カテゴリー別アーカイブ: 精力剤

性の悩みを解決するホルモン療法!

女性の不感症は、ホルモンの分泌量の低下が原因で起こるものですが、男性の場合と同じで、女性ホルモンを外部から摂取することにより解決することが出来ます。

ホルモン療法ですが、効果は抜群で、例えば女性に男性ホルモンを投与しますと、濃い髭を生やすようになったり、また男性に女性ホルモンを投与すると、乳房が大きく膨らむといった具合です。

このようなはっきりした効果からか、精力剤の他にも医療や美容の分野において、これらホルモンの活躍する場が広がるようになってきたのです。

 

アメリカのとある大統領が若さを維持するために男性ホルモンを摂取したという話は有名な話ではないかと思います。

また、医療の分野においてもホルモンが大活躍しており、注射などを用いることによってホルモンを補うことにより、更年期の症状が回復し、その上今まで濡れなかった膣に潤いをもたらすことが出来るのです。

このホルモンの効果の凄まじさは先ほども紹介させていただきましたが、閉経後の女性に女性ホルモンを投与することにより、再び生理をもたらすほどなのです。

これほどまでに強力な効果を持つわけですから、ホルモンを投与する際には十分な注意が必要です。

 

それは、ホルモンの過剰な投与を決して行わないということです。

以前、男性ホルモンを過剰に投与すると自分自身で男性ホルモンを作る能力を失ってしまうというお話をさせていただいていますが、それは女性も同様です。

女性ホルモンを過剰に投すると、子宮や卵巣と女性特有の機能が低下し、発育が悪くなる原因にもなってしまうのです。

 

ですから、カラダ全体にいきわたる注射などの投与方法よりは、一部分に塗るだけでも女性ホルモンを補充することが出来るタイプのものがありますので、必要な部分だけ補充することも出来ますので安心してお使いいただけるかと思います。

外部からホルモンを投与することにより、不感症や冷感症で悩んでいる女性にとって絶大な効果を発揮することが出来るのです。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

女性に多い不感症の悩み!

セックスに纏わる悩みは男性だけではありません。女性も若い世代の女性から中高年の女性まで、男性とほぼ変わらない年齢層の方が何かしらセックスについての悩みを持っています。

 

昔は、日本の女性といえば軽々しくセックスについて語ることは勿論のこと、セックスに纏わる悩みを語ることはタブーであるとされてきました。

しかし、近年では女性の間でもセックスについて普通に語られるようになり、女性が積極的にリードしている傾向も見られるようです。ピルが解禁された経緯も女性の性に対する意識の変化の表れなのではないでしょうか?

 

さて、女性のセックスに纏わる悩みで一番多いのは、不感症、次いで、冷感症、性交痛、不妊症といった順に多い悩みだといわれておりますが、性交痛につきましては、不感症や冷感症を併発している場合もあるようです。

 

不感症と冷感症は、よく一緒にされがちですが、不感症とは、肉体的には正常であるにも関わらず、セックスの際に快感だと感じず絶頂することが出来ない現象のことを指します。

一方の冷感症ですが、快感を得ることが出来ないという点については不感症と一緒なのですが、手足の冷えなど女性特有の現象が表れるのが冷感症の特徴です。

 

不感症には、全く快感だと思わないというタイプと、快感だと思ってはいるが絶頂に至らないというタイプがあります。

セックスは相手がいてこそのものですから、相手に対する愛情などの精神的な面や相手の男性のテクニックなど、また、どれくらい経験したかも関係があります。

例に挙げますと、相手が若い男性で挿入後すぐに終了してしまう超早漏の場合ですと、女性が感じる暇もありませんのでそれで感じなかったといっても不感症であるとはいえません。

 

また、20代のこんな女性の例もあります。彼女は、妻子ある10歳年上の男性と不倫関係を続けながら、学生時代からの恋人とも掛け持ちで交際していました。

彼女は、年上男性の女の身体を知りつくした巧みなセックステクニックで、いつもメロメロになるほど感じさせられるといい、一方の同い年の恋人の方は、絶頂どころか快楽を得ることさえ出来ないといいます。

とはいえ、好きで付き合っているわけなのですから、決して相手のことを嫌っているというわけではないようです。

 

