過敏性腸症候群

Pocket

腸がけいれんして下痢や便器を繰り返す

「過敏性腸症候群」は、腸に炎症や明らかな異常が見られないのに、腹痛や腹部膨満感をともなう下痢や厳秘が繰り返し起こる病気です。

便通異常の現れ方から、「下痢型」「便秘型」「下痢と便秘が交互に起こる「交代型」の3タイプに分けられますが、この場合、便秘も下痢も腸のけいれんによって起こります。原因はストレスによる自律神経のバランスの乱れと考えられています。

機能性の異常であり、ストレスのかかわりが大きい過敏性腸症候群は、漢方が向くタイプの病気です。

心身の症状に応じて漢方薬が使い分けられる

漢方では、心と体をひとつのものと考えて不調をとらえ、便通異常の改善と共に、心身の状態を整えるように治療を行います。

治療には、腸の過剰な運動や緊張をやわらげる「芍薬」を含む薬剤がよく使われます。代表的なものが「桂枝加芍薬」で、体力がない「虚証」の人に向く薬で、下痢にも便秘にも使えます。

特に下痢型の腹痛に有効で、抑うつや不安が強い人では「半夏瀉心湯」や「香蘇散」を用いることもあります。

西洋医学による治療

「過敏性腸症候群」に対する西洋医学の治療としては、自律神経に作用して腸の運動を抑える薬や、便の水分を調節する薬などがあり、下痢や便秘が強ければ、それを抑える薬も併用され、そのほか、精神的なストレスが強い場合には、抗不安薬や抗うつ薬などを併用することもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です