月別アーカイブ: 2019年10月

マンネリは精力を減退させるので変化を!

威龍で勃起不全解消

 

マンネリは精力を減退させるので変化を!

マンネリという問題は、男女関係なく起こる現象です。安定した良い関係のパートナーですが、新鮮味がなくなってしまうということは正直ありますよね。

 

よいセックスに欠かせない興奮や実際のステップに必要な勃起力に関して、心理的な要素は影響大です。もしかしたら誰でも、特にセックスに関しては、日常と違うものが刺激になるのだと気が付きませんか?

 

時には全く未知の世界に踏み出してみたくなったり、全く別の誰かに興味を持ったり、刺激がなくなってきて、新たな刺激が欲しくなってしまう事はごく自然なことです。

 

実際にはそんなことはできませんから、ここは是非、いつもと環境を変えてみたりしませんか?たとえば今まで経験したことのない場所を選んでみたり、ちょっとした小旅行に出て、旅先でリフレッシュしつつも、雰囲気を変えて楽しめるはずです。

 

はたまた今までとは違うジャンルの行為を楽しんでみるのも、劇的な変化を生んで良い興奮につながるのです。

 

パートナーとなんとなくマンネリ化しているなと感じたら、恥ずかしがることはなく、お互いに希望などをよく話し合って、より良いセックスライフを楽しめると良いですね。案外相手も同じように提案したいと思っているかもしれませんよ。

 

超威龍/漢方系勃起薬

 

自分らしく自然体で見栄を張らず精力アップ

いよいよ気分も盛り上がり、さぁこれからだ!…という時にまさかの「勃起しない」という現象が起きてしまったらあなたはどうしますか。

 

そもそも性的興奮も十分だし、健康体で、まさに文句なし!の状態の時になぜ…と焦ってしまう経験はありませんか。誰にでもありそうですが、こんな時こそ自分らしく自然体で対応するのです。

 

もう一度、リラックスして、気分を高めていつもの自分を取り戻すのです。人は本来の自分より優れているように見せたいものです。

このようなセックス時は、いつもより自分を良く見せたいこともあるかもしれません。

 

勃起出来ない理由は、心因的なものがほとんどですから、何か気になっていることがあるだけでも勃起不全になることがあります。

 

そのような時にますますネガティブな気持ちになってしまうと、この先にトラウマになり、また同じことになってしまうのは避けたいものです。

 

素直に触れ合って気持ちを高めて、お互いの信頼を大事にして、時にはうまく行かないときもあるでしょう。

そんな時こそ思いやりを忘れずに、自分らしく「こんな日もあるさ」と軽い気持ちでやり過ごしましょう。

 

初めての夜にそのような状況に陥ってしまっても、緊張しすぎてしまったという事で、パートナーも理解してくれるはずです。自分らしく自信を持って臨んでください。

 

勃起障害を改善する「イランイラン」って何

威龍で勃起不全解消

 

東南アジアで有名な「イランイラン」という花を知っていますか?日本でも香水やアロマテラピーのお店で売られています。

 

イランイランとはインドネシア語の言葉で「花の中の花」という意味を持つ名前がつけられているほどです。色とりどりの美しい花と、とても強い特徴的な洗練された香りを持つ花なのです。

 

このイランイランから抽出した精油の香りで、アロマテラピーとして素晴らしい香りがいかされるのです。

 

このイランイランの香りは、アドレナリンの流出をおさえて、神経をリラックスさせる効果が絶大なのです。

 

この香りで怒りや不安、気持ちの沈みなど、マイナスな感情を癒してくれるのです。そして嬉しいことに、性的な気持ちを高めてくれる催淫作用があるというので、古い時代から媚薬として重宝されてきたのです。

 

とても強く特徴的な香りですので、使用するときにはほんの数滴でよいのです。アロマテラピーとして楽しむほか、時にはパートナーと一緒にバスタイムを楽しむときに、数滴ほど、お風呂に精油をたらしてみてはいかがですか?甘く優美な時間がもてますよ。ムード満点でとろけそうな時間の始まりです。

 

このイランイランをはじめ、精油は直接肌につけてはいけません。刺激がかなり強いのです。十分に薄めて使用してください。

 

精神的なリラックスと、精力アップを同時に手に入れられますので、この機会にアロマテラピーのある生活を始めてみてはいかがでしょうか。セックスへの前向きな気持ちを持てて、より素晴らしいセックスライフが期待できることでしょう。

 

超威龍/漢方系勃起薬

 

睾丸マッサージで精力が増進!