そんな時、不倫が奥さんにばれてしまい男性とは離別し、同い年の恋人と結婚することになったそうですが、感じないセックスを繰り返しても価値観の違いなどで別れることになるのでは…、と不安でならなかったといいます。

後日恋人と一緒に薬店で不感症の精力剤を処方してもらったところ、今までのことが嘘みたいと毎日充実したセックスライフを送れるようになったといいます。

 

皆さん周知の通り毒蛇の一種であるマムシですが、昔から精力アップに効果があるといわれているだけあってその強壮効果は凄まじいものだといわれております。

 

マムシのみならず、ハブなどの毒蛇のカラダにはカルシウム、良質のミネラル、タンパク質などの栄養が豊富に含まれており、これらだけでも十分な強壮効果を得ることが出来ます。

中でも、特に効果的な部位は、肝臓のすぐそばについており、胆汁を分泌する働きのある胆嚢だといわれ、強壮剤の貴重な材料の一つになっています。

 

動物の胆嚢ですが、昔から強壮効果の高いことで知られており、例えば昔から日本で使われていた熊の胆嚢を使った民間薬には消化不良や胸焼けに効果があることで知られております。

何故効果があるのかといいますと、胆嚢に肝機能の働きを改善する効果があるからだといわれており、肝機能の働きが良くなることにより、カラダ全体が元気になり、精力アップにも繋がるわけなのです。

 

ですから、動物の胆嚢はすごく重宝されています。先ほど例に挙げた熊の胆嚢を使った民間薬ですが、実は熊の他にも豚や牛の胆嚢も使われております。

これは、毎日何十頭もの熊を捕獲するわけにもいきませんので、牛や豚の胆嚢でカバーしているというわけなのです。

 

牛や豚の胆嚢でも十分な効果を得ることが出来ますが、一番効果的なのが蛇でその中でも特に毒蛇の胆嚢が効果的だといわれております。

毒蛇の胆嚢を乾燥させてから粉々にし、毎日少しずつ口に入れることにより、肝臓や内臓の働きが向上していく効果が見られています。

その毒蛇の胆嚢の効果に注目し、毒蛇の中でも特に効果のある有効成分を抽出し、凝縮したものが強壮剤となるのです。

 

また、胆嚢の他にも精力アップの効果がある部位は胆石といわれ、特に牛の胆石が効果があるとされ、多くの精力剤に利用されています。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

毒蛇の堪能で精力アップ!

皆さん周知の通り毒蛇の一種であるマムシですが、昔から精力アップに効果があるといわれているだけあってその強壮効果は凄まじいものだといわれております。

 

マムシのみならず、ハブなどの毒蛇のカラダにはカルシウム、良質のミネラル、タンパク質などの栄養が豊富に含まれており、これらだけでも十分な強壮効果を得ることが出来ます。

中でも、特に効果的な部位は、肝臓のすぐそばについており、胆汁を分泌する働きのある胆嚢だといわれ、強壮剤の貴重な材料の一つになっています。

 

動物の胆嚢ですが、昔から強壮効果の高いことで知られており、例えば昔から日本で使われていた熊の胆嚢を使った民間薬には消化不良や胸焼けに効果があることで知られております。

何故効果があるのかといいますと、胆嚢に肝機能の働きを改善する効果があるからだといわれており、肝機能の働きが良くなることにより、カラダ全体が元気になり、精力アップにも繋がるわけなのです。

 

ですから、動物の胆嚢はすごく重宝されています。先ほど例に挙げた熊の胆嚢を使った民間薬ですが、実は熊の他にも豚や牛の胆嚢も使われております。

これは、毎日何十頭もの熊を捕獲するわけにもいきませんので、牛や豚の胆嚢でカバーしているというわけなのです。

 

牛や豚の胆嚢でも十分な効果を得ることが出来ますが、一番効果的なのが蛇でその中でも特に毒蛇の胆嚢が効果的だといわれております。

毒蛇の胆嚢を乾燥させてから粉々にし、毎日少しずつ口に入れることにより、肝臓や内臓の働きが向上していく効果が見られています。

その毒蛇の胆嚢の効果に注目し、毒蛇の中でも特に効果のある有効成分を抽出し、凝縮したものが強壮剤となるのです。

 

また、胆嚢の他にも精力アップの効果がある部位は胆石といわれ、特に牛の胆石が効果があるとされ、多くの精力剤に利用されています

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

植物性精力強壮剤!

