動悸、心悸亢進

心臓に異常のない動機や心悸亢進は漢方の適応

私たちは普段心臓の拍動を意識していませんが、ときに「胸がドキドキする、脈が速い、リズムが乱れる、拍動が強く感じられる」など、自分の拍動に不快感を覚えることがありますが、こうした状態をひとまとめにして、一般的に「動機」と呼ばれていて、「心悸亢進」は、心臓の拍動が強く早くなることを指します。

一時的な動機や心悸亢進は、精神的な緊張や興奮びよっても起こりますが、続く場合は、不整脈をはじめ、さまざまな心臓病も考えられます。また、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの肺の病気や貧血、甲状腺機能亢進症、脱水状態や薬の副作用などが原因のこともありますので、まずは西洋医学での診断、治療が優先です。

しかし、西洋医学的な検査を受けても、治療を要するような異常がないのに、動機や胸苦しさなどに悩まされる場合、西洋医学では「心臓神経症」と呼ばれ、不安神経症の一種として抗不安薬を用いたり、心理療法がおこなわれたりします。

漢方では、こういう場合も、患者さんが苦しんでいる症状に応じて治療を行います。先ずは検査を受けて、心臓などに異常がないことを確かめて、それでも気になる様な動悸や胸苦しさなどは、漢方治療が向くといえるでしょう。

全身の不調をやわらげ不安を取り除く

漢方では、動悸や心悸亢進以外にも患者さんが感じている心身の不調を詳しく聞いて、その不調をやわらげるような薬を使い、不安を取り除くようにします。

体力はあるが動悸と共に不安やイライラ、不眠がある様な人では「柴胡加竜骨牡蛎湯」が、いっぽう、虚弱で神経過敏、寝汗があるような人では「桂枝加竜骨牡蛎湯」などが考えられます。のどのつかえ感があって胸苦しい人には「半夏厚朴湯」が良いこともあり、そのほか、動悸と共に息切れのあるような人には「苓桂朮甘湯」や「炙甘草湯」が用いられることもあります。

不整脈の多くは心配いらない

動悸の原因としてまず考えられる病気は「不整脈」で、不整脈というのは、拍動が早くなったり、遅くなったり、リズムが乱れたりするもので、なかには頻脈発作がおきて電気ショックが必要になるものや、除脈でペースメーカー必要な場合もあります。

ただ、不整脈は、検査で見つかっても治療が不要な場合も多ので、危険なものでないと分かったら、あまり心配しすぎないことも大切です。

めまい

西洋医学でも根本的な治療のできないものが多い

めまいには、周囲がグルグル回るように感じる回転性めまい、体がふらつくような浮遊性めまい、立ち上がったときにクラッとくる立ちくらみなどがあり、回転性めまいは耳に原因があることが多く、浮遊性めまいは高血圧や低血圧、貧血、心身症などでも起こります。立ちくらみは起立性低血圧が原因です。

めまいの治療をしているのは、耳鼻咽喉科、神経内科、脳外科などで、メニエール病など明らかな病気があれば、その治療が優先です。実際には、めまいやふらつきに悩む人の多くは原因となる明らかな病気があるわけではなく、根本的な治療法はなかなか見つかりません。漢方では、めまいの症状の改善に主眼を置いて薬が処方されます。

漢方では、主に「水滞」とみなして治療を行う

漢方では、古くからめまいそのものを治療の対象としてきました。めまいの原因は、主に「水」がたまったり浸った状態の「水滞」と考えられ、タイプによっては「血」や「気」などの異常ととらえられるものもあります。

「水滞」がある場合、回転性めまいや立ちくらみには「苓桂朮甘湯」や「五苓散」がよく用いられます。「苓桂朮甘湯」は、体力が低下した「虚証」で、のぼせをともなうような人に向く薬で、「五苓散」は、体力が中くらいで、口の渇きがあるような人に向く薬です。同じ「水滞」でも、浮遊性めまいで、冷えや下痢をともなう人には「真武湯」が用いられます。

そのほか「気虚」があり、胃腸が虚薬な人では「半夏白朮天麻湯」を用いたり、「瘀血」があれば「当帰芍薬散」「桂枝茯苓丸」「桃核承気湯」などが使い分けられます。中年以降の「肝の失調」が見られる人では「釣藤散」などが有効なこともあります。

