低下したと感じたのであれば、生殖機能も低下していると見たほうがいいのかもしれません。

何故ならば、生殖機能も体の各機能も神経や筋肉の働きによってそれぞれの役割を果たしていることに変わりはないのですから。

 

また、その他表れる現象としては記憶力の低下も挙げられます。

ある日突然物忘れが酷くなったことはありませんか?

これは、更年期に表れる現象の一つです。

更年期といえば、男性ホルモンの分泌量が低下し、生殖機能に大きな影響を与えるともいわれております。

 

このような現象が表れたのであれば、それは生殖機能が低下したサインだといえましょう。

精力減退は生殖機能が低下しただけではなく、体の機能低下のサインともいえましょう。

…ということは、体の臓器がしっかりとしている健康な人はいつまでも元気でセックスも盛んに行うことが出来るということなのです。

 

とはいえ、どんなに健康に気を使っていても年をとるにつれそれは必ず訪れます。

若いときは調子よかったのに…という方でも生殖機能の低下が見られるのであれば、精力剤などを活用し早いうちに対策に講じたいものです。

 

セックスは人生の基盤の一つである。

超威龍

セックスは最早快楽を得るためのものではなく、人生の基盤の一つともいわれております。

ですから、ひとたびセックスに関する悩みが芽生え始めてしまいますと、人生終了といわんばかりの絶望の色がにじみ出てしまうのです。

精力減退しただけでも精力だけでなく、生きる力も失ってしまうのです。

周りの人も見ていられないといわんばかりの状態です。

 

特に男性の場合はそれが顕著に表れます。

男性のほとんどが、仕事に精を励む人が多いのが現状ですが、精力減退は仕事にも大きな影響を与えてしまうのです。

仕事とセックスって一見関係ないように思われるかもしれません。

しかし、セックスする能力が低下してしまいますとそれがそのまま仕事にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

これは、性を仕事にしている人のみならず様々な仕事をしている人にも同じことがいえるのです。

 

仕事だけではありません。

精力減退は家庭内においても重大な影響を及ぼしてしまいます。

精力が減退してしまうことで、世の奥様方はその亭主を粗大ゴミのように扱われてしまうことでしょう。

そうなってしまいますと悲惨なものです。

もし、奥様方を満足させることが出来るのならば、家庭内においても一家の大黒柱として認められ、粗大ゴミのような扱いを受けずにすむことでしょう。

中にはセックスをしなくても仲の良い夫婦もいるかもしれません。

ですが、セックスをすることにより、夫婦としてステージアップすることも可能だと思います。

 

セックスをするしないとでは、夫婦の気持ちも大きく変わってくるのです。

実際夫婦生活をしている方なら覚えがあるかと思いますが、セックスをした後は充実感を感じてしまうものなのです。

 

ですが、セックスしなくなったらどうなるのでしょうか?

セックスをしなくなると、奥様は亭主のことをぞんざいな扱いを行ってしまいます。

亭主をぞんざいな扱いをするつもりはないのにも関わらず、自然とそうなってしまうのです。

この現象は、年齢・世代に関係ないようです。

この母親の姿を見た子供は、知らず知らずのうちに母親の真似をしてしまい、一緒になって亭主をぞんざいに扱います。

こうしているうちに亭主は家庭内でどんどん孤立していき、ついには家庭内の粗大ゴミともいわれるようになっていくのです。

 

そして、それは仕事にも影響し思うように上手くいかず仕事においても家庭内においても居場所がないと感じ、まさに人生終了ともいわんばかりの絶望に満ちた表情へと変貌してしまうのです。

こうなってしまっては本当に人生終了なのでしょうか?

 

いや、諦めるのはまだ早いです!

精力剤を使うことにより、終了した人生への絶望に終止符を打つことが出来るのです!

 

威龍シリーズ

 

中高年の早漏に有効な精力剤

以前は早漏とは縁がなかったのに、中高年になって突然早漏になってしまうことがあります。中高年は若者と違って、男性ホルモンの分泌量が低下したことにより、射精閉鎖筋の働きが弱体化し、早漏を引き起こしています。ですから、中高年の方に有効な精力剤は男性ホルモンが含まれているものということになります。

 

この精力剤は、睾丸に直接塗りこむことにより不足している男性ホルモンを補い活発化させます。

男性ホルモンを補い続けることにより、本来人間が持つホルモン分泌するようになります。ホルモンを分泌するようになりましたら、精力剤に頼らなくても射精閉鎖筋の働きが本来の働きに戻り早漏防止に繋がるというわけです。
 つまり、セックスをするかしないか関係なく毎日精力剤を使い続けることにより、早漏改善に繋がるのです。

 

同じ早漏に効果のある精力剤ですが、若者向けの精力剤は早漏防止に効果のある精力剤、中高年向けの精力剤は毎日塗り続けていくことで早漏改善に繋がる精力剤だというわけです。