植物性の強壮剤は動物性の強壮剤と比較すると、精力剤としての効能より、滋養強壮という面が強調される傾向にあります。精力増強という意味では多少動物性由来のものより弱いというイメージです。

しかし、精力アップには直接的な効果がなくとも、カラダ全体を健康にすることで精力アップにつながるという意味では大いに効果のあるといえるでしょう。

 

では、植物性の強壮剤にはどのようなものがあるのでしょうか?

例をあげると、先ずイカリ草という植物があります。イカリ草はまたの名を淫羊霍(いんようかく)ともいわれており、羊はこの草をよく食べ、年中発情して相手構わず交尾ばかりしているという様子からこの名前がつけられたといわれている植物です。この名前の通り、精力アップ・強壮効果のある植物として有名であり、強壮効果のあるほとんどの漢方薬にこちらの植物が使われております。

 

そして、ブラジル産の植物であるガラナの実にも精力アップと催淫効果がみられます。ガラナといえば、北海道でよく見られる炭酸飲料として有名ですが、ブラジルでは主にリオのカーニバルの時などに愛用されています。

ガラナには、コーヒー豆に含まれているカフェインが沢山含まれているため、興奮状態になりやすいといわれており、ブラジルでは強壮剤というよりは、興奮剤といった用途で使用されているといったほうがいいかもしれません。

 

また、コラの実も精力剤として使われるようになりました。

コラの実は、主に北アメリカのインディオが儀式の際に用いる植物で媚薬として使われていたようです。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

長い時間をかけてスタミナなどをつけゆっくりと精力アップ!

勃起不全や早漏といった症状にも効果のある薬が存在します。しかし、症状が改善した後でも薬を飲み続けるというのは逆効果なので控えたほうがいいです。

たとえば、男性ホルモンの薬ですが治ってからも服用を続けると、今度は男性ホルモンを作る機能が弱くなってしまいますので、症状が回復したと感じたら服用するのをやめましょう。

 

しかし、中には服用をやめると、また同じような症状で悩まされるのではないだろうか?と、お考えになる方もいらっしゃると思います。

しかし、基本的には健康的な内臓を持っている方はセックスするときもすごく調子がいいもので、自分自身の身体を元気な状態にすることが、セックスの悩み解消の第一歩となります。

セックスに関する悩みを持たれている方は、糖尿病・肝臓病といった持病をお持ちの方が多いようです。

仕事をするには、まず健康からといいますように、セックスも健康第一が基本です。

内臓や身体の機能を健康な状態にし、スタミナをつけることが元気なセックスを行ううえでとても大切なことなになり、そのために存在する精力剤が強壮薬になります。

 

強壮剤というのは、塩酸ヨヒンビンや男性ホルモンなどの精力剤のように生殖機能に直接効果のあるものとは違い、内蔵全般の働きを活発化する目的で作られています。

強壮剤を服用することにより、内臓の働きを活発化させ、血液の流れをよくし、身体全体を健康にすることにより、精力アップに結びつけるということになります。

ですから、強壮剤を飲んですぐに興奮状態になったり、勃起するようというようなことはないのです。

 

スッポン料理やマムシの血を摂取することで精力が増し、セックスが強くなるというような話をよく耳にされたことがあると思います。実際、これらは強壮剤の原料として使われてはいますが、摂取したからといってすぐに精力アップするわけではありません。

 

中にはマムシの血を飲んだらすぐに効果が出たという方もいるかもしれません。でも、それは日頃から健康な方が「マムシの血を飲むことにより、すぐに効果が出る」と思い込むことにより、何かしらの効果が表れたのでしょう。このような現象は気のせいから起こるプラシーボ効果といいます。セックスはメンタルな面も大きいのでプラシーボ効果は否定できないでしょう。

 

しかし、強壮剤の一番の狙いは長い時間をかけて、スタミナなどをつけゆっくりと精力アップさせることにあります。通常であれば、長い間服用いたしますと副作用の心配がつきものですが、強壮剤の原料は全て天然のものですので、副作用の心配もありませんし、長期間服用しても問題ありません。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

動物性の強壮剤とは?

