イライラ、不安、抑うつ

ストレスによる心身の不調は漢方治療が有効

イライラ、不安、抑うつなどの精神症状は、さまざまな心身の病気にともなって見られ、うつ病や不安心障害などで重症の場合や緊急を要する場合などは、精神科での西洋医学的な治療が優先されますが、ストレスの影響で心身の不調が生じているような場合には、漢方治療が有効なことも少なくありません。

漢方では「気」の異常や「肝」「心」の失調ととらえる

漢方ではこうした心の状態を「気血水」の「気」の異常、あるいは「五臓」の「肝」や「心」の失調ととらえて治療を行い、用いる薬は、ほかの症状や体力などに応じて選択され、心身両面の不調の改善をはかります。

頭に血が上っていらいらするような「気逆」がえれば、「桂枝加竜骨牡蛎」、気分が落ちこむ「気うつ」では「半夏厚朴湯」「柴胡加竜骨牡蛎湯」などが、気力がない「気虚」では「加味帰脾湯」などが用いられます

「肝」の失調とみられる興奮性の精神症状には「抑肝散」などが用いられ、更年期の精神症状であれば、「加味逍遥散」が広く用いられ、「心」の失調ではイライラや焦燥感が亢進し易く、「黄連解毒湯」や「甘麦大爽湯」などが用いられます。

「心」の失調ではイライラや焦燥感が亢進しやすく、「黄連解毒」や 「甘麦大爽湯」 などが用いられています。

うつ病における漢方治療

うつ病の場合は、基本的に西洋医学での治療が優先されますが、軽いうつ状態には漢方薬も用いられています。「補中益気湯」「柴胡加竜骨牡蛎湯」など、抑うつ症状にともなう食欲不振、全身倦怠感、疲れやすさなどの症状を改善する効果が認められている漢方薬もあります。抗うつ薬を服用していても、体調がすぐれない、元気が出ないというときに、漢方薬の併用が役立つことがります。

高齢者のイライラや不眠の改善に

高齢者のイライラや不眠は、認知症などの病気が原因となっていることがあります。認知症自体は西洋医学でも知rちうが難しいのが現状ですが、それに伴うイライラや不眠などの行動・心理病状の改善には、漢方薬が役立つことがあります。最近では「抑肝散」や「釣藤散」などの有効性が認められたいます。

国産馬熟成プラセンタエキス配合ヘアケアで地肌からエイジングケア【プラシエナ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です