腰痛、下肢通(座骨神経痛など)

薬物療法のひとつとして漢方薬が用いられる

腰痛は最も多くの人が訴える症状で、高齢になるといっそう増えてくる症状です。腰椎で神経が圧迫され、座骨神経痛などの下肢通をともなうこともあります。

西洋医学では消炎鎮痛剤を中心とした薬物療法、腰痛体操などの運動療法、温熱療法、牽引療法などが行われています。そうした治療で改善がみられず、神経障害が重い場合には、手術が行われることもあります。

治療の中心は薬物療法ですが、痛み止めとして広く使われている非ステロイド抗炎症薬は胃腸障害が出やすく、特に高齢者では長期に使うと問題になりがちですが、漢方薬は、そのような人の痛みの遅漏にも適するといえます。

冷えがあれば体を温めて痛みを取る

中高年胃に多い「腎虚」とみられる腰痛・下肢痛には冷えをともなう事が多く、「八味地黄丸」や「牛車腎気丸」など、体を温めて痛みを取る「附子剤」がよく用いられます。

「血虚」がある場合は、手足の冷えが強ければ「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」が用いられ、冷えがあまりなければ「疎経活血湯」が用いられます。また、「瘀血」が」あれば「桃核承気湯」などの瘀血を改善する薬(駆瘀血剤)が「証」に応じて用いられます。

冷えがある人に使われる「附子剤」

生薬の「附子」が含まれる漢方薬を総称して「附子剤:と呼び「附子」は体力が低下した「陰証」の人の冷えや痛み、、むくみなどを改善する作用を持つとされます。

腰痛、関節痛、神経痛などに用いる附子剤としては、「桂枝加朮剤湯」「八味地黄丸」「牛車腎気丸」「大防風湯」が代表的です。また、痛みや冷えが強い場合には「附子」の単剤を加えることもあります。

こむら返りの特効薬「芍薬甘草湯」

急激に起こる、筋肉のけいれんをともなう痛みに有効とされる「芍薬甘草湯」は、古くからこむら返りの特効薬としてしれれてきました。最も即効性のある漢方薬のひとつで、こむら返りが起きた時にのむと、ずぐに効果が表れます。

肝硬変の患者さんには頻繁に筋肉の痙攣を起こす人がいますが、近年の西洋医学的な研究で、そのような場合に「芍薬甘草湯」を飲むと頻度の低下などの効果があることも分かってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です