月別アーカイブ: 2019年9月

アドセンスとアフィリエイトではどちらが稼げるか?

先ず、アフィリエイトですが物を売って得られた金額の中から報酬を得るもので、1件当たりの報酬がアドセンスに比べると断然大きいのが普通です。

具体的にいえば、アドセンスの場合、クリックだけなので、1件当たり20円とか30円とかが多く、アフィリエイトの場合では商品によって、1件当たり、数百円から数万円でその額の違いは非常に大きいのが特徴です。

 

それなら金額が大きなアフィリエイトの方が良いのではと思われるかとおっもいますが、ただ単に1件あたりの報酬額が大きいから良いというのは間違いです。

 

ネットビジネスをしている人の一般的な考え方としては、経験が少ない初心者のうちはアドセンスがおススメで、慣れてきたら収益単価の高いアフィリエイトに移行することも良いかと思います。

 

理由として、アドセンスは、・物を売ろうとする意識は全く無くても良い ・投稿する文章も自分の知識や趣味を淡々と書いていけば良いこと ・書いていく文章は何かを買わせるためではなくて自分の思いや主張を書いていくだけで良いこと ・自分で書いた文章に一番マッチした広告をGoogoleが選んで載せてくれること、があげられ、一方アフィリエイトは、・買ってもらわなければ報酬は得られないので買ってもらうための文章を書かなければならない。・買わせるためには多少誇大広告的な文章も書かなければならない。・せっかく広告文を書いても業者が販売を取りやめたら、書いた広告は無駄になる。など、アドセンスの方が報酬発生の難易度が圧倒的に低くなるということが上げられます。

 

アドセンスでは、自分の書いたサイトに多くの人が見に来てくれるような記事を書けば報酬額が増えていくので、記事の更新だけに専念すればよいということになります。

 

アフィリエイトの場合は、自分が書いた記事に共感してくれて、自分が載せた広告をクリックしてくれて、ものが売れないと幾ら広告がクリックされても一銭の報酬も発生しないので、文章作成のスキルも必要となり、必然的に難易度が上がってきます。

この事からも、始めのうちはアドセンス、慣れてきたらアフィリエイトというのが一般的かと思います。

 

アドセンスのメリットとデメリット

アドセンスは、記事として書く内容(コンテンツ)はどんなものでもよく、あなたの書いた記事に限りなく適切な内容を持った広告を貼ってくれるので、そのことに関心がある読者は知らず知らずに広告をクリックしてくれて、あなたに報酬をもたらせてくれるのです。

 

アフィリエイトのメリットとデメリット

アフィリエイト」がうまくいくと月収として10万円・100万円、300万円、とアドセンスではなかなか難しい金額を得ることを出来ると言われています。しかし、それには広告商品なりの特化したサイトを立ち上げて、その特化サイトを何個も何個も作って世に示していき、多くの読者を集めるといった苦難の道を乗り切らなければなりません。

 

従って稼げる単価の大大きいのは、アフィリエイトだが、アフィリエイトは難易度が高く、初心者などはアドセンスの方が稼ぎやすいのが実情。

 

「ネットビジネスの初心者」メルマガ登録はこちらから、不要なら解除はすぐできます。

http://www.itm-asp.com/form/?2851

副業で稼ぐ

正社員の雇用が減り給料の増加が期待できない現代、ネットビジネスで副業をして、会社以外でお金を稼ごうと行動をし始めている会社員が増えてきています。

 

企業側も、日本の将来に不安をもちはじめ、老後の保障はできないということで副業を認め始めています。そこで、資金も使わず低リスクで始められるネットビジネスに人気が上がっているのです。

 

しかし、ネットビジネスと言っても、ですが、種類は数多く存在し、どれを始めたら良いのか分からないと思いますが、中でも一番成功例が多いのが、間違いなくアフィリエイトです。

 

アフィリエイトとは、「加入する・提携する・関係する」といった意味を持っていて、なたがある企業の商品を販売したとしたら、その企業からあなたに報酬(成功報酬)が支払われるという広告です