睾丸は、男性ホルモンを分泌したり、精子を作り出す、とても大事な生殖器官です。

睾丸が健康で元気ならば、男性ホルモンを大量に分泌して、精子をたくさん作ってくれます。そうすれば確実に性欲・精力がみなぎってきます。

 

しかしながら、睾丸の機能が何らかの理由で減退してしまうと、男性ホルモンの分泌が減り、精子も正常に作られなくなってしまうのです。こうなるともちろん性欲が減退し、精力も衰えて、勃起力もなくなってきてしまいます。

 

これでは覇気のない、男性らしさのない残念な人生になってしまうかもしれません。とても健康だとは言えません。

 

人は必ず年を取ります。残念ながら加齢は止めることはできません。加齢とともに血管の老化が進み、血行も悪くなります。とても精力は維持できません。

 

普段、あまり意識していない睾丸ですが、大切な器官ですのでいたわってあげましょう。そこで睾丸のマッサージをお勧めします。睾丸を手のひらで優しく包み込み、優しくもんでマッサージするだけで元気が取り戻せるのです。

 

たったこれだけで男らしさを取り戻せます。このマッサージを毎日続けていれば、血行促進され、機能が活性化されてきます。男性ホルモンの分泌が回復し、精子がたくさん作られるようになるのです。

 

そしてその結果、性的に良い方に向かうのです。睾丸の血行が良くなるだけでなく、脳へも良い刺激が伝わるので、さらに相乗効果が出るのです。これで精力がアップして充実した性生活がよみがえることでしょう。

 

威龍で勃起不全解消

 

性的妄想するだけで精力パワーアップ

セックスには勃起が必要不可欠ですが、勃起のために必要なものは、健康な身体だけではなく、健康な心がとても重要なのです。健康なセックスのための性欲や勃起は、脳からの指令により起こっているのです。

 

仕事柄、または性格的に、日常から頭をよく使っている人は、頭に常に刺激を与えているということになります。そのような人は性的にもとても強く元気であるようです。特に性的な妄想をよくする人は、常に脳に性的な良い刺激を与えているのです。

 

脳の中の「前頭葉」という部分があるのですが、ここは性的に深い関係のある場所のようです。ここを活性化することで、精力アップに効果があるということなのです。

 

良いセックス、良い勃起のためには五感(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)をフルに使って、定期的に性的な刺激を与えることがとても大事なのです。

 

現代人は、毎日仕事に追われ、とても忙しい日々を送っています。毎日仕事の事だけ考えている生活では、たとえどんなに脳にその刺激が送られても、前頭葉への刺激はないため、精力はどんどん減退していってしまいます。

 

やはり性的な妄想をしたり、すすんで女性と接点をもったりしないと良い性的な刺激は与えられません。

 

健康な性生活のために、脳に良い性的な刺激を与えて、精力アップを心がけましよう。健康な身体と心のためには、妄想は本当に大事ですので、積極的に健康的に妄想しましょう。健康を望む男性なら、妄想が不謹慎だ、いけないなんてことはないのですよ。

 

塩酸ヨヒンビンは男女共に効果のある興奮剤

超威龍/漢方系勃起薬

 

ほとんどの精力剤に含まれているといっても過言ではない成分が塩酸ヨヒンビンです。

この成分は俗に言う興奮剤に分類される精力剤に含まれている成分で、メチルテストステロン同様人工的に作られた化学物質になります。

 

ただ、塩酸ヨヒンビンには元になっている成分がありまして、それが西アフリカ地方にしか見られないヨヒンベの木に含まれている成分なのです。

この木は古来から西アフリカに住んでいる住人に愛され続けてきた成分で、主に精力アップと催淫の目的で利用されてきました。

この成分を人工的に作られたのが塩酸ヨヒンビンという成分になります。

 

塩酸ヨヒンビンの働きは、興奮状態にさせ血管を拡張させるという働きがあります。

どういうことなのかといいますと、ペニスを流れる血管の流れがよくなることで勃起力や精力アップにつながります。

また、女性の場合は性器を流れる血管の流れがよくなることで性感アップにつながるのです。

つまりは、塩酸ヨヒンビンは男女共に効果のある興奮剤といえましょう。

 

また、塩酸ヨヒンビンには即効性があり、通常だいたい1時間程度で効果が出ますが早い方で20~30分ほどで効果があらわれます。

現在世に出回っております興奮剤や媚薬、そして催淫剤のほとんどには塩酸ヨヒンビンが含まれているのです。

 

ただ、血流がよくなるということは脈拍数や血圧も上昇してしまうのです。

わかりやすくいいますとお酒を飲んで酔っているような状況といえばおわかりいただけますでしょうか?