若者向けの早漏防止の精力剤は、中高年の早漏防止の精力剤と比べると含まれている成分が異なっておりますが、使い方を誤らなければ早漏防止に十分有効であるといえましょう。

 

といいますのも、若者向けの精力剤には対象部分を麻痺させる塩酸ジブカインやプロカインが含まれているため、中高年の方が若者向けの早漏防止の精力剤を使う際に気をつけないといけないことがあります。決して亀頭部分に塗ってはいけないということです。

敏感な鬼頭部分に塗り込んでしまいますと、塩酸ジブカインやプロカインの効果により、亀頭部分が麻痺してしまい、勃起していたのに萎えるという現象が発生します。

 

中高年の早漏は亀頭部分が敏感になっていることが原因なのではありませんので、精力剤を塗りこむことで早漏防止どころか、インポテンツに陥ってしまいますので、くれぐれも使い方を間違わないようにすることが肝要です。

また、前立腺肥大を患っている方は男性ホルモンにより悪化する可能性がありますので、使う前に確認するといいかもしれません。

 

同じ早漏に効果のある精力剤ですが、若者向けの精力剤は早漏防止に効果のある精力剤、中高年向けの精力剤は毎日塗り続けていくことで早漏改善に繋がる精力剤だというわけです。

中高年にとってこれほど心強いと感じる精力剤はなかなかないでしょう。

 

テレビで紹介された10万個突破の男性用増大サプリ!【ゼノファーEX】

 

早漏の効果的な防止策

セックスにおいて男ならばだれしも相手の女性を満足させたい、歓ばせたいと願うものです。相手が誰であれ、相手と共に頂点に達したり、女性を先に頂点に導いてから自分も達するということにより、単に快楽を得るのみならず、女性との心の繋がりも更に強いものとなるでしょう。

 

話題になった小説「失楽園」は、中年男女による濃厚なセックスシーンが話題になりましたが、その中で、主人公の男性は何度かのセックスの中で女性を先に頂点に導いているのです。その過程の中で、主人公も相手の女性の繋がりが更に深まっていきます。

 

失楽園は作者の実体験をもとに描かれているのかどうかはさておき、この女性を頂点に導くという流れはセックスの一つの理想なのかもしれません。中年の男女を中心に人気になったのも、こういう点が支持されたのでしょう。

 

もし失楽園の主人公が早漏だったら…想像してみてください。失楽園の雰囲気が損なわれ、物語として成り立たなくなるでしょう。 

自慰行為であれば、早漏であれ一人でする行為ですので、相手のことを考える必要はありませんが、セックスはそうはいきません。

 

どの年代であれ、早漏で自分が先に達してしまうと男として惨めな気持ちになってしまいます。

若者であれば、しばらくすると、もう一回出来るでしょうが、中高年になると一度達してしまいますと若者のように、もう一回というわけにはいきません。

 

自分が先に達してしまう度に、「今日は疲れているから、これで終わりだ」なんて言い訳ばかりしていると相手の女性も呆れて冷めてしまうかもしれません。もし、夫婦であれば別の男性に夢中になってしまうこともあり得ます。

 では、どうしたら早漏にならなくなるのでしょう?

昔からの方法として挙げられているのが、睾丸を冷やしたり暖めたりという金冷法などがあるようです。

 

また、意識的に尿の放出を抑えることにより、閉鎖筋を強化するトレーニングも早漏に有効なようです。しかし、一日しただけで筋肉が強化されるはずはないのですが、毎日筋肉トレーニングを続けることは簡単なことではありません。

 

そこで、有効な方法なのがズバリ精力剤です。精力剤は勃起不全を改善するより早漏を改善するのが簡単だといわれています。

早漏防止に効果のある精力剤は全て塗り薬となっており、セックスを行う前に小豆くらいの量を指にとり、ペニスの敏感なカリの部分を中心に亀頭部分に塗りこんでいきます。このとき、尿道口には塗らないように注意しましょう。

 

早漏防止に有効な精力剤には、歯科医で局所麻酔に使われているような痺れ薬である塩酸ジブカインにプロカインといった成分が含まれています。

これを敏感すぎる亀頭部分に塗ることにより、塗った部分が麻痺し、刺激を感じにくくなり、早漏防止につながるというわけです。

 

塗ってから30分程度経過しますと患部にしみこんでいますので、入浴しても効果がなくなることはありませんし、口に入ったところで、体に害があるというわけではありませんので、フェラチオも大丈夫です。

また、この精力剤を使うことで、今まで先に自分が達していたという惨めな思いから解放され、セックスの幅も広くなることでしょう。

 