 

ネット上の広告塔で、自分のブログを開設し、その中に広告を配置しておき、ユーザーが自分のブログに来て広告をクリックすれば、お金がもらえる仕組みです。

 

自分のブログにたくさんユーザーを集めれば、それだけでお金が発生しますので、 初心者でも始めやすく、失敗しても損失を出すこともないので、非常に人気があります。

 

アフィリエイトには、数多くのメリットがあり、まず、リスクがほとんどないということが挙げられます。

一昔前まではちょっと怪しいような、いわゆる「楽して稼げる系」のイメージが強かったのですが、今ではネットビジネスの中では超メジャーなものとなっているのがアフィリエイトです。

 

アフィリエイトを始めるならまずはサイトのジャンルを決めます。痩せることに詳しいなら「ダイエットサイト」、旅行が好きなら「旅行サイト」という感じです。

 

「得意なジャンルがない!」というあなたなら、マンションで出来る家庭菜園サイト、機械音痴なお母さんのための家電の使い方サイトなど、ジャンルをもっと絞ってみましょう。

 

家族や友達に聞かれるようなことでも全然OKです!あなたが当たり前のように感じている知識でも、聞ける人が周りにいない人にとってはお金を払ってでも知りたい知識なのかもしれません。

 

ジャンルが決まったら早速記事を書いていきましょう。初めから売ることばかりを考えずに、誰かにとって役に立つようなことを書いていきましょう。

また紹介する商材ですが、A8ネットというサイトに登録すると無料で取り扱うことが出来るようになります。

A8.net

 

ネットショップは「BASE」というサービスを使えば、なんの知識がなくても無料でネットショップを作ることが出来ます。

BASE

 

ネットビジネスで稼いでいる人達は全て、考える前にまず行動していた人達です。ノーリスクで稼ぐ方法があるのにやらない手はありません。是非一度気軽に、楽しみながら挑戦してみて下さい!

 

メルマガ登録はこちらから、不要なら解除はすぐできます。

http://www.itm-asp.com/form/?2851

 

 

 

日本人の性事情

最初に、とある国別の数字をご紹介したいと思います。

 

第1位 フランス151回

第2位 アメリカ148回

第3位 ロシア 135回

 

この数字は、いったい何の数字か皆様はお分かりですか?

実は、イギリスの大手コンドーム・メーカーが調査した世界の平均セックス回数なのです。

計14カ国、30.000人を対象に調査した結果、世界の成人の一年の平均セックス回数は112回で、先にあげたフランス・アメリカ・ロシアは、セックスの多い国ベスト3です。

トップにランクインしたフランスは1週間に3回も頑張っているということですね。

 

一方のアジアはどうなのでしょうか?

調査の結果、香港が77回、タイは69回で、トップのフランスと比べると半分程度の回数です。

日本は調査対象ではございませんでしたが、あるセックス・カウンセラーの調査によると、「日本のサラリーマン家庭の場合ですと、20代で平均一週間に2回程度、30代は一週間に1回ほどで、40代になると月2回、50代は月1回あるかないかのペースになります。これら全世代を平均した結果、週1回、1年間では50回程」ということです。

 

また、とある週刊誌の『首都圏に在住している36歳~50歳までの妻帯者のサラリーマン300人を対象としたアンケート調査によると、セックスの平均回数は月に4回弱で、年間に換算いたしますと50回前後』だということが判明しました。。

 

先にあげた香港、タイと比較してもと、少ない数字といえましょう。

調査してわかったことですが、アメリカではなんと、70代の夫婦の約7割が月に1回は夜のスキンシップを行っているとこが判明しました。

そのようなデータを見ますと、日本人のセックス・ライフはいかに寂しいものかということがおわかりいただけるかと思います。

 

何故、日本人はあまりセックスをしないのでしょう?…それには様々な理由があげられていますが、一番多かった理由が会社中心の生活で平日は帰宅後すぐに就寝、休日は朝からゴルフで接待と夫婦の時間が少ないことでした。