強壮剤は天然の成分から作られますが、動物性と植物性と2種類があり、これら全てをあわせて「漢方系」といいます。

漢方といったら中国で作られた独自の医療技術や薬などを想像する方が多いと思いますが、ここでいう漢方はもっと広い意味で使われます。

ですから、中国の原料だけとは限らず、漢方の発想に基づいて作られた薬と認識したほうがいいでしょう。

 

まず、動物性強壮剤についてですが、中国の漢方の考え方では自分の悪いところと同じ部分を食べ吸収することにより、悪いところが治るといった考え方です。

精力についても同じ考え方で、精力が弱いと感じたら動物のペニスや睾丸を摂取すると精力がアップするという考え方で、オットセイやトラのペニス、睾丸を摂取することにより精力増強につながると昔からいわれてきました。

 

何故、オットセイのペニスが精力アップに効果があるのかといいますと、オットセイのオスは発情期になりますと、一日中50頭ほどのメスと次々と交尾をする習性があるからです。

そのあまりの精力と絶倫ぶりに精力アップに効果があるのでは?と、中国では昔から使われてきましたが、日本でも中国の影響なのか奈良時代から使われていたようです。

 

動物の臓器を摂取して人間の弱い部分を改善するという考え方は根拠のない考え方ではありません。

西洋医学の医薬品においても、肝機能を働かせる薬には牛やカツオのレバーをもとに作られているといわれていますし、魚の目の周りのゼラチンにはビタミンAが豊富に含まれており、これが視力アップにつながることが科学的に証明されております。

 

ただ、ペニスに関しましては、どのような動物のペニスを摂取したからといって、ペニスそのものには精力アップにつながる効果はありません。

精力に欠かせない性ホルモンが睾丸にたくさん含まれていますので、ペニスより睾丸を摂取したほうがより効果があります。

とはいえ、ペニスが一段高価にみられるのは、ペニスが男性のシンボルであり一番肝心な部分だからでしょうか。しかし、実際には睾丸が使われているのです。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

精力剤を使い続けることにより、早漏改善につながる!

これまで早漏で悩む方のために若者向けの精力剤と、中高年向けの精力剤についてお話いたしました。

 

今までの中で「防止」という言葉を使ってきました。

…といいますのも、今まで挙げた精力剤は早漏を防止する効果はありますが、早漏を改善する効果があるというわけではないからなのです。

ですから、セックスを行う度に精力剤を使わないといけないのです。

 

しかし、人間には自然治癒力が備わっております。

ですから、男性ホルモンを補い続けることにより、本来人間が持つホルモン分泌するようになります。

ホルモンを分泌するようになりましたら、精力剤に頼らなくても射精閉鎖筋の働きが以前と同じようになることでしょう。

つまり、セックスをするかしないか関係なく毎日精力剤を使い続けることにより、早漏改善に繋がるのです。

 

早漏に効果のある精力剤には早漏に効果がある精力剤として認められている医薬品です。

ですから、厚生省が早漏に効果のある精力剤だと認められているということなのです。

 

同じ早漏に効果のある精力剤ですが、若者向けの精力剤は早漏防止に効果のある精力剤、中高年向けの精力剤は毎日塗り続けていくことで早漏改善に繋がる精力剤だというわけです。

中高年にとってこれほど心強いと感じる精力剤はなかなかないでしょう。

 

 

若い人と中高年の早漏は以前にもお話しましたが、根本的な原因が異なっています。

 

ですから、その原因に合わせた精力剤を使うことが大事なのです。

とはいえ、若い人にしろ中高年にしろ早漏防止に効果のある精力剤は全て塗り薬となっております。

 

使い方は簡単で、セックスを行う前に小豆くらいの大きさの量を指にとり、ペニスの敏感なカリの部分を中心に亀頭部分に塗りこんでいきます。

ですが、尿道口には塗らないようにいたしましょう。

 

早漏防止に有効な精力剤には塩酸ジブカインにプロカインといった痺れ薬が含まれております。

この成分は主に歯科医が局所麻酔に使われている成分です。

 

これを塗ることにより、塗った部分が麻痺し、刺激を感じにくくなります。

それは、敏感すぎる亀頭部分に塗ることにより、早漏防止につながっているというわけです。

 

一つ注意しないといけないことはフェラチオをしないことです。

口の中に入れたところで、体に害があるというわけではありませんが、口の中などが麻痺してしまうためです。

それに、1度塗ってから30分前後経過しますと患部にしみこんでいる頃でしょうから拭いても入浴しても効果がなくなることはありません。

 

ですが、この精力剤を塗ったからといって早漏を治すわけではありません。

何故ならば、この精力剤は敏感な亀頭部分に塗って少しの間だけ麻痺させているだけなのです。

ただ、この精力剤を使うことで、今まで先に自分が達していたという惨めな思いから解放され、セックスの幅も広くなることでしょう。

 

もし、コンドームを使うというのであれば、早漏防止のコンドームが有効です。

通常のコンドームと異なり、亀頭部分が厚めになっていますので持続力を延長する効果があります。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

中高年の早漏に有効な精力剤!