 

この即効性が特徴の塩酸ヨヒンビンですが持続性はあまりありません。

といいますのも、効果があらわれてから2~3時間くらい経過いたしますと元の状態に戻ってしまうのです。

それに、塩酸ヨヒンビンを毎日服用しているからといって、年がら年中興奮状態に陥るというわけでもありません。

 

塩酸ヨヒンビンは勃起不全を治療するという目的というよりも、興奮させることで勃起するための成分と認識したほうがいいかもしれません。

 

塩酸ヨヒンビンは即効性のある興奮剤として多く流通しておりますが、実は劇薬に指定されている成分です。

 

といいますのも、塩酸ヨヒンビンを大量に摂取することによりショック死したり心配停止状態に陥る危険性があるからです。

ですから、塩酸ヨヒンビンは薬屋さんやディスカウントショップなどでは取り扱っておらず、薬剤師がいる薬局でしか購入することが出来ません。

 

また、購入の際には住所に氏名、そして職業を記入し捺印した用紙を購入店舗に提出する必要があるのです。

この用紙を受け取った店舗は、その用紙を2年間保管しないといけません。

何故ならば、薬事法によって定められているからなのです。

 

このように厳しいルールが決められているからといって必要以上に怖がることはありません。

正しく使用すれば大きな危険もありませんし、どの方でも購入することが出来ます。

 

とはいえ、薬局の中には塩酸ヨヒンビンの販売に対して消極的な薬局もあるのも事実です。

何故塩酸ヨヒンビンを積極的に勧めないのか…それは、万が一の場合の責任を負うのを恐れるあまり勧めたくないという考えがあるからです。

 

効果はあるけど危険が伴うものよりもそこそこの効果があってリスクが少ないものを勧める薬剤師も中にはいるようです。

また、薬剤師の中には塩酸ヨヒンビンの知識があまりないのでどれを勧めたらいいのかわからないと悩む方も中にはいるようです。

 

このような事情からか、塩酸ヨヒンビンが入っているからと他の種類の塩酸ヨヒンビンの入っている精力剤を仕入れていない薬局も少なくありません。

ですが、このような状況ではお客様の体調や症状に合った精力剤を提供することは難しいでしょう。

 

塩酸ヨヒンビンといってもそれ単独で売られているわけではなく、それに付加する形で他の成分も共に含まれているものが多数あります。

ですから、薬の性質もそれぞれ異なっているのです。

そのようなことを知らずに、ただ単に興奮剤だからと間違ったものを摂取すると副作用などの影響を及ぼす可能性があるのです。

 

もし、塩酸ヨヒンビンが欲しいというのであれば、様々な種類の塩酸ヨヒンビンを取り扱っている薬局に足を運び、その薬局の薬剤師に相談してみるといいでしょう。

種類も豊富にありますので、その分あなたの体質に合った精力剤を勧めてくれることでしょう。

 

威龍で勃起不全解消

人工の男性ホルモンは副作用が怖い!

超威龍

男性ホルモンを外から摂取することが出来るメチルテストステロンは人工的に作られた物質です。

しかし、実は人工物の男性ホルモンだけでなく、天然のものも存在いたします。

 

どういうことなのかといいますと、主に牛や豚の睾丸を利用したものになります。

ただ、これらのものには男性ホルモンが多いといわれているだけであって、男性ホルモンそのものではないのです。

 

わかりやすく例えますと、今流行りの成分であるリコピンを多く含んでいるトマトとリコピンが含まれているサプリメントの関係といったところでしょうか?

それに、天然の男性ホルモンは強壮に分類されますので効果がないというわけではありません。

 

ただ、メチルテストステロンと比較いたしますと即効性は高くありません。

ですが、人間の体内に馴染みやすくかつ副作用の心配がないという点においては天然の男性ホルモンを摂取する利点ではないでしょうか?

