漢方治療の考え方

Pocket

じ病気・症状でも「証」が違えば薬も違う

漢方では、体のどの部分に現れた異常も、全身の働きのゆがみから起こると考えられています。治療ではその歪みをただす薬を用いることで全身の働きのバランスを整え、本来体に備わっている”治る力”を引き出そうとします。

治療に当たっては、患者さんの体の状態がどのように変化しているかによって、診断にあたる「証」が見極められ、治療の方針が決定します。

たとえへば身体が冷えているため働きが悪くなり、病気に対して反応する力がたりないなら、温めて治そうとし、活発に病気と闘ってはいるものの、その熱で消耗して体調が悪くなっているなら、熱を冷まして治そうとします。漢方薬も、目指す方向に働く薬が選ばれます。

そのため漢方治療では、西洋医学での病名が同じでも、「証」が違えば、使う薬が違ってきます。

反対に、全く異なる病気に同じ漢方薬が有効なこともあります。たとえば「桃核承気湯」は、婦人科で月経異常や更年期障害などによく使われていますが、「陽証」で「瘀血」のある人の頭痛や便秘などにも使われ、このような漢方の特徴を「同病異治、異病同治」と呼びます。

不足していれば補い、余っていれば取り去る

漢方治療で目指すのは、生じているゆがみを正しくして心身の働きのバランスを整えることです。そのため、不足していれば補い、有り余っていれば取り去るという「補瀉」が治療の原則となります。

例えば「「気・血・水」の何かが不足していれば、その産生を促す簡保役を用い、流れが滞って過剰にたまっているものがあれば、それを取り去る助けとなる漢方薬を使います。

様々な症状があってもひとつの薬で治療できる

西洋医学での治療は、病気の原因に対して行うのが基本とはいえ、原因のウイルスに対して有用な薬がない場合は、治療は症状に対する対症療法になり、風邪で医療機関を受診すれば、熱を下げる薬、鼻水を止める薬、咳を止める薬など、何種類もの薬が使われます。

それに対し、漢方では、いろいろな症状があっても、1種類の漢方薬で治療するのが基本です。漢方治療を始めると、受診の動機となった主症状だけでなく、あわせ持つ症状も改善されることが良くあります。これも漢方治療の特賞といえるでしょう。

病状が変われば用いる漢方薬も変わる

漢方の「証」は、西洋医学の病名と違って患者さんの状態を含めた概念なので、病状が変化すれば「証」もかわり治療に用いる漢方も変わります。

「証」とは、単に診断というより、治療と一体となった概念ともいえ、「証」を見極めることは、どの漢方薬がきく病態かを探っているようなものなのです。

日本上場以来19年間で32万人に愛された本物
安心安全の漢方精力剤・現地直送の個人輸入代行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です