めまいが起こる病気

<耳の病気>
●良性発作性頭位めまい
●メニエール病
●内耳炎
●前庭神経炎
●突発性難聴
●聴神経腫瘍
<その他>
●高血圧・低血圧
●貧血
●心身症・うつ病
●脳幹・小脳の出血や梗塞
●起立性低血圧

頭痛

漢方治療が適するのは繰り返し起こる慢性頭痛

頭痛は、くも膜下出血や脳腫瘍などの病気で起こることもあり、そういった場合は、すぐに西洋医学的な治療が必要です。漢方治療が適するのは、”頭痛もち”の人に繰り返し起こる慢性頭痛です。

慢性頭痛には、ズキンズキンと脈打つような強い頭痛が発作的に起こる「片頭痛」や、頭全体が締めつけられるように痛み、肩こりをともなうことの多い「緊張型頭痛」などがあり、心理的な要因のかかわりが大きい「心因性頭痛」も少なくありません。女性の頭痛には、月経に関連して起こるものもあります。

頭痛のタイプと「気血水」の異常などから薬が選ばれる

漢方薬は、頭痛のタイプと「気血水」などの漢方独特のとらえ方を考えあわせて選択されます。

片頭痛に用いられるのは「呉茱萸湯」が代表的で、特に吐き気をともなう場合に適しており、口の渇きやむくみがある場合は「五苓散」が用いられます。

緊張型頭痛では、「葛根湯」や「釣藤散」がよく用いられ、ストレスの多い人の頭重感には「半夏白朮天麻湯」が、月経時に起こる頭痛には「桂枝茯苓丸」などの「瘀血」を改善する薬が有効なこともあります。

頭痛薬の連用が頭痛を招く

「頭痛もち」の人の多くは市販の頭痛薬を使っていますが、自己判断による使い過ぎには注意が必要です。

市販の頭痛薬の多くは消炎鎮痛薬とその配合剤ですが、連日使っていると、かえって頭痛が起こる「薬物乱用頭痛」を招きやすく、薬の量も増えがちになります。

頭痛薬の連用から脱するにも、医師の指導のもとでの漢方治療が役立つことがあります。

頭痛を漢方でみると

慢性頭痛は、体内の「水」の停滞(水滞)をはじめ、「気」の逆流(気逆)や滞えい(気うつ)、量の不足(気虚)また、「血」の滞り(瘀血)など、「気血水」のさまざまな異常から起こると考えられる。

肥満

肥満がある人には生活習慣病が起こりやすい

医学的にいう「肥満」とは、体脂肪が増えすぎた状態をいいますが、体脂肪は簡単には調べられないので、一般には、身長と体重から肥満の判定をしています。

現在、最も広く用いられているのが、BMIという体格指数による判定法です。統計的にはBMIが22のときに病気になる確率が最も低いことから、その体重を標準体重とし、BMI25以上が肥満と判定されます。

肥満が健康上よくないとされるのは、生活習慣病の多くが肥満と関連して起きてくるからです。こうした健康障害をともなう肥満は「肥満症」という病気で、お腹の臓器のまわりにつく内臓脂肪が過剰にたまった「内臓脂肪型肥満」も、病気をおこしやすい危険な肥満とされ、こういう人は、原料することが、合併症の改善にも、生活習慣病の予防にもつながります。

BMIによる肥満の判定

●BMIの求め方
BMI = 体重(㎏) ÷ {身長(m)× 身長 (m)}

BMI          判定
18.5未満        低体重
18.5~25       普通体重
25以上         肥満

肥満治療に漢方薬の効果が注目されている

肥満症の治療の基本は、食事療法と運動療法、そして、肥満につながる習慣を改める行動療法です。しかし、高度の肥満や合併症のために、運動などが十分に行えないこともあります。

肥満症治療薬として処方される西洋薬には、マジンドールという食欲抑制薬や、セチリスタットという薬がありますが、肥満症の治療に広く使えるものとはいえないので、最近では漢方薬が注目を集めています。

肥満症に適応のある医療用医薬品として「防風通聖散」や「防己黄耆湯」などがあり、近年の臨床研究でも減量効果、内臓脂肪の減少などが報告されており、漢方薬が肥満症の治療法のひとつになり売りと考えられています。