 

これは男性ホルモンのみならず、サプリメントでも同様です。

必要以上に摂取いたしますと、吐き気などの症状に見舞われることもありますが、天然のビタミンCなどの成分には副作用に襲われる心配がありません。

 

ただ、天然の成分になりますので人工物と比較いたしますとどうしてもコスト的にも高いという事実は否めません。

人工物の男性ホルモンと同じ量だけの男性ホルモンを摂取するとなりますと、どうしてもたくさんの動物の睾丸が必要になります。

といいますのも、動物の睾丸に男性ホルモンが含まれているといっても極少量しか含まれていないのです。

また、精力アップにつながる動物は輸入禁止の対象になっておりますので、毎日たくさんの量を作るのは困難なのが現状です。

ですから、そういった意味では天然の男性ホルモンはとても貴重で値段も高めなのです。

 

このような事情からか、副作用の恐れがある人口の男性ホルモンのほうが即効性がありかつ大量に出回っていることから利用者が多いのです。

人口の男性ホルモンは容量を守り正しく服用すれば安全で、値段もお手頃だからなのです。

 

人工の男性ホルモンには副作用があると以前お話させていただきましたが、テストステロンやメチルテストロンといった成分は医薬品に分類されるのです。

医薬品は効果があると厚生省が認められたものにしか与えられることはありませんので、これらの成分は厚生省によって認められた精力アップには効果のある人工の男性ホルモンなのです。

 

効果があるということはそれだけカラダに与える影響も大きいのです。

本来の目的で利用する分には大きな問題はありません。

しかし、他の部分にも何らかの影響を及ぼす可能性もあるのです。

この影響を副作用といいます。

 

どういうことかと申しますと、治療対象のみならず、他の部分にも影響を及ぼしてしまうのが医薬品なのです。

ですから、医薬品には何らかの副作用を及ぼす可能性があるのです。

では、副作用のない医薬品はないのかといいますと、それはNOになります。

どういうことなのかといいますと、副作用を及ぼす可能性のない医薬品は医薬品とは呼べず到底効果の望めるものではないからです。

 

副作用を恐れていては到底どのような医薬品に対しても口に入れることは難しいことでしょう。

効果があるのに医薬品を使わないというのはいかがなものかと思います。

また、副作用といっても大抵の医薬品においてカラダに重大な影響を及ぼしてしまうほどの副作用を発症するわけではありません。

ですから、必要以上に心配する必要はないかと思います。

 

何故ならば、医薬品には副作用を抑えるために別の成分を入れ調整しているからなのです。

また、医薬品を販売している方は専門的な知識を持ち合わせている人でないと販売することが出来ないのです。

 

威龍で勃起不全解消

男性ホルモンを摂取するときの注意点。

超威龍

精力減退には男性ホルモンを摂取すると回復するといった類の話を以前にもお話させていただきました。

実際のところどうなのでしょうか?

 

ある精力減退に悩んでいる男性に男性ホルモンを摂取するよう勧めたところ、その男性は男性ホルモンの摂取を断ってしまったのです。

何故なのでしょうか?

 

それは、副作用を恐れて摂取しようとしないのです。

このようなケースは特別なものではありません。

精力減退で悩む人の中には副作用が発症するのでは?と、男性ホルモンを摂取しようとしないのです。

副作用を恐れる背景には、雑誌やインターネットの影響が絡んでいるかもしれません。

 

男性ホルモンにつきましては、大量に摂取してしまいますと、筋肉質のカラダに変貌したり体毛が異様に濃くなるといった副作用もありますが、適量で摂取している分につきましては、大きな心配はございません。

男性ホルモンは元々、私達人間の体内に流れている物質なのですから、男性ホルモンが人間の体に害をなすことはまずありえないのです。

 

むしろ、精力アップのためには男性ホルモンを摂ることが必須なわけなのですから、男性ホルモンは害のある物質どころか精力アップには必要な成分なのです。

精力アップし、以前のように元気にセックスしたいのであれば、男性ホルモンはなくてはならない存在なのです。

 

男性ホルモンは精力アップには必要不可欠な物質だということで摂取して欲しいといいました。

 

但し、例外もあります。

まずは、糖尿病や前立腺肥大を患っている人の場合。

 

男性ホルモンを摂取することにより、カラダに悪影響を及ぼしてしまいますので、これらの症状を患っている場合は男性ホルモンは勿論のこと、精力剤の摂取を控えたほうがいいでしょう。