しかし、バブルが崩壊したことによりこのようなタイプは減少いたしましたが、今度は別の問題が発生したのです。

 

バブル崩壊後、景気は一気に傾き不況の嵐が襲ったのです。

いつリストラされるのか…いつ会社が倒産してしまうのか、これらのことが常に頭をよぎり常にストレスがたまっている状態になり、それと共に性欲減退しセックスする回数が減っているようです。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

精力減退の原因と予防法

大きく分けて5つの原因が考えられます。

  • 加齢からくる男性ホルモン分泌低下
  • 精神的原因(ストレス・トラウマ)
  • 慢性疾患
  • 薬物乱用
  • 神経断裂

 

1.男性の場合25歳ころをピークとして、男性ホルモンの分泌低下が起こり、勃起力も低下し、性欲そのものも減少していきます。射精をコントロールする射精閉鎖筋も機能しなくなり早漏になったりもしてきます。

2.精神的なものとしては、仕事の失敗や、対人面で人格を大きく傷つけられたり、女性から下半身のことをバカにされたり…など、精神的ダメージを大きく受けた場合に、突然勃起不全になり、ひどい時には勃起不能になったりもします。

3.慢性疾患では、よく知られている糖尿病・肝臓病・腎臓病などがもとで勃起不能になることがあります。病気そのものが治れば生殖機能も復活してきますので病気を治すことが大事です。

4.薬物乱用は、麻薬や覚せい剤、シンナーなどを常用すると、神経が麻痺し刺激にも反応しなくなり勃起もしなくなります。ニコチン中毒やアルコール依存症になった場合も同じような結果となります。

5.神経遮断は、交通事故などで脊髄を損傷した場合、精髄にはさまざまな中枢神経が通っていて、勃起中枢も例外ではなく傷つき遮断されると、大脳からペニスへの指令が伝わらなくなり勃起が起こらなくなります。

 

そして、精力減退を防ぐには、精力減退の原因をつきつめ一つ一つ原因を取り除いていくしかありません。ストレスをためないようにし、慢性疾患にならないように食事や生活習慣に注意し、薬物など服用ことなく普通の薬剤でもやたらと飲むことは控えることです。

 

精力機能が減退するのは、精神的・肉体的にどこかが病んでいる証拠ですから、病んでいる所をいち早く発見し、治療に専念すれば精力の方も回復してきます。

 

ただし、加齢からくる精力減退は防ぎようがありません。だからといって諦める必要もありません。セックスは何歳になっても可能なものです。その手助けをしてくれるものが精力剤です。病気でも早期発見・早期治療をすれば早く回復するように、精力に関することも早期発見・早期治療が深刻な状況にならない秘訣です。

 

こと精力に関することは、恥ずかしいとかイヤラシイとか何の処置も施さない人が多いですが、生殖機能が正常に働かないという事は一つの病気といえます。恥ずかしがらず治療して健全な性生活を送ることが家庭円満でもあり、豊かな人生といえるのではないでしょうか。

 

精力剤いうのは、生殖機能だけに特化して効果があるというものでは無く身体全体を健康にすることによって、結果的に精力にも効果が表れるというものです。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

更年期障害は女性だけのものではない。

あるアンケート調査によると、中高年男性のほとんどが「男性機能が衰えている、不能状態に陥っている」と自覚していることが分かりました。

実はこれは、男性の更年期障害の表れなのですから、ごくごく自然の現象なのです。

 

更年期といいますと、中年女性に見られる現象で「卵巣機能が衰退をはじめ、なくなっていく時期」といわれています。

要するに、徐々に月経回数が減少し、月経がなくなる期間のことを更年期と呼んでいます。

更年期に入ると、卵巣の機能低下と共に女性ホルモンの分泌が減少し、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

このホルモンバランスの崩壊による、頭痛やめまい、動悸、腰痛などの諸症状を更年期障害と呼んでいますが、この更年期障害は女性特有のものと考えられていました。

 