もし、コンドームを使うというのであれば、早漏防止のコンドームが有効です。

通常のコンドームと異なり、亀頭部分が厚めになっていますので持続力を延長する効果があります。

 

中折れ・勃起不全対策には

 

セックスは夫婦の親密な要素

男女間の性機能と性欲のズレ

 

男性も女性と同じく40代後半あたりにかけて更年期障害があるということについて説明いたしましたが、男性の性機能・性欲が失われていく半面、女性は閉経を境に性欲が強まってしまうという傾向にあります。この性欲のズレこそが、中高年夫婦の間でとても厄介な問題になっているのです。

 

現在の日本は高齢化社会・少子化社会といわれている中、子供が独立を果たした後、夫婦二人だけで生活する時間が長くなるという時代になりました。

子供が独立し夫婦だけとなりますと奥様側としては、「夫と楽しい時間を過ごせる」という心境があるのでしょう。しかし、当の夫は男性器としての機能が衰えそれとともに性欲も減退している状態では、せっかく夫婦水入らずの生活なのに気分が台無しになってしまいます。

 

このような場合においても、一昔前の女性は不満を口にすることなく耐えていたものですが、時代が変わるにつれはっきり物を申す妻が増えているようです。

セックスレスが続きますと、夫婦間の関係はすっかり冷め切ってしまい家庭内別居状態へと陥ってしまいます。最悪離婚に至るケースもあるでしょう。

ここ数年、熟年離婚する夫婦が増えた背景には、主人の男性機能の衰えが大いに関係しているのかもしれません。

 

バイアグラが日本で発売された時には大ブームになりました。それまで勃起不全で悩んでいた男性達の救世主的役割を果たしたものです。ただ、人によっては病院で処方してもらうのは抵抗があるとか、副作用が心配という男性もいるようで、漢方系勃起薬を購入している男性も少なくない。

 

当店でも漢方系勃起薬を扱っているが、14年前ほどから年々人気は急上昇している。国内未承認医薬品のため個人輸入でしか手に入らないが、副作用の心配も少ないということで高齢者などに隠れたベストセラーとなっている。

 

中には、本当に効果があるのか疑心暗鬼な方もいますが、使えば分かるお試用サンプルも用意されており、ファンは年々増加している。最近では夫婦そろってのファンも多く、性の悩みも真剣な問題だと実感してる。

 

個人輸入で買える漢方系勃起薬

 

 

精力剤は強精剤・強壮剤・ED治療薬に分けられる。

・強精剤はより男性の精力を増強するために働きかけるもの
・強壮剤は加齢による体力の衰えや虚弱体質など精力の元となる力を高めるもの
・ED治療薬は勃起力や持続力を強制的に高めるもの
と定義されますが、現実には「強精剤」と「強壮剤」は精力を高めるという目的で使われることが多いようです。

 

ED治療薬としては「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」などが有名です。これはそれぞれ持続時間などに違いがありますが、陰茎に溜まった血液の逆流を阻止し、一度勃起したペニスの状態を強制的に持続させるという点で共通しています。

 

精力減退の症状の一つに「中折れ」という状態があります。中折れは一度陰茎に集まった血液が元に戻ることによって性行為の途中でペニスが萎えてしまう症状です。こうした中折れの症状にED治療薬は劇的に効果を発揮します。

 

ED治療薬は医師の処方箋がないと買えませんので泌尿器科などを受診しなければなりません。

インターネットの個人輸入と形で海外から取り寄せる方法もありますが、精巧に作られた模造品なども多く出回っており、正規代理店をしっかり見極める必要があります。また、個人輸入は個人の責任に於いて使用しなければなりませんので、何か問題があっても言っていくところはありません。

 

またED治療薬は即効性には優れていますが、根本的な精力増強にはならないということも覚えておいて下さい。イザという時は役立ちますがその都度服用しなければならず、1錠2000~3000円程度する(保険適用外)ことを考えれば、週に何度か性交渉を持ちたいという方には非常にコストパフォーマンスが悪いことになります。さらに心臓への負担など副作用もありますので高齢者にはあまりお勧めできません。

 

よく言われる「精力をつける」という場合に使用されるのが「強壮剤」です。ED治療薬のように即効性はありませんが加齢や生活習慣、ストレスなどによる精力減退を根本から改善していくにはこちらの方がおすすめです(当面の夜の生活にED治療薬を使用しながら強壮剤を併用し根本の精力を改善するというのが良い方法かと思います。)

 

強壮剤の成分としてその効能も確かめられておりかつ人気が高いものには「マカ」や「高麗人蔘」「冬虫夏草」「アシュワガンダ」などがあります。中でもマカは天然のバイアグラと呼ばれるほど人気が高く、今では強壮剤にはなくてはならない成分となっています。成分表示が明確なメーカーのものが安全です。

 

日本で19年前に上場され31万人に応用された漢方精力剤