以前は早漏とは縁がなかったのに、中高年になって突然早漏になってしまうことがあります。中高年は若者と違って、男性ホルモンの分泌量が低下したことにより、射精閉鎖筋の働きが弱体化し、早漏を引き起こしています。ですから、中高年の方に有効な精力剤は男性ホルモンが含まれているものということになります。

 

この精力剤は、睾丸に直接塗りこむことにより不足している男性ホルモンを補い活発化させます。

男性ホルモンを補い続けることにより、本来人間が持つホルモン分泌するようになります。ホルモンを分泌するようになりましたら、精力剤に頼らなくても射精閉鎖筋の働きが本来の働きに戻り早漏防止に繋がるというわけです。
 つまり、セックスをするかしないか関係なく毎日精力剤を使い続けることにより、早漏改善に繋がるのです。

 

同じ早漏に効果のある精力剤ですが、若者向けの精力剤は早漏防止に効果のある精力剤、中高年向けの精力剤は毎日塗り続けていくことで早漏改善に繋がる精力剤だというわけです。

若者向けの早漏防止の精力剤は、中高年の早漏防止の精力剤と比べると含まれている成分が異なっておりますが、使い方を誤らなければ早漏防止に十分有効であるといえましょう。

 

といいますのも、若者向けの精力剤には対象部分を麻痺させる塩酸ジブカインやプロカインが含まれているため、中高年の方が若者向けの早漏防止の精力剤を使う際に気をつけないといけないことがあります。決して亀頭部分に塗ってはいけないということです。

敏感な鬼頭部分に塗り込んでしまいますと、塩酸ジブカインやプロカインの効果により、亀頭部分が麻痺してしまい、勃起していたのに萎えるという現象が発生します。

 

中高年の早漏は亀頭部分が敏感になっていることが原因なのではありませんので、精力剤を塗りこむことで早漏防止どころか、インポテンツに陥ってしまいますので、くれぐれも使い方を間違わないようにすることが肝要です。

また、前立腺肥大を患っている方は男性ホルモンにより悪化する可能性がありますので、使う前に確認するといいかもしれません。

 

同じ早漏に効果のある精力剤ですが、若者向けの精力剤は早漏防止に効果のある精力剤、中高年向けの精力剤は毎日塗り続けていくことで早漏改善に繋がる精力剤だというわけです。

中高年にとってこれほど心強いと感じる精力剤はなかなかないでしょう。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

早漏の効果的な防止策!

セックスにおいて男ならばだれしも相手の女性を満足させたい、歓ばせたいと願うものです。相手が誰であれ、相手と共に頂点に達したり、女性を先に頂点に導いてから自分も達するということにより、単に快楽を得るのみならず、女性との心の繋がりも更に強いものとなるでしょう。

 

話題になった小説「失楽園」は、中年男女による濃厚なセックスシーンが話題になりましたが、その中で、主人公の男性は何度かのセックスの中で女性を先に頂点に導いているのです。その過程の中で、主人公も相手の女性の繋がりが更に深まっていきます。

 

失楽園は作者の実体験をもとに描かれているのかどうかはさておき、この女性を頂点に導くという流れはセックスの一つの理想なのかもしれません。中年の男女を中心に人気になったのも、こういう点が支持されたのでしょう。

 

もし失楽園の主人公が早漏だったら…想像してみてください。失楽園の雰囲気が損なわれ、物語として成り立たなくなるでしょう。 

自慰行為であれば、早漏であれ一人でする行為ですので、相手のことを考える必要はありませんが、セックスはそうはいきません。

 

どの年代であれ、早漏で自分が先に達してしまうと男として惨めな気持ちになってしまいます。

若者であれば、しばらくすると、もう一回出来るでしょうが、中高年になると一度達してしまいますと若者のように、もう一回というわけにはいきません。

 

自分が先に達してしまう度に、「今日は疲れているから、これで終わりだ」なんて言い訳ばかりしていると相手の女性も呆れて冷めてしまうかもしれません。もし、夫婦であれば別の男性に夢中になってしまうこともあり得ます。

 では、どうしたら早漏にならなくなるのでしょう?

