漢方系精力剤と勃起薬系精力剤

 漢方系精力剤は、「強壮剤」という名で市場に出回っており、薬局薬店でも販売されていますので処方箋がなくても購入することが出来ます。
 強壮剤といいますのは、今まで紹介してきた精力剤と異なり、直接性機能に働きかけるタイプではなく、内臓全般の働きを活発化することにより、全身の具合を好調にさせ、その結果として、精力の向上化へと繋げるタイプの精力剤です。

 健康であるということは、性機能の働きも活発であるというのが当たり前だというわけですので、精力を向上させるなら基礎体力を向上させることから始めるというのが強壮剤の基本的な考えのようです。
 特に中高年を迎えますと、糖尿病・高血圧・動脈硬化といった生活習慣病を患うことがもとで勃起不全(ED)傾向に陥ることも少なくないようです。
 ですから、強壮剤を服用し健康なカラダ作りをすることで生活習慣病を改善し、勃起不全(ED)も治そうという原因治療の考え方になります。

 確かに、成人病そのものを治療していくことにより、精力も徐々に回復していきます。 体全体が健康的になればその分、男性ホルモンを分泌する役割を持つ睾丸の働きも向上し、性機能は向上します。
 そういった意味では、強壮剤は精力剤としてだけではなく、根本的な健康回復をする目的でも服用することが出来ます。

 また、強壮剤は今まで紹介してきた他の精力剤と比較しますと、副作用の心配がありません
 主に、動植物などの生薬から作られておりますので、ホルモン系の精力剤や勃起薬系に使われているヨヒンビンなどの化学成分と異なり、副作用で苦しむ心配がありませんのでどの方でも服用しても問題がないのがメリットになります。
 ただし、即効性は期待できませんので、あせらずゆっくりと時間をかけて精力を回復していきたいという方にはオススメの精力剤といえるでしょう。

 

一方、勃起薬系精力剤は主に塩酸ヨヒンビンという科学合成物質が含まれております。
 塩酸ヨヒンビンは、かの有名なバイアグラと同等に中枢神経を刺激し、勃起不全(ED)に効果がある精力剤として厚生省が認めた医薬品の一つです。

 服用することにより、中枢神経(勃起中枢)を刺激して興奮状態にさせる効果があります。それだけではありません。血管を拡張することでペニスへの血液の流れをよくし、勃起力や射精力を強化させるのです。

 また、服用後20~30分ほどで早く効果が出るときもありますが、通常の場合は1時間前後で効果が表れるといった即効性も勃起薬系の特徴の一つとしてあげられています。
 犬にヨヒンビンを投与したところ、盛んに交尾する様子が見られておりますし、他にも多くの動物実験でヨヒンビンの効果が裏付けられる結果が見られたのです。
 つまりは、男性ホルモンの分泌が少なくても勃起力を強化することが出来るということです。

 また、射精中枢を刺激することにより遅漏に効果がある精力剤として、塩酸ヨヒンビンに硝酸ストリキニーネを加えたタイプの勃起薬もありますが、こちらの精力剤も服用するにはいくつか気をつけないといけない点があります。

 まずは、高血圧の方や心臓病の方は服用を避けた方がよいです。また、アルコール中毒者、睡眠剤などの別の薬を服用している方は効果が出にくい可能性がありますので注意しましょう。
 更には、塩酸ヨヒンビンや硝酸ストリキニーネは劇薬に指定されている成分であり、薬剤師が常駐している薬局のみでの扱い、住所氏名、職業の記入、捺印をして始めて購入することが出来ます。
 とはいえ、正しい手続きを行ったうえで正しく服用さえすれば、頼りがいのある存在になるでしょう。

 

日本上場以来19年31万人が愛用した安心安全の漢方精力剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です