ところが、実は男性にも更年期があることが判明したのです。初めて男性の更年期について取り上げたのは、1996年に開催された「第11回更年期医学会学術集会」というシンポジウムでした。この学会がきっかけで、男性の更年期障害が初めて認められることになったのです。

 

女性と比較して、男性にははっきりと示す兆候はありませんが、視力の低下や腰痛、頭痛などといった女性に共通する諸症状に陥る傾向があります。ですが、男性の更年期障害の最大の特徴は男性ホルモンの分泌量が低下することなのです。要するに、年齢と共に男性ホルモンを分泌している睾丸の機能が衰えていくのです。

 

血液の中を循環しているテストステロンという男性ホルモンの数値を年齢ごとで測定してみますと、25歳をピークに年齢と共に減少していく傾向にあります。

男性ホルモンの分泌量が減少することにより、セックスした際に持続力の低下や勃起力が低下してしまうということです。

そして、性欲までも弱くなっていきそれによってセックスする回数も減少していき、ついには男として枯れてしまう状態に陥ってしまうのです。

 

しかし、男性の更年期障害には個人差があるようです。40歳を境に更年期障害が現れるという方、50歳を超えても30歳の男性と変わらないペースでセックス・ライフを堪能している方と様々です。

このように個人差が出てしまう背景には、個人の資質や生活環境やメンタル面が影響しているといわれています。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

セックスの減退は30歳から、衰えをスクワットで精力アップ!

生殖機能の減退は早い人で30歳前後、一般的にも35歳前後から生殖機能の減退が始まります。25歳をピークにして、男性ホルモンの分泌低下が始まり、それに伴って生殖機能が低下していきます。

 

症状的には、勃起不全、早漏、中折れといった症状が起こってきます。

 この時の早漏というのは、ペニスの先が敏感なために起きる若いころの早漏とは根本的に違いがあります。35歳を過ぎてからの早漏は、射精をコントロールする射精閉鎖筋という筋肉の働きが低下したためにおこるものです。

 

老人などがおしっこを漏らしてしまうのも、尿道を閉鎖する筋肉が弱っているため自分ではコントロールできないのです。中年になるとおしっこの切れも悪くなりますが、これも尿道閉鎖筋の衰えからくるものです。

 

 ペニスが敏感すぎて早漏になってしまう男性なら、ペニスの表面を麻痺させて局所麻酔的効果により、感度を鈍らせる塗り薬でよいのですが、中年以降におこる精液が勢いよく飛ばない、トロトロ漏れるように出てくるような射精の場合は射精閉鎖筋の衰えによると考えられますので、感度を鈍らせるような薬は逆効果です。

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

ちょっと驚くお話をします。実はペニスは表に出ている部分だけではないのです。

体内にもその存在はあるのです。どういうことかと言いますと、骨盤の下の筋肉を突き抜けて存在しているのです。その筋肉の一部は、太ももの内転筋へとつながっています。

 

ペニスの4分の1は体内にあるということなのです。このことから、いかに筋肉が大事かがわかります。この筋肉の力の大切さをさらに詳しくお話しすると、骨盤の下の筋肉と、太ももの内転筋がペニスを下から支えているのです。

この筋肉の力が強ければ強いほどペニスの根元を締め付ける力が強くなり、勃起状態を長く持続させることが出来るのです。つまり「中折れ」の防止にとても役に立っている筋肉なのです。

勃起状態を維持するためには、骨盤の下の筋肉がペニスの根元を締め付けて、海綿体にたまった血液を逃がさないようにすることが必要なのです。

 

日々、このとても重要な筋肉を鍛えるにはどうしたらよいでしょうか。それはスクワットがお勧めです。

スクワットで太ももの内転筋と、その先の骨盤底にある筋肉を鍛えることが出来るのです。勃起力強化に役立つこの筋肉を、スクワットによりピンポイントで鍛えられるので本当にお勧めします。1日5分でも良いのでこのスクワットを毎日の生活に取り入れて、勃起力を強化しましょう。

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

若い女性の不感症の実態!

