かぜ

漢方では熱を下げずに体を温めて発熱を助ける。

かぜに対する西洋医学的な治療では、解熱鎮痛座薬を中心に、咳があれば咳止め、痰がからんでいれば痰切りなどと、症状に応じて複数の薬を併用するのが一般的であり、いずれも、かぜの原因を取り除くものではなく、あくまで対象療法です。

かぜを治すために抗生物質を使うものと思っている人もいますが、かぜのほとんどはウイルスが原因で起こり、抗生物質は効きません。抗生物質が必要なのは、細菌感染が疑われたり、肺炎の恐れがあるときなどに限られます。

風邪の治療における漢方薬も対症薬といえますが、考え方はかなり違います。一般に、風邪の初期に発熱すれば薬で熱を下げようとしますが、漢方では、むしろ体を温めて、発熱を助けようとするのが基本です。それによって闘病反応を高めたり、発汗を促したりすることで、結果的に熱が下がるのです。

風邪で熱がでたときの解熱効果について、漢方薬と西洋薬の解熱薬を比較したところ、漢方薬のほうがむしろ早く熱が下がったと報告されています。
また、一般的に、漢方薬は効果が表れるまでに時間がかかると思われがちですが、風邪の治療ではかなりの即効性があり、服用して30分ほどで熱がやわらぐなどの報告が見られています。

風邪に対する漢方薬と西洋薬の解熱効果

かぜをひいて、初診時に37℃以上の熱がある大学生80人を対象に、漢方薬と解熱薬の効果を比較したところ、漢方薬のほうが早く熱が下がったことが観察されています。

かぜの漢方薬は「陰陽」「虚実」で選択される

かぜの診断では、漢方の代表的な概念のなかでも、寒さに支配された「陰」か熱に支配された「陽」か、また。、病気に対する抵抗力や反応が弱い「虚」か、強い「実」かが重要になります。

かぜでは、症状が激しく表れるのが「実証」、あまり激しく表れないのが「虚証」で、比較的高い熱が出るのが「熱証」、熱はあっても微熱程度で、悪寒や寒気が主体の場合は「寒証」になり、漢方薬は、こうした「証」に応じて処方されます。

例えば、「葛根湯」はかぜの時によく用いられますが、本来、「実証」で「陽証」の場合に向く薬です。もともと体力が低下している高齢者などは、「虚証」で「陰証」の場合が多く合わないことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です