ただし、美容目的のやせ薬ではありませんし、「防風通聖散」などでは、まれではありますが、間質性肺炎や肝機能障害の副作用も見られていますので注意が必要です。

過敏性腸症候群

腸がけいれんして下痢や便器を繰り返す

「過敏性腸症候群」は、腸に炎症や明らかな異常が見られないのに、腹痛や腹部膨満感をともなう下痢や厳秘が繰り返し起こる病気です。

便通異常の現れ方から、「下痢型」「便秘型」「下痢と便秘が交互に起こる「交代型」の3タイプに分けられますが、この場合、便秘も下痢も腸のけいれんによって起こります。原因はストレスによる自律神経のバランスの乱れと考えられています。

機能性の異常であり、ストレスのかかわりが大きい過敏性腸症候群は、漢方が向くタイプの病気です。

心身の症状に応じて漢方薬が使い分けられる

漢方では、心と体をひとつのものと考えて不調をとらえ、便通異常の改善と共に、心身の状態を整えるように治療を行います。

治療には、腸の過剰な運動や緊張をやわらげる「芍薬」を含む薬剤がよく使われます。代表的なものが「桂枝加芍薬」で、体力がない「虚証」の人に向く薬で、下痢にも便秘にも使えます。

特に下痢型の腹痛に有効で、抑うつや不安が強い人では「半夏瀉心湯」や「香蘇散」を用いることもあります。

西洋医学による治療

「過敏性腸症候群」に対する西洋医学の治療としては、自律神経に作用して腸の運動を抑える薬や、便の水分を調節する薬などがあり、下痢や便秘が強ければ、それを抑える薬も併用され、そのほか、精神的なストレスが強い場合には、抗不安薬や抗うつ薬などを併用することもあります。

下痢

急性か慢性か、原因は何かに応じた対応が必要

食べたものは、胃から小腸を通る間に消化吸収され、残りが大腸に入って、ぜんどう運動によって運ばれながら、水分が吸収され、徐々に便の形を成していきます。

下痢とは、便中の水分量が多くなって、軟便、泥状便、水様便などになることをいいます。何らかの原因で腸管内の水分が多くなったり、十分に吸収されなかった利すると起こります。

腸管のぜんどう運動の亢進が原因で起こることもあります。下痢には急性のものと慢性のものがあり、原因や対応が異なります。

急性の下痢

細菌やウイルスによる感染性腸炎、薬剤などによる中毒、食物アレルギーなどが原因で起こります。このような下痢は、有害なものを排除しようとする生理的な反応で、むやみに下痢止めを使うと病気を悪化させかねません。

治療では、脱水状態にならないように、水分補給を十分に行うことが大切です。感染性腸炎で症状が重い場合には、抗菌剤を用いることもあります。

●慢性の下痢

癌、潰瘍性大腸炎、クローン病、甲状腺機能亢進症などが原因で下痢が続くこともあるので、先ずこうした病気がないかを調べる必要があります。
検査で特に原因となる異常がないのに下痢が続くようなら、胃腸の働きの低下や冷え、ストレスなどが原因と考えられ、漢方治療が向くといえます。

漢方では、おなかを温めて腸の働きを整える

下痢は、胃腸の弱い「虚証」の人に多く見られ、大抵は、お腹が冷えると下痢しやすくなります。そこで、漢方では、お腹を温めて腸の動きを整える「人参湯」や「桂枝人参湯」「真武湯」などがよく用いられます。夏バテで、全身倦怠感をともなう下痢には、「清暑益気湯」が良いこともあります。

もう少し体力のある「虚実間証」の人であれば、お腹がグルグルなる様な下痢には「半夏瀉心湯」、口の渇きや尿量減少がある場合には「五苓散」、発熱やしぶり腹とともなう強い下痢には「黄連騰」などが用いられます。

便秘

常習性便秘のほとんどは腸の働きが悪くなって起きる

排便は毎日なければ異常というものではありませんが、便が硬くてスムーズに出なかったり、腹痛やや不快感などがある状態を「便秘」と呼んでいます。
便秘の中には、大腸がんなどの病気が原因でおこる「器質性便秘」もあり、その鑑別は必要ですが、そうした病気の無い常習性の便秘は、殆どが腸の働きが悪くなって起こる「機能性便秘」です。

