風邪のひき始めと長引いたときでは漢方薬も変わる

Pocket

一口に風邪といっても、引き始めの初期のかぜと、こじれて長引いたときでは「証」が変わり、それにともなって治療に使う漢方薬も変わります。

ひき始めのかぜには

「陽」で「実」の場合、頭痛、関節痛、咳などの症状が激しいときには「麻黄湯」がよく用いられ、「葛根湯」は「麻黄湯」ほど症状が強くなく、肩や首の後ろのこわばりが目立つような場合に特に向く薬です。

「陽」で「虚」の場合、皮膚が汗ばんでいるようなら「桂枝湯」、水のような鼻水やくしゃみ、咳などが出ていれば「小青竜湯」がよく用いられます。
悪寒・寒気が主体の「陰」の場合には、「麻黄附子細辛湯」が代表的です。

長引いたかぜでは

痰の切れにくい咳が続いたり、のどの乾燥感が主になってきた場合は、「麦門冬湯」がよく用いられます。吐き気や食欲不振があるようなら「小柴胡湯」や「柴胡桂枝湯」を用いたり、倦怠感が目立ってきたら「補中益気湯」を用いたりします。

高齢者や持病のある人は「麻黄」の副作用に注意

かぜの治療には「麻黄」という生薬を含む漢方薬が良く用いられます。麻黄には咳や痛みを鎮めたり、発汗を促す効果がありますが、副作用で血圧上昇、頻脈、動機などが起こることがあります。
かぜで数日服用するくらいなら、あまり問題にはなりませんが、高齢者や、高血圧、心臓病などの持病がある人は注意が必要です。

インフルエンザに対しては

インフルエンザの治療には、西洋薬の「抗インフルエンザウイルス薬」を持ちるのが原則です。
インフルエンザのような症状に対しては、漢方では古くから「麻黄湯」などが用いられてきました。
「証」に合った漢方薬を用いれば有効な場合が多いと思われ、科学的にそれを証明しようとする研究も進められたいる。

安心安全の漢方精力剤・現地直送の個人輸入代行

日本上場以来19年間で32万人に愛された本物h

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です