また、肝臓や腎臓、そして高血圧の人も精力剤を長期的に摂取するのは控えるようにいたしましょう。

 

もう一つ大切なことがあります。

それは、男性ホルモンを摂取しすぎないようにすること。

 

男性ホルモンを外部から摂取する生活を続けてしまいますと、次第に自分の力で男性ホルモンを作ることが出来なくなってしまうのです。

ですから、男性ホルモンをむやみに摂取することのないようにお願いいたします。

 

とはいえ、80歳以上の方でしたら既に男性ホルモンを分泌する能力がなくなっておりますので外部から摂取する分につきましては大きな問題はないでしょう。

問題は男性ホルモンを分泌する能力がある40歳代、またはそれ以下の年齢層の場合です。

 

もし、心配であれば1回きりの服用にするとか、何日か様子を見るといった配慮をするといいかもしれません。

また、処方している薬局に相談してみるといいでしょう。

威龍で勃起不全解消

ホルモンのバランスが崩れるとこうなる?

超威龍

 

ところで、皆さんはかの有名な陸上スポーツ界のベン・ジョンソンという人物をご存知でしょうか?

ベン・ジョンソンは陸上競技の世界で大活躍した選手として知られ、ソウル・オリンピックではかの有名なカール・ルイスとの直接対決に勝利し、100m走の世界記録を樹立した人物として知られていますが、後にあることが判明しそれは幻へと消えてしまったのです。

そう…それは、ドーピングです。

 

どういうことなのかといいますと、ステロイドという違法な化学物質を投与していたというのです。

それが発覚してからは金メダル、そして世界記録が水の泡へと消えてしまいました。

 

ベン・ジョンソンのドーピングと精力剤はどういう関係にあるのか?と、いう方も中にはいるかもしれません。

どういうことなのか…それは、ベン・ジョンソンが投与していたステロイドという物質は男性ホルモンの一種で副腎皮質ホルモンだったのです。

 

これを投与することで、見事なまでのカラダを身につけ世界記録まで作ってしまったのです。

…とはいえ、泡沫へと消えてしまったわけですが。

 

と、このようにステロイドに含まれている男性ホルモンの働きにより、髭などの体毛が濃くなるほか、体つきも更に逞しくなるのです。

これはほんの一部の方の話ですが、男性ホルモンを摂取するボクシングの選手やスポーツ界の選手もいるそうです。

 

男性ホルモンには体つきを逞しくしたり、精力アップの手助けをしたりといった働きがあります。

もし、女性が男性ホルモンを摂取したら…果たしてどうなってしまうのでしょうか?

 

男性ホルモンはそもそも男性のみに分泌されている成分というわけではありません。

実は女性にも男性ホルモンは分泌されているのです。

 

男性の体内には女性ホルモンよりも男性ホルモンの分泌量が多く、女性の体内は男性ホルモンよりも女性ホルモンの分泌量が多いのは、生物界におけるオスとメスの区別をはっきりとつけることに他なりません。

 

だから、女性が男性ホルモンをほんの少しだけ摂取したからといって大きな影響を受けることはありません。

ですが、男性ホルモンと女性ホルモンの量が逆転し、バランスが乱れてしまったのであれば事情が変わってきます。

 

男性ホルモンの量が多くなることにより、髭が生えるようになり、体つきも男らしく逞しくごつごつとした体つきへと変化してしまいます。男性のような姿へと変貌してしまうのです。

 

では、逆に男性が女性ホルモンを大量に摂取したらどうなるのでしょうか?

それは、筋肉量が減少し脂肪分が増えることにより全体的に丸々とした体つきへと変化してしまいます。

 

また、乳房が女性らしい膨らみへと変貌し、お尻が大きくなるようになってしまいます。

このような変化を利用して、女性ホルモンを摂取しようと同性愛者が求めるという話もあります。

 

それぞれのホルモンを分泌している場所が、女性でしたら卵巣、男性の場合は睾丸になります。

これらの器官の働きにより、女性らしさ、男性らしさの体つきのバランスを維持しているのです。

しかし、これらの器官がなんらかの働きにより、ホルモンを分泌できなくなってしまった場合、生殖機能が十分に働くなくなり、最終的には精力減退へと繋がってしまうのです。

威龍シリーズ

 

女性も精力剤を欲する理由とは!