機能性便秘は、「視感性便秘」と「けいれん性便秘」の2つのタイプに大きく分けられます。

●弛緩性便秘
大腸の緊張が緩んで蠕動運動が弱くなり便がうまく運ばれていないために起こります。高齢者や腹筋の弱い女性、肥満している人に多いタイプ。運動不足や食物繊維不足、ダイエット、便秘を我慢することなどが原因になる。

けいれん性便秘
大腸のぜんどう運動が強すぎて、収縮した腸管がくびれたりして、便の通りが妨げられるために起こります。
若い人に多く、兎の糞のようなコロコロした硬い便が出るのが特徴で、ストレス、睡眠不足などが原因。

西洋医学でもどちらのタイプの便秘かを客観的に調べる検査法はまだなく、判別がつきにくい場合もあり、女性の場合はホルモン分泌の変動も血流に影響し、骨盤内や腸壁に血液がうっ滞すると、便秘が起こりやすくなります。

便秘の解消には、生活習慣の改善とあわせて薬をつかう

機能性便秘の解消には、まず排便習慣の改善、食物繊維の多い食事、適度な運動などが大切で、それでもつらい場合に薬を使います。

西洋医学では、腸を刺激して排便を促す薬や、腸内水分量を増やして便を柔らかくし、排便しやすくする薬や、肛門から注入して腸を直接刺激する浣腸薬などが用いられます。

漢方では「大黄」を含む薬を体力などによって使い分ける

便秘に対する漢方治療は、機能性便秘が対象になり、漢方では便秘は「気逆」「気虚」「瘀血」「血虚」「水滞」など、「気血水」のさまざまなバランスの乱れから起こると考えられています。

治療の中心となるのは「大黄」という生薬を含む漢方薬で、「大黄」には腸を刺激してぜんどう運動を促す作用があり、西洋医学でも刺激性下剤のひとつとして使われています。漢方では、単に排便を促すだけでなく腸管を温めたりうるおしたりする生薬の作用も生かして、腸の働きを整えるようなさまざまな処方があり、体力やあわせもつ病状によって使い分けられます。

代表的な処方が「大黄甘草湯」

便秘に用いられる代表的な漢方が「大黄甘草湯」です。近年の研究でも、便秘に対する有効性が改めて証明され、便秘以外に特に症状がなく、体力が中等度以上のひとであれば、まずこの薬を使うのが一般的です。

●実証の場合

体力があり、胃腸が丈夫な「実証」の人では「大黄」と共に「芒硝」という生薬がよく使われます。
「芒硝」は天然の含水硫酸ナトリウムで、便の水分量を増やして柔らかくする作用があり、代表的なのが「調胃承気湯」で、腹部膨満感をともなうなら「大承気湯」、女性に多い「瘀血」がる場合は「桃核承気湯」や「大黄牡丹皮湯」などがよく用いられます。
そのほか、上腹部が張る様な感じのある人では「大柴胡湯」、のぼせ気味で顔面充実のある人では「三黄瀉心湯」などがよく使われます。

虚証・虚実間証の場合

より体力がなく胃腸が弱い人の便秘には「大黄」とともに、その刺激を柔らかくする生薬が配合され、腸を温めたりうるおしたりする処方が用いられます。「虚証」の場合は「麻子仁丸」「虚実間証」の場合は「潤腸湯」が代表的です。特に腸が乾燥して便が硬くなりやすい高齢者には、これらがよく用いられています。

ただし、「虚証」の人では「大黄」は刺激が強すぎて腹痛が起こることもありますので、そういった場合には「大黄」を含まない薬が選ばれます。主に、血流を改善して腸を温めるような薬を使って、腸の働きの改善をはかります。
冷えや腹痛をともなうような人では「大建中湯」や「小建中湯」「桂枝加芍薬湯」などがよく使われます。

漢方薬を使う場合も、便秘を招きやすい生活習慣の改善は欠かせません。漢方では食べ物もなるべく暖かいものをとるようにし、お腹を冷やさない服装を心掛けましょう

痔の漢方治療

便秘がちな人には、痔の悩みも少なくなく、便秘は痔を悪化させ、痔があると排便を我慢して悪循環になります。痔に使われる薬として漢方で代表的なのが「乙字湯」で、血の巡りを良くして肛門周辺のうっ血状態を改善し、特に「いぼ痔」の治療に適しています。
痔の痛みには「紫雲膏」という塗り薬もあり、痔の出血があるときには「三黄瀉心湯」などが用いられます。

