寝汗、多汗

汗に悩まされても原因を特定できないことが

睡眠中には、体温を下げようとする仕組みが働いて、ほとんどの人が汗をかきますが、こうした生理的な寝汗は、運動後にかくようなサラッとした汗です。しかしなかには頭や首、胸あたりを中心に、じっとりとした寝汗を書くこともあり、肺結核のような慢性の消耗性疾患のほか、虚弱な人、精神不安で自律神経の異常な緊張がある人に見られます。
こういう寝汗は不快なばかりでなく疲労感をともない、つらく感じる人が少なくありませんが、特に原因が見つからないこともあり、そんな症状を抑えるのに漢方が役に立つこともあります。

また、普段の生活で並はずれて大量の汗をかき、生活の支障になる様な場合は「多汗証」といい、多くは精神的な緊張が原因となって、手のひらや足の裏などに汗をかくタイプです。誰でも緊張すれば汗が出ますが、多汗症の人はしたたり落ちるほどの汗をかき、それを気にして更に緊張し、ますます汗をかくという悪循環に陥ります。

多汗症に対する皮膚科での治療は、汗をかくところに制汗剤を塗るなどの対症療法がが中心となり、微弱電流を流して薬を浸透させるイオントフォレーシスを用いたり、手術をすることもありますが、これらを勧められる対象の人は限られます。

体重・体脂肪率を減らすのを助ける【機能性表示食品】

漢方では「気虚」「血虚」などとして全身症状を改善する

寝汗と多汗は、少し緊張が異なりますが、「気」や「血」の不足があったり、体の内部に熱がこもった「陽」の状態のとき多く見られ、「気虚」や「血虚」があって、疲れやすい、食欲が無いなどの「虚聰」場合には「黄耆建中湯」「補中益気湯」「十全大補湯」「人参養栄湯」などの補気剤が用いられます。体に熱の入った「陽証」の場合には」「白虎加人参湯」などが用いれ、また、ストレスが強い場合に「柴胡桂枝乾姜湯」を用いたり、水太りタイプの人の多汗には「防己黄耆湯」などが用いられることもあります。

更年期の汗の悩みにも漢方治療が有効

更年期には、女性ホルモンの減少に伴う自律神経のバランスの乱れが原因と考えられ、突然顔がほてって汗がドット出る「ホットフラッシュ」に悩まされる人が増えます。このような発汗には、更年期障害の治療によく使われる「加味逍遥散」などが有効で寝汗がひどい時には「補中益気湯」なども用いられ、更年期のイライラや不眠などの症状も、漢方治療ではあわせて改善が期待できます。

カフェイン+プロテインの新習慣!ダイエットサポートコーヒー【カフェテイン】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です