肩こり

Pocket

肩こりの背景にある原因は多様

肩こりとは、肩から首、背中あたりがこわばって痛みを訴える状態を指し、酷くなれば、腕のほうまで重だるくなったりすることもあり、整形外科の診断では「頚肩腕症候群」ともいわれます。

主な原因は、筋肉が疲労して固く緊張し、血行不良になることで、悪い姿勢やストレス、冷え、運動不足があると肩こりが起こりやすくなります。女性ではホルモン分泌の変化がかかわっていることもあります。

しかし、同じような症状は、頚椎の変化による神経の圧迫や、内臓などの病気によっても現れることもあるため、医療機関では必要に応じて識別のための検査が行われます。

筋肉疲労による肩こりであれば、体操をしたり心身をリラックスさせることで楽になることがおおのっですが、コリや痛みが強い時には、薬も用います。西洋医学では、非ステロイド抗炎症薬や筋弛緩薬などの内服薬、あるいは湿布薬や塗り薬などが一般的で、漢方では、肩こりの症状と共に、あわせもつ心身の不調も含めて病態をとらえ、その改善をはかります。

うなじのこわばりが強い場合は「葛根湯」がよく用いられる

「葛根湯」というと、”かぜ薬”と思っている人が多いかもしれませんが、筋肉の緊張をやわらげる作用があり、肩こりに使われる代表的な薬でもあります。うなじのこわばりが強いような肩こりに効果が高いとされ、体力のある「実証」の人に向く薬で、特に、比較的急性の肩こりによく用いられます。

そのほか、精神的ストレスが強い人では「気」を巡らせる「桂皮」を含む「柴胡桂枝湯」などが用いられたり、冷えると痛みが強くなる人では「桂枝加朮部湯」が用いられたりします。
女性の場合、月経異常や更年期障害との関連があるようなら、「桃核承気湯」「桂枝茯苓丸」「当帰芍薬散」などの「駆瘀血剤」もよく使われます。
また、肩関節の動きが制限されて腕が上がらなくなる「五十肩」には「二朮湯」などが用いられます。

こんな肩こりは要注意

肩や首のこりや痛みは、頚椎などの病気の症状として現れることもありますが、次のような時は、一度整形外科を受診してください。
●痛みがだんだん強くなる
●首から方へ痛みが走る
●寝ていてもい痛む
●痛みやしびれが手のほうまで及んでいる
●腕に力が入らなくなった
●手の感覚が鈍くなった
●手指の動きがぎこちなくなった
●胸や腰、背中の痛みをともなう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です