胃もたれ、食欲不振、胃痛、胸やけ

検査で異常がない胃の不振と漢方の有効性

胃がもたれる、食が進まない、胃の痛み、やける感じなど、胃の不調と思われる症状はいろいろあり、その中には、胃がんや胃・一二̪指腸潰瘍のように、西洋医学的な治療を優先すべきものが含まれていることもあり、まずは検査でその鑑別をすることが大切です。

また、胸やけを感じている人の中には、胃酸が食道に逆流する「胃食道逆流症」もみられ、これには、食道に炎症や潰瘍などの病変がある場合(逆流性食道炎)と、病変の無い場合(非びらん性逆流証)が含まれ、内視鏡検査によって診断します。

検査で特に異常がないのに、慢性的に胃の不調が続くものを「胃腸症」といい、以前は「慢性胃炎」とか「神経性胃炎」などと呼ばれていたもので、この胃腸症や 非びらん性逆流証 には、漢方が向いています。

漢方では健康を維持するうえで胃腸の働きを重視しており、胃腸の調子を整える漢方薬が多くあります。近年は西洋医学的な方法により、その有効性を検証する研究も進んでいます。

多様な働きが確かめられた「六君子湯」が代表的な薬

「胃腸症」の大きな原因は、異の運動機能の異常で、異の運動機能とは、口から入ってきた食べ物を貯留し、蠕動運動によって食べ物と胃液を混ぜ合わせ、ドロドロになった食べ物を十二指腸に送り出すというものです。

食べ物が胃に入ってきたときには、胃がリラックスして拡がることが重要で、胃がうまく広がらないと、貯留機能に支障がでて、少量の食事で直ぐに万腹になってしまいます。そうなると、かくはん、排出機能も低下して、胃もたれなどが起こりやすくなります。

漢方薬の「六君子湯」は、近年の研究により、胃腸の平滑筋を弛緩させて胃を広がりやすくさせることが分かってきました。胃の貯留機能の改善は、かくはん、排出機能の改善にもつながります。

また、食欲を増進させる「グレリン」というホルモンの分泌を促す働きもみられ、これが食欲不振の改善に役立ち、さらには、胃粘膜の血流を改善して、粘膜を保護する効果もあり、一つの薬で多様な効果が得られるのも漢方薬の特徴と言えるでしょう。

こうした効果が明らかにされてきたことで、「胃腸症」の漢方治療では「六君子湯」が代表的な薬になっています。

体質や症状に応じて漢方薬が選択される

もともと「六君子湯」は、配力が低下した「虚聰」で冷えやすい「陰証」の人に向く薬で、胃腸が弱くて、疲れやすく、みぞおちがつかるような感じのある人の胃腸の不調に用いられてきました。漢方では、ほかにも「胃腸症」などの症状を改善するような薬がたくさんあり、体質や症状に応じて使い分けられます。

例えば、胃もたれや食欲不振が中心でも、より胃腸が虚弱で、冷え性のある人には、「人参湯」が用いられたり、下痢がちな人では「平胃散」が用いられたりすることもあります。

また、胃痛に対して使われる薬としては「安中散」「半夏瀉心湯」「黄連解毒湯」などが代表的です。胸やけなどには「茯苓飲」「半夏瀉心湯」「黄連騰」などが用いられます。
いずれも、漢方では、ひとつの薬でいろいろな症状を改善することが期待できるので、あわせもつ症状も含めて医師に伝え、合う薬を選んでもらうことが大切です。

アレルギー性鼻炎、花粉症

アレルギー性鼻炎は漢方治療が適する病気

「アレルギー性鼻炎」は、「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」が三大症状で、特定の物質が体内に入ると、過敏反応が起こって症状が現れます。原因となる物質(アレルゲン)は、ハウスダストやダニ、スギ、ヒノキ、ブタクサなどの花粉が多く、花粉が原因の場合に「花粉症」と呼んでいます。花粉症では多くが目のかゆみや充血を伴います。

アレルギー性鼻炎に対して、西洋医学では、内服の抗ヒスタミン薬や鼻噴霧用ステロイド宅などが用いられ、目の症状が強い場合は点眼薬を用いることもあります。アレルゲンを特定するための検査も行われていますが、治療で使う薬は症状を抑えるためのもので、根本的治療をするためのものではありません。