前回、不感症に悩む女性について簡単ではありますが紹介させていただきましたが、不感症に悩む女性は配偶者の有無に関わらず多いのだそうです。

相手の男性はごくごく普通なのにも関わらず性行為で何も感じることなく終わってしまうケースは、女性に何らかの問題があるそうです。

 

不感症に悩む若い女性の場合、体質によって解決法も変わってきます。

例えば、生理の周期が不定期であったり、女性というよりはどちらかといえば男性らしい体つきをしているという方は、女性ホルモンが正常に分泌されていない可能性があります。

ですから、女性ホルモンを補うことで解決することが出来るのです。

 

逆に、女性らしい体つきをしていて定期的に生理がくるにも関わらず、性行為をしていても何も感じないというケースはどうでしょうか?

このような場合、相手に問題がある場合もありますが、実は女性の性格面に問題がある場合もあります。

 

例えば、両親が非常に厳格でセックスはよくない行為だというしつけを受けて育ってきた方の場合、どんなに愛している人であってもセックスになると途端に心を閉ざしてしまうのです。

こうなりますと、セックスをしている間はただただ苦痛で退屈に感じ、早く終わって欲しいと願っているわけですから、感じるはずがありません。

相手の男性にしろ、本人にしろとても気の毒なことだと思います。

 

しかし、そのような場合においても諦める必要はありません。

興奮剤を使うことにより、今まで閉ざしてきた心が一気に解放され、今まで感じなかったエクスタシーを感じることも出来るでしょう。

現に、今までそのような女性の多くは興奮剤によって悩みを解決してきた事例が多く上がっているのです。

 

中には、AV女優など仕事でセックスをしている女性もいます。

仕事でセックスをしているわけなのですから感じてはいないものの、感じている「フリ」をしております。

感じているフリを続けているうちに、プライベートでも恋人とセックスをしていてもフリで終わってしまうこともよくあるそうなのです。

こちらも不感症の一種なのですが、このような場合でも興奮剤を使うことにより、正常な感覚に戻ることが出来るのです。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

病院で精力減退を解決できる?

セックスに関する悩み…どこで打ち明けたらいいのかと悩む人も多いといいます。

 

正直、病院などでセックスに関する悩みを打ち明けるのが然るべき流れなのですが、病院にいったところであなたの気持ちの問題だ、それは年齢の問題なのでは?と、諦めるように諭される姿が想像出来ます。

田舎の病院につきましてはそういった傾向が根強いようで、中には世間的にはどうなんだと説教する医者もいるといいます。

 

とはいえ、そういわれてもやはり人間はそう簡単にセックスすることを捨てられるほど単純な生き物ではありません。

80を超えても尚、貪欲にセックスを求める人もいるように年齢を理由にセックスを諦めなくてはいけないのはあまりにも人間という生物を理解していないのではないかと思われます。

 

では、何故そのようなことをいう医者がいるのでしょうか?

それは、セックスに関する悩みを解決するカギを医者が持っていないからなのです。

 

以前と比較いたしますと、精力について知識を得る医者やそれを専門にした医療機関が増加している傾向にありますが、やはり精力について専門的な知識を得ている医者はまだまだ少ないといっても過言ではないでしょう。

大きな病院で診てもらったところでとある漢方薬を出して終わりというのが関の山でしょうか。

 

更に酷いところになりますと、ペニスにシリコンを入れるべきでは?と、言われるところもあるというのです。

シリコンを入れる治療法は、治すというよりはシリコンを入れて勃起しているように見せるというだけの付け刃的な治療法であり、根本的な解決方法とはいえません。

 

病院で診てもらって人の中には改善された方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ほとんどの方は満足な状態に改善されていない方がほとんどなのです。

 

このような現状にもう少し医者に精力に関する知識を身につけて欲しいと願う人も多いことでしょう。

ですが、医者の中には精力剤を取り扱っている薬局に足を運ぶほど十分な知識を持っていないのが現状です。

 

じゃあ、もう少し精力について勉強するべきだといいたいところですが、他の分野を優先しているのか、はたまた性に関する分野を勉強することに躊躇いがあるのかどうかは定かではありませんが、あまり積極的に知識を得ようという方が少ないのが現状です。

医療機関と精力剤を専門に取り扱っている薬局…二つの機関が上手く機能し、精力減退で悩む男性を少しでも早く救ってあげられるようになれればいいのですが…。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

女性も精力剤を欲する理由とは?

