めまい

西洋医学でも根本的な治療のできないものが多い

めまいには、周囲がグルグル回るように感じる回転性めまい、体がふらつくような浮遊性めまい、立ち上がったときにクラッとくる立ちくらみなどがあり、回転性めまいは耳に原因があることが多く、浮遊性めまいは高血圧や低血圧、貧血、心身症などでも起こります。立ちくらみは起立性低血圧が原因です。

めまいの治療をしているのは、耳鼻咽喉科、神経内科、脳外科などで、メニエール病など明らかな病気があれば、その治療が優先です。実際には、めまいやふらつきに悩む人の多くは原因となる明らかな病気があるわけではなく、根本的な治療法はなかなか見つかりません。漢方では、めまいの症状の改善に主眼を置いて薬が処方されます。

漢方では、主に「水滞」とみなして治療を行う

漢方では、古くからめまいそのものを治療の対象としてきました。めまいの原因は、主に「水」がたまったり浸った状態の「水滞」と考えられ、タイプによっては「血」や「気」などの異常ととらえられるものもあります。

「水滞」がある場合、回転性めまいや立ちくらみには「苓桂朮甘湯」や「五苓散」がよく用いられます。「苓桂朮甘湯」は、体力が低下した「虚証」で、のぼせをともなうような人に向く薬で、「五苓散」は、体力が中くらいで、口の渇きがあるような人に向く薬です。同じ「水滞」でも、浮遊性めまいで、冷えや下痢をともなう人には「真武湯」が用いられます。

そのほか「気虚」があり、胃腸が虚薬な人では「半夏白朮天麻湯」を用いたり、「瘀血」があれば「当帰芍薬散」「桂枝茯苓丸」「桃核承気湯」などが使い分けられます。中年以降の「肝の失調」が見られる人では「釣藤散」などが有効なこともあります。

めまいが起こる病気

<耳の病気>
●良性発作性頭位めまい
●メニエール病
●内耳炎
●前庭神経炎
●突発性難聴
●聴神経腫瘍
<その他>
●高血圧・低血圧
●貧血
●心身症・うつ病
●脳幹・小脳の出血や梗塞
●起立性低血圧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です