超威龍

 

セックスに関する悩みは何も男性側の問題だけではありません。

女性側も何かしらセックスに関する問題があるといわれております。

大半がセックスをしても感じなくなったという悩みをお持ちのようですが、このような悩みには二通りあるのです。

それは、元々感じないかまたは今まで感じていたのにある日突然感じなくなったというパターンです。

 

もともと感じない女性によくある傾向としてクリトリスが包茎だったということが多くみられます。

そのような場合はどうしたらいいのかといいますと、相手の男性がそれをしっかりと理解しクリトリスの皮を剥いてあげてからしっかりと愛撫してあげると感じることが出来るようになるでしょう。

 

しかし、かつては感じていたのにある日突然感じなくなった女性は、セックスのテクニックや気持ちの問題では片付けられないところもあります。

このような場合はどうしたらいいのでしょうか?

それは、催淫剤など性的に興奮することが出来るタイプの精力剤を使うことによって解決することが出来るでしょう。

 

何故女性が精力剤を求めるのでしょうか?

それには様々な理由や事情があるでしょうが、大きな理由はやはりパートナーが他の女とくっつくのがいやだという気持ちが強いことへのあらわれなのかもしれません。

 

何もそれだけのことで…と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、当事者にとっては深刻な悩みなのです。

 

不感症でお悩みの女性の中には、自分が感じなくなったことが原因で夫が自分のことをみてくれず、別の女性と不倫していたということもあるようです。

私のことをみてほしい…家庭を壊したくない…このような切実な思いがあるのではないのかと思います。

 

セックスは最早単なる快楽を得るための行為というだけではありません。

以前にもお話いたしましたが、セックスは人生というように、セックス一つで人生が大きく変わってしまうのです。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

お互いが満足するセックスをするためには!

超威龍

 

セックスに関する悩みといえば精力減退だけではありません。

中には、セックスする分には問題がないのだが、もう少し相手を満足させたいというなんと贅沢な悩みを持つ人もいるといいます。

どういうことなのか…それは、一晩で何度もセックス出来るほどの持続力や回復力を欲しているということでしょうか。

 

ですが、満足させるセックスは誰がどのような基準で決めていることなのでしょうか?

 

確かに1分もたたないうちに達してしまうのは少し問題あるかもしれません。

しかし、満足させるセックスというのは行為を行っている時間や回数で決まるのでしょうか?

 

満足させるセックスというのは、回数や時間などではなく、文字通り相手をどれだけ満足させることが出来るかなのではないでyそうか。

何回やっても相手を満足させることが出来なければ意味がありませんし、逆に1度のセックスで満足させることが出来ればセックスとして大成功なのではないでしょうか?

お互いが満足する…それは本来あるべきセックスの姿なのではないでしょうか?

 

セックスといえば男性が主導権を握り、女性を満足させるもの…とはいえ、女性を満足させるためにはその分努力をしないといけません。

ただ、ペニスをヴァギナに挿入し適当に上下運動しているだけで女性が満足できるかと思ったら考えが甘すぎます。

 

セックスにおいて重要なことは、女性をいかに満足させることが出来るのかが男性側にかかっているといっても過言ではないのです。

ですから、回数や時間と女性を満足させることとは全くの無関係の事象なのです。

回数のことを考えるくらいなら、1度のセックスで相手をどれだけ満足させることが出来るのかを重点的にみたほうがいいと思います。

 

満足も出来ないセックスをただ回数こなしただけでは時間を無駄にするだけですし、ただ疲れるだけでしょう。

それは女性側も勿論ですが、男性側からしても同じことではないでしょうか?

 

精力剤を使って持続力を上げることも大事かもしれませんが、中身のあるセックスを心がけることが最重要なのではないでしょうか?

 

精力剤は魔法の薬ではない!

