アレルギー性鼻炎、花粉症

Pocket

アレルギー性鼻炎は漢方治療が適する病気

「アレルギー性鼻炎」は、「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」が三大症状で、特定の物質が体内に入ると、過敏反応が起こって症状が現れます。原因となる物質(アレルゲン)は、ハウスダストやダニ、スギ、ヒノキ、ブタクサなどの花粉が多く、花粉が原因の場合に「花粉症」と呼んでいます。花粉症では多くが目のかゆみや充血を伴います。

アレルギー性鼻炎に対して、西洋医学では、内服の抗ヒスタミン薬や鼻噴霧用ステロイド宅などが用いられ、目の症状が強い場合は点眼薬を用いることもあります。アレルゲンを特定するための検査も行われていますが、治療で使う薬は症状を抑えるためのもので、根本的治療をするためのものではありません。

アレルギー性鼻炎の治療は漢方が得意とするもののひとつで、漢方では原因に関係なく、また症状が現れている部位にこだわらず、全体の症状を整える薬で改善をはかります。

漢方では「水滞」ととらえて治療を行う

漢方では、水のようなサラサラの鼻水やくしゃみが止まらないような状態を、主に「水」の流れの異常である「水滞」ととらえます。アレルギー性鼻炎の急性期では、これを共通症状として、あわせもつ症状や全身状態によって薬が選ばれます。

代表的な処方が、「小青竜湯」で、体力が中くらいの「虚実間証」を中心に、体力がない「虚証」の人にも体力がある「実証」の人にも使われることがあります。胃のあたりを軽くたたくとポチャポチャと音がする「胃部振水音」のある様な人が典型的な適応です。近年の西洋医学的な臨床研究の結果でも、アレルギー性鼻炎に対する有効性が最も確かな漢方薬となっています。

そのほか、「虚証」で冷えがあるような人では、「麻黄附子細辛湯」や「苓甘姜味辛夏仁湯」などが用いられることもあります。
また、漢方治療では、症状がない時期から薬を飲み始めて、体質改善をはかることもあります。

漢方で体質改善

体質改善によく用いられる漢方薬は、「柴胡桂枝湯」や『柴胡桂枝乾姜湯」など、「柴胡」という生薬を含む柴胡剤です。「補中益気湯」も柴胡が入っており、広い意味で柴胡剤の仲間で、症状が出たら、収まるまでは上記のような簡保役を併用します。
体質改善のための漢方は、数年飲み続けることもありますが、症状が軽くなり、中には出なくなる例もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です