セックスに関する悩みは何も男性側の問題ではありません。

女性側も何かしらセックスに関する問題があるといわれております。

 

大半がセックスをしても感じなくなったという悩みをお持ちのようですが、このような悩みには二通りあるのです。

それは、元々感じないかまたは今まで感じていたのにある日突然感じなくなったというパターンです。

 

もともと感じない女性によくある傾向としてクリトリスが包茎だったということが多くみられます。

そのような場合はどうしたらいいのかといいますと、相手の男性がそれをしっかりと理解しクリトリスの皮を剥いてあげてからしっかりと愛撫してあげると感じることが出来るようになるでしょう。

 

しかし、かつては感じていたのにある日突然感じなくなった女性は、セックスのテクニックや気持ちの問題では片付けられないところもあります。

このような場合はどうしたらいいのでしょうか?

それは、催淫剤など性的に興奮することが出来るタイプの精力剤を使うことによって解決することが出来るでしょう。

 

何故女性が精力剤を求めるのでしょうか?

それには様々な理由や事情があるでしょうが、大きな理由はやはりパートナーが他の女とくっつくのがいやだという気持ちが強いことへのあらわれなのかもしれません。

 

何もそれだけのことで…と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、当事者にとっては深刻な悩みなのです。

 

不感症でお悩みの女性の中には、自分が感じなくなったことが原因で夫が自分のことをみてくれず、別の女性と不倫していたということもあるようです。

私のことをみてほしい…家庭を壊したくない…このような切実な思いがあるのではないのかと思います。

 

セックスは最早単なる快楽を得るための行為というだけではありません。

以前にもお話いたしましたが、セックスは人生というように、セックス一つで人生が大きく変わってしまうのです。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

 

お互いが満足するためのSEXするには?

セックスに関する悩みといえば精力減退だけではありません!

中には、セックスする分には問題がないのだが、もう少し相手を満足させたいというなんと贅沢な悩みを持つ人もいるといいます。

どういうことなのか…それは、一晩で何度もセックス出来るほどの持続力や回復力を欲しているということでしょうか。

 

ですが、満足させるセックスは誰がどのような基準で決めていることなのでしょうか?

 

確かに1分もたたないうちに達してしまうのは少し問題あるかもしれません。

しかし、満足させるセックスというのは行為を行っている時間や回数で決まるのでしょうか?

 

満足させるセックスというのは、回数や時間などではなく、文字通り相手をどれだけ満足させることが出来るかなのではないでyそうか。

何回やっても相手を満足させることが出来なければ意味がありませんし、逆に1度のセックスで満足させることが出来ればセックスとして大成功なのではないでしょうか?

お互いが満足する…それは本来あるべきセックスの姿なのではないでしょうか?

 

セックスといえば男性が主導権を握り、女性を満足させるもの…とはいえ、女性を満足させるためにはその分努力をしないといけません。

ただ、ペニスをヴァギナに挿入し適当に上下運動しているだけで女性が満足できるかと思ったら考えが甘すぎます。

 

セックスにおいて重要なことは、女性をいかに満足させることが出来るのかが男性側にかかっているといっても過言ではないのです。

ですから、回数や時間と女性を満足させることとは全くの無関係の事象なのです。

回数のことを考えるくらいなら、1度のセックスで相手をどれだけ満足させることが出来るのかを重点的にみたほうがいいと思います。

 

満足も出来ないセックスをただ回数こなしただけでは時間を無駄にするだけですし、ただ疲れるだけでしょう。

それは女性側も勿論ですが、男性側からしても同じことではないでしょうか?

 

精力剤を使って持続力を上げることも大事かもしれませんが、中身のあるセックスを心がけることが最重要なのではないでしょうか?

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