超威龍

 

セックスには、年齢は関係ないのは事実だと思います。

今でも80を過ぎた高齢男性も精力剤を活用しては充実したセックスライフをおくっているのは事実です。

 

今まで精力剤はなんでも解決してくれる魔法の薬のようにお話してきたかと思いますが、精力剤は完璧なものではありません。

なんでも限度があるといわれているように、精力剤にも限度があるのです。

 

過去にあった事例ですが、ある男性が精力剤が効かなかったと文句をいったことがあります。

しかし、よくよく話を聞いて見ますと精力剤の効果が全く持ってなかったというわけではなく、ちゃんと効いているのです。

 

精力剤を飲むと誰でも何回でもセックス出来るようになるくらい精力アップすることが出来ると錯覚してしまう人がいるようです。

確かに、精力剤を飲むと何回でもセックスすることは出来ないわけではありませんが、それはその人の体調に左右されます。

体調が十分ではない状態で精力剤を飲んだところで何度もセックスするほどの精力がつくはずもないのです。

ですから、精力剤は魔法のような薬としてではなく、限度のあるものだということをしっかりと理解した上で活用していただければと思います。

 

例えば80代の男性が精力剤を使ったところで10代の若者のように何度もセックスが出来るほどの体力がつくというわけではないのです。

そのような魔法の薬は全世界どこを探しても見つけることは不可能でしょう。

とはいえ、若者のように何度もセックス出来るほどの精力をつけることは出来ないにしろ、男性機能が十分に働いてかつセックスすることが出来ればそれは十分効果があることの表れではないでしょうか?

これ以上のことを望むのであれば、それは最早欲張りすぎなのではないでしょうか?

 

今まで男性機能が十分に働いていない方が精力剤を飲むことにより生殖機能が回復したのであれば、それで十分なのではないでしょうか?

 

セックスに年齢制限はあるのか?

威龍で勃起不全解消

 

数多く存在するウイスキーですが、その中に「オールド・パー」という銘柄が存在しております。

皆様はご存知でしたか?

こちらのブランドは、152歳まで生を全うしたトーマス・パーというイギリスで一番長生きした実在の男性を元につけられた銘柄です。

 

トーマス・パーには様々な逸話があり、なんと102歳で女性に乱暴し、123歳で再婚したという話があるのです。

それだけではありません。再婚後、なんと一時のパパとなったというのです!

 

123歳で再婚し、子供を作ったなんて…と、驚く人も多いかと思うのですが、セックスには年齢は関係ないということをトーマス・パーという人物が実証したのです。

ということは、年齢に関係なくセックスをすることが可能だということなのです。

ですから、50代を過ぎてセックスが出来なくなったと嘆くのは早計だとはいえないでしょうか?

 

現在も80を過ぎても尚、精力剤を購入している性に盛んな男性もいるといいます。

彼らの姿は、毎日のように満員電車に揺られ焦燥しきったサラリーマンと比較しますと生き生きとした表情をしていることがわかります。

また、現役バリバリなのも特徴です。

よくよく聞いてみますと、彼は80を過ぎても週に3回はセックスをしているといいます。

80を過ぎてもまだまだ性に盛んなのだから50を過ぎてセックス出来なくなったというのはなんと贅沢な悩みなのでしょう。

 

諦めてしまうのはまだ早いです!

 

今まで精力減退についてお話してきました。

精力減退には主に生殖機能の低下があげられますが、精力減退にはその他の器官にも大きな影響を与えてしまうのです。

 

例えば、視力が低下するという現象。

皆様も覚えはないでしょうか?

年齢を重ねるにつれ、視力が低下しかすみ目といった現象が訪れたりはしませんか?

このような視力の低下も目の働きを支えている神経や筋肉が衰えてきたことが関係しています。

 

年齢を重ねるにつれ、どこかの体の機能が低下したと感じたのであれば、生殖機能も低下していると見たほうがいいのかもしれません。

何故ならば、生殖機能も体の各機能も神経や筋肉の働きによってそれぞれの役割を果たしていることに変わりはないのですから。

 

また、その他表れる現象としては記憶力の低下も挙げられます。

ある日突然物忘れが酷くなったことはありませんか?

これは、更年期に表れる現象の一つです。

更年期といえば、男性ホルモンの分泌量が低下し、生殖機能に大きな影響を与えるともいわれております。

 

このような現象が表れたのであれば、それは生殖機能が低下したサインだといえましょう。

精力減退は生殖機能が低下しただけではなく、体の機能低下のサインともいえましょう。

…ということは、体の臓器がしっかりとしている健康な人はいつまでも元気でセックスも盛んに行うことが出来るということなのです。

 

とはいえ、どんなに健康に気を使っていても年をとるにつれそれは必ず訪れます。

若いときは調子よかったのに…という方でも生殖機能の低下が見られるのであれば、精力剤などを活用し早いうちに対策に講じたいものです。