昔からの方法として挙げられているのが、睾丸を冷やしたり暖めたりという金冷法などがあるようです。

 

また、意識的に尿の放出を抑えることにより、閉鎖筋を強化するトレーニングも早漏に有効なようです。しかし、一日しただけで筋肉が強化されるはずはないのですが、毎日筋肉トレーニングを続けることは簡単なことではありません。

 

そこで、有効な方法なのがズバリ精力剤です。精力剤は勃起不全を改善するより早漏を改善するのが簡単だといわれています。

早漏防止に効果のある精力剤は全て塗り薬となっており、セックスを行う前に小豆くらいの量を指にとり、ペニスの敏感なカリの部分を中心に亀頭部分に塗りこんでいきます。このとき、尿道口には塗らないように注意しましょう。

 

早漏防止に有効な精力剤には、歯科医で局所麻酔に使われているような痺れ薬である塩酸ジブカインにプロカインといった成分が含まれています。

これを敏感すぎる亀頭部分に塗ることにより、塗った部分が麻痺し、刺激を感じにくくなり、早漏防止につながるというわけです。

 

塗ってから30分程度経過しますと患部にしみこんでいますので、入浴しても効果がなくなることはありませんし、口に入ったところで、体に害があるというわけではありませんので、フェラチオも大丈夫です。

また、この精力剤を使うことで、今まで先に自分が達していたという惨めな思いから解放され、セックスの幅も広くなることでしょう。

 

もし、コンドームを使うというのであれば、早漏防止のコンドームが有効です。

通常のコンドームと異なり、亀頭部分が厚めになっていますので持続力を延長する効果があります。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

勃起中枢を刺激する塩酸ヨヒンビン!

勃起不全の症状の中には、血液中の男性ホルモン量は正常にも関わらず勃起することが出来なかったり、勃起することが出来ても途中で萎えてしまうといった症状に陥るケースが見られます。

主な原因として挙げられるものは、ストレスなどの精神面、糖尿病などの生活習慣病などが影響しているといわれており、加齢により勃起不能に陥るケースもあります。

このような場合は、勃起中枢神経を刺激するタイプの精力剤を服用することにより、改善される場合があります。

 

勃起中枢を刺激する働きのある成分が、塩酸ヨヒンビンです。

塩酸ヨヒンビンは、人工的に作られた化学物質ですが、ヨヒンビンは、古くから西アフリカで暮らしている人達の間では催淫効果と精力強化の目的で愛用されていた成分で、西アフリカ地方にしか見られないヨヒンベの木の樹皮や葉から抽出されています。このヨヒンビンを人工的に作られた物質があの塩酸ヨヒンビンです。

 

大脳がセクシーなものを察知いたしますと、脳の前頭葉にあります勃起中枢が刺激され、それにより、仙髄にある勃起神経に命令が届くことにより、ペニスが勃起します。

勃起不全に陥っている方は、例え大脳がセクシーだと察知したとしても勃起中枢が上手く機能していないため、勃起命令を出すことが出来ないのです。

塩酸ヨヒンビンを服用することにより、勃起中枢を直接刺激し興奮状態にさせます。ですから、仙髄にあります勃起神経まで命令が届き、勃起させることが出来るというわけです。

 

ED治療薬が流通する前から、インポテンツを治療する効果がある薬として厚生省から認められていますので、塩酸ヨヒンビンの効果は絶大なものだといわれています。

また、即効性があるのも特徴ですが、2年以上勃起していない方が1回服用したからといってすぐに効果が出るというわけではありません。しかし、1週間以上飲み続けることによって効果が出るといわれています。

 

塩酸ヨヒンビンは勃起力を高める精力剤ですが、一方の硝酸ストリキーネは射精力を高める効果があります。硝酸ストリキーネは射精中枢神経を刺激することにより、射精力を高めることが出来るのです。ですから、勃起することはできても時間がたってもなかなか射精することが出来ないという方にとても効果がある精力剤です。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