つわり、妊娠中の諸症状

西洋薬を使いにくい妊娠中は漢方が役立つ

一般に妊娠中は、薬は慎重に使う必要があり、薬の成分が胎盤を通じて胎児の体内に入り、悪影響を及ぼすことがあるためです。西洋薬では、妊娠中には「禁忌」とされて使えない薬も少なくありません。

漢方には「安胎薬」と呼ばれ、妊娠した時に用いられる薬があり、妊娠中のつらい時期を乗り越えるために使われてきた薬もあります。つわりをはじめとする妊娠中の症状や、風邪などの病気の治療で西洋薬を裂けたい場合などによく用いられます。

ただし、漢方薬であれば妊娠中でも普段と同じように使えるというわけではありません。西洋薬のように禁忌とされてなくても、裂けるべきとさえている薬もあり、前に使ったことのある漢方薬でも、妊娠中に使う場合には、あらかじめ漢方に詳しい産婦人科医に相談して下さい。

加齢の盲点は“首のシワ”!サッと吹きかけだけの簡単ケア『ネックエステミスト 』

体調を整える漢方薬を用いて安産を助ける

つわりがつらい時には、「小半夏加茯苓湯」や「半夏厚朴湯」がよく用いられ、代表的な安胎薬でる「当帰芍薬散」には、つわりを軽くする効果もあり、また、妊娠中のむくみや貧血を改善したり、子宮の収縮を抑えて流・早産を予防する効果も期待できます。

むくみがある場合には、妊娠中毒症の予防のために「五苓散」や「柴苓湯:などが用いられこともあります。そのほか、かぜを引いた、便秘になったなというときも、普段の「証」にかかわらず、より副作用の少ない薬を用いるのが基本です。

つわりのときの漢方薬の飲み方

漢方薬は温かくして飲むのが基本で、一般にはエキス剤もお湯で溶いて飲むことが勧められていますが、つわりで吐き気が強い時は、冷たいほうが飲みやすいでしょう。冷水で飲んだり、冷蔵庫で冷やしておいて、少しずつ何回かに分けてものことも良いでしょう。

妊娠中に注意を要する漢方薬の副作用

広く使われている漢方薬にも、妊娠中には注意を要するものがあり、例えば風邪の漢方薬は、「葛根湯」をはじめ「麻黄」が含まれているものが多いのですが、「麻黄」は副作用で副作用で血圧をあげることがあり、妊娠中には注意が必要です。
また、便秘の漢方薬の基本となっている生薬の「大黄」は下痢や子宮収縮を起こすことがあり、妊娠中はなるべく使用を控えます。妊娠中の漢方治療では、通常、こうした生薬を含まない薬がまず用いられます。

【国立大学と共同研究】見た目年齢10歳若く!フサフサ・ツヤ髪ローショングラツヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です