アレルギー性鼻炎の治療は漢方が得意とするもののひとつで、漢方では原因に関係なく、また症状が現れている部位にこだわらず、全体の症状を整える薬で改善をはかります。

漢方では「水滞」ととらえて治療を行う

漢方では、水のようなサラサラの鼻水やくしゃみが止まらないような状態を、主に「水」の流れの異常である「水滞」ととらえます。アレルギー性鼻炎の急性期では、これを共通症状として、あわせもつ症状や全身状態によって薬が選ばれます。

代表的な処方が、「小青竜湯」で、体力が中くらいの「虚実間証」を中心に、体力がない「虚証」の人にも体力がある「実証」の人にも使われることがあります。胃のあたりを軽くたたくとポチャポチャと音がする「胃部振水音」のある様な人が典型的な適応です。近年の西洋医学的な臨床研究の結果でも、アレルギー性鼻炎に対する有効性が最も確かな漢方薬となっています。

そのほか、「虚証」で冷えがあるような人では、「麻黄附子細辛湯」や「苓甘姜味辛夏仁湯」などが用いられることもあります。
また、漢方治療では、症状がない時期から薬を飲み始めて、体質改善をはかることもあります。

漢方で体質改善

体質改善によく用いられる漢方薬は、「柴胡桂枝湯」や『柴胡桂枝乾姜湯」など、「柴胡」という生薬を含む柴胡剤です。「補中益気湯」も柴胡が入っており、広い意味で柴胡剤の仲間で、症状が出たら、収まるまでは上記のような簡保役を併用します。
体質改善のための漢方は、数年飲み続けることもありますが、症状が軽くなり、中には出なくなる例もあります。

咳、痰(気管支炎、気管支喘息)

先ず、漢方治療の向き、不向きを確認

咳や痰といった症状は、漢方治療によって改善できることが多いのもが、これらの症状が現れる呼吸器系の病気には、西洋医学による治療が必要なものもあるので、その鑑別は大切です。
例えば、結核、肺がん、肺炎などは、西洋医学による治療が必要で、これらを見逃さないために、必要に応じて胸部エックス線検査なども行われます。
高齢者は風邪から肺炎を起こしやすく、高熱や激しい咳などが見られないことも多いので、注意が必要です。

気管支炎や気管支喘息は、漢方治療を考えることができますが、状況に応じた対応が必要で、気管支炎でも、細菌感染が関係している場合は、西洋薬の抗菌薬を使います。
気管支喘息では、吸入ステロイド薬が基本的な治療で、激しい発作を起こしたときには、気管支拡張剤や点滴などによる治療が必要です。

粘っこい痰か水っぽい痰かが漢方薬を選ぶポイントになる

漢方では、原因を区別せず、呼吸器の症状を、五臓のひとつである「肺」の異常と考え、痰や咳の状態、あわせもつ症状、体力などに応じて薬が選択されます。
粘っこくて切れにくい痰が絡むような咳が続く場合に使う漢方薬としては「清肺湯」が代表的で、「麻杏甘石湯」は体力のある「実証」の人に向く薬で、一時的な強い咳に頓服的に使うこともあります。
「麦門冬湯」は体力の低下した「虚証」の人に向く薬で、乾いた咳が続いているような場合によく用いられます。

いっぽう、薄い水っぽい咳が多量に出るような場合には「小青竜湯」、似た症状があり冷えが目立つ場合には「苓甘姜味辛夏仁湯などが用いられ、さらに冷えが強く、体力が低下した人では「麻黄附子細辛湯」が用いられることもあります。

これらの漢方薬は、気管支炎や気管支喘息での咳や痰に限らず、慢性閉塞性肺疾患や慢性副鼻腔炎などで同様の症状があるときにも用いられます。

鎮咳薬の使い過ぎは要注意

痰や咳は、もともと気道に侵入した異物を排除して体を守る防御機構の一つで、出なければよいというものではありません。
西洋薬の咳止めには、咳を抑える力が強力なものもありますが、慢性的に咳が多く出るような病気では、咳を止めると呼吸が困難になったり、感染を悪化させることがあるので注意が必要です。高齢者の誤嚥性肺炎などは、必要な咳が出ない人に起こりやすいことが知られています。

安心安全の漢方精力剤・現地直送の個人輸入代行
日本上場以来19年間で32万人に愛された本物