「気血水」の異常から病態をとらえる

Pocket

漢方では、「気・血・水」が体内をバランスよく巡ることで生命活動が維持され、健康が保たれると考えます。この 「気・血・水」に異常が生じ、量が不足したり、流れが滞ったり偏ったりすると、様々な不調が現れるので、「気・血・水」 の何にどんな異常が起きているかが、病態をとらえる漢方の重要な”ものさし”になります。

●「気」は生命エネルギー
漢方でいう「気」とは「元気」の「気」で、生命活動を営む、根源的な生命エネルギーのようなものをさします。「血」と「水」も「気」の働きをサポートしています。「気」の異常は、大きく分けて3つあり「気」の量が不足しているのが「気虚」で、心身の活力が低下した状態になります。
「気」の流れが停滞した状態が「気うつ」で、抑うつ傾向や不安定が特徴です。停滞した部位により、のどのつかえ感や腹部膨満感などが現れることもあります。
気の流れがおかしくなって逆流するのが「気虚」で、のぼせや動悸などが起こります。

肌悩み別美容液を全て試せる!美容液モニターセット

「血」は血液とその働き
「血」とは赤い体液で、主に血液とその流れを指します。血液が運ぶ栄養成分やホルモンなど、血液の働きまで含めたような概念です。
その異常としては、「血」の量が不足した状態の「血虚」と、通りが悪くなった状態の「瘀血」があります。「瘀血」の原因は、「血」を十分に作り出せない場合も、消費が多い場合もあり、貧血や皮膚の乾燥などが起こってきます。
「瘀血」では、「血」が停滞して、皮膚や粘膜の色が悪くなったり、月経異常が起きたりします。

●「水」は体液とその働き
血液から分かれた、色のついていない体液とその働きが「水」です。リンパ液や消化液、尿のほか、汗・涙・鼻水などの分泌液のような、体内の水分を指します。
「水」の異常は「水滞」と呼ばれ、流れが悪くなってきて停滞した病態と考えられています。いわば体の一部に余分な水分がたまった状態で、むくみ、頭痛、めまいなどの原因になります。「五臓」の働きの失調から異常をとらえる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です