咳、痰(気管支炎、気管支喘息)

Pocket

先ず、漢方治療の向き、不向きを確認

咳や痰といった症状は、漢方治療によって改善できることが多いのもが、これらの症状が現れる呼吸器系の病気には、西洋医学による治療が必要なものもあるので、その鑑別は大切です。
例えば、結核、肺がん、肺炎などは、西洋医学による治療が必要で、これらを見逃さないために、必要に応じて胸部エックス線検査なども行われます。
高齢者は風邪から肺炎を起こしやすく、高熱や激しい咳などが見られないことも多いので、注意が必要です。

気管支炎や気管支喘息は、漢方治療を考えることができますが、状況に応じた対応が必要で、気管支炎でも、細菌感染が関係している場合は、西洋薬の抗菌薬を使います。
気管支喘息では、吸入ステロイド薬が基本的な治療で、激しい発作を起こしたときには、気管支拡張剤や点滴などによる治療が必要です。

粘っこい痰か水っぽい痰かが漢方薬を選ぶポイントになる

漢方では、原因を区別せず、呼吸器の症状を、五臓のひとつである「肺」の異常と考え、痰や咳の状態、あわせもつ症状、体力などに応じて薬が選択されます。
粘っこくて切れにくい痰が絡むような咳が続く場合に使う漢方薬としては「清肺湯」が代表的で、「麻杏甘石湯」は体力のある「実証」の人に向く薬で、一時的な強い咳に頓服的に使うこともあります。
「麦門冬湯」は体力の低下した「虚証」の人に向く薬で、乾いた咳が続いているような場合によく用いられます。

いっぽう、薄い水っぽい咳が多量に出るような場合には「小青竜湯」、似た症状があり冷えが目立つ場合には「苓甘姜味辛夏仁湯などが用いられ、さらに冷えが強く、体力が低下した人では「麻黄附子細辛湯」が用いられることもあります。

これらの漢方薬は、気管支炎や気管支喘息での咳や痰に限らず、慢性閉塞性肺疾患や慢性副鼻腔炎などで同様の症状があるときにも用いられます。

鎮咳薬の使い過ぎは要注意

痰や咳は、もともと気道に侵入した異物を排除して体を守る防御機構の一つで、出なければよいというものではありません。
西洋薬の咳止めには、咳を抑える力が強力なものもありますが、慢性的に咳が多く出るような病気では、咳を止めると呼吸が困難になったり、感染を悪化させることがあるので注意が必要です。高齢者の誤嚥性肺炎などは、必要な咳が出ない人に起こりやすいことが知られています。

安心安全の漢方精力剤・現地直送の個人輸入代行
日本上場以来19年間で32万人に愛された本物


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です