男性更年期障害

ホルモン分泌の変化にストレスが加わると起こりやすい

更年期障害といえば女性に特有のものとされてきましたが、中高年の男性も似たような不定愁訴に悩まされることがあります。男性の更年期障害は医学的に確立された概念ではありませんが、近年、社会的に注目されています。
男性の場合は、女性の閉経にともなう変化ほど急激なものではありませんが、やはり加齢とともにホルモンの分泌が低下します。男性ホルモンには、男性性器の機能を維持するほか、ストレスに抵抗する働きがあり、そのため、ホルモン分泌が低下したところに過剰なストレスが加わると、更年期障害が起こりやすくなると考えられている。特に、性格的にストレスをため込みやすい人は、発症しやすいといわれています。

男性更年期障害のチェックリスト

次の10項目のうち、3つ以上あてはまる場合、あるいは1か7がる場合は、男性更年期障害が疑われる。
1、性欲の低下がある
2、元気がなくなってきた
3、体力または持続力の低下がある
4、身長が低くなった
5、「日々の楽しみ」が少なくなったと感じる
6、もの悲しい気分、怒りっぽい
7、性機能(勃起力)が弱くなった
8、最近、運動する能力が低下したと感じる
9、夕食後、うたた寝をすることがある
10、最近、仕事の能力が低下したと感じている

力強い男の活力を!下半身に悩むあなたに贈る南米パワーの精力剤【Going+】

漢方では「腎虚」や「気」の失調ととらえて治療を行う

漢方では、五臓の「腎」が生殖をつかさどるとされ、その働きが衰えた「腎虚」になると気力・精力が減退すると考えられており、「腎」は生命エネルギーである「気」を蓄えるところでもあり、男性更年期障害の症状は「気」の失調ともとらえられています。

治療では、「腎虚」を改善する「八味地黄丸」などをはじめ、「気虚」があれば「補中益気湯」、「気逆」があれば「桂枝加竜骨牡蛎」、「気うつ」があれば「柴胡加竜骨牡蛎湯」など、「気」の状態に応じた薬が用いられる。

「腎虚」で起こる症状

漢方では、五臓のひとつである「腎」の働きが衰えた「腎虚」になると、下記のような症状が起こると考えられている。
●性欲の減退
●気力。精神活動の低下
●視力・聴力の低下
●骨の脆弱化、歯の脱落
●脱毛
●夜間頻尿、むくみ、口の渇き
●手足の冷え、ほてり、しびれ
●息切れ
●不眠   ーなど

医師推薦!男性の中年期以降の『心』と『体』を集中ケアサプリメント【ローキュア】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です