湿疹・皮膚炎

皮膚証状はカサカサか、ジクジクカか化膿している

湿疹・皮膚炎とは外からの刺激によって、皮膚が赤く腫れたり、小さなぶつぶつができたり、カサカサしたり、ただれたりといった、かゆみを伴うさまざまな皮疹ができるモノを言い、代表的なのがアトピー性皮膚炎です。

湿疹・皮膚炎に対する西洋医学の治療では、ステロイド外用薬、保湿剤など用いられており、かゆみが強い場合には、内服の抗ヒスタミン薬などを併用し、治りにくい慢性の湿疹・皮膚炎には漢方治療も有用です。

漢方では病名にこだわらず、皮膚症状と体力や体質、全身の病態などに応じて処方が決められ、皮膚症状では、乾燥してカサカサ状態か、分泌物が多くてじくじく湿った状態か、化膿しているかなどがポイントになります。

漢方薬の併用によりステロイド薬の減量効果も

アトピー性皮膚炎などで皮膚の炎症の強い時は、ステロイドの外用薬が必要になることもありますが、副作用を心配して使いたくないという人も少なくありませんので、必要な時だけ正しく使うようにすれば、皮膚の炎症を鎮めるには非常に有効な薬ですし、
漢方薬を併用することで、ステロイド薬の使用量を減らせることもあります。

ステロイド外用薬と漢方治療

慢性的な湿疹・皮膚炎などでステロイド外用薬を使用している場合、急に使用を中止すると、抑えられていた炎症がぶり返し、症状が一気に悪化することがあるので注意が必要です。

漢方薬を用いる場合も、まずはステロイド外用薬と併用し、状態がよくなったら皮膚科医とも相談して、段階的に作用の弱いステロイド薬に替えたり、症状のヒドイところだけに塗ったりして徐々に減らします。

アトピー性皮膚炎などの皮膚症状は、精神的なストレスによっても悪化することが知られており、神経過敏になりイライラが強いような状態を漢方では「肝の失調」ととらえますが、それに対する「加味逍遥散」「抑肝散」「抑肝散加陳皮半夏」なおの薬が、皮膚症状の改善にも役立つことがあります。

母親がいらいらすると子供のアトピー性皮膚炎まで悪化する例もありますので、昔から言われる「母子同服」で、母親もいっしょに漢方薬を飲む方法も考えられます。

ケタ違いの防臭・制汗力! 【デトランスα】初回999円お試しモニター(定期購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です