冷え症

検査で異常が無いと治療の対象になりにくい

冷えに悩まされる人は多く、女性では半数以上ともいわれ、一般には「冷え性」ととらえられ、不調があっても、検査で異常が見つからないと、治療の対象になりにくいものです。しかし、漢方では「冷え症」ととらえ、治療すべき重要な症状と考えられています。

冷え症があると痛みなどの症状も起こりやすく、冷えによって悪化する病気も少なくありません。冷えを改善することは、心身の不調や病気の悪化を防ぐことにもつながります。冷えの感じ方は様々で、「手足が冷える」「下半身が冷える」「全身が冷える」などの他、「手足は冷えるが、顔はのぼせる」もよくあり、「足は冷えるが、手はほてる」ということもあります。

冷え症は、客観的に測定されるような検査値で診断されるわけではなく、「通常は人が寒さを感じない程度でも、手足や腰、下半身などの体の一部、あるいは全身が冷えて、それが苦痛になるもの」と定義されています。ほとんどのものは、もともと冷えやすい体質に、環境や食生活、服装などの原因が重なって起こると考えられます。

メンズワキガ対策専門ブランドD AGICA【ディーアジカ】

漢方では「気血水」の異常や「腎虚」ととらえて治療を行う

漢方では「気血水」が体内をめぐって健康を維持していると考えられていますが、その量が不足したり、巡りが悪くなったりすると、さまざまな冷えが生じると考えられています。体力が低下した「虚証」の人に多く見られます。

「気虚」「血虚」がある場合
「気」が不足した「気虚」の人では、全身が冷えやすいので、胃腸の働きを良くして体を温める「人参湯」などが用いられます。「血」が不足した「血虚」に用いられる薬には
冷え症によく使われる 「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」があり、体を温める作用のある生薬や、血流をよくする作用のある生薬が各種含まれていて、特に手足の先が冷え、しもやけができやすいような人に向きます。「気」「血」がともに不足した体力低下の著しい人では、「十全大補湯」や「大防風湯」などが用いられます。

「瘀血」がある場合

冷え症の人のほとんどに、漢方でいう「瘀血」状態の、さまざまな血行不良がみられ「瘀血」が中心になる場合は「当帰芍薬散」や「桂枝茯苓丸」などが用いられ、「当帰芍薬散」は手足は手足が冷える人に、「桂枝茯苓丸」は冷えのぼせの人に向く薬です。

冷えが起こる病気

冷えは、何かの病気が原因で起こることもあり、冷えの治療をするときには、原因となる下記のような病気が無いかを確認する必要があります。
●貧血 ●甲状腺の病気 ●膠原病 ●動脈硬化による病気
こうした病気が原因で冷えが起きている場合は、まず原因となっている病気の治療が先決です。

★本当に実感できるコラーゲンをお探しの方へ★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です