漢方はオーダーメイド医療

近年は、西洋医学でも、一人ひとりに応じた「個の医療」「オーダーメイド医療」といわれるようになりましたが、漢方治療の特徴はまさにそこにあります。
患者さん一人ひとりの体質や病気に対する反応の違いに着目して治療の方針を組み替えるというのは、最新の遺伝子診断と目指すところは同じです。

西洋医学でいう「第一選択薬」は統計的に見て、効く確率が最も高い薬ですが、漢方では、患者さんの体質や症状に合わせて一人ひとりの患者さんに合った生薬を組み合わせて漢方薬を選ぶことを基本としています。この個人差を重視する考え方が、現在、漢方が再評価されている理由の一つでしょう。

不定愁訴の悩みを改善

不定愁訴と呼ばれる、原因のはっきりしないさまざまな症状は、女性に多い悩みですが、女性は男性以上にホルモン分泌の変動があり、月経周期に伴う波もあり、妊娠・出産、更年期という大きな変動時期もあります。
ホルモン分泌の乱れは自律神経の働きにも影響し、不定愁訴が生じやすくなり、検査をしても原因を特定しにくく、西洋医学で対応しにくいことも多いようです。

日本では古くから、月経時、産後、更年期などにみられる頭痛、のぼせ、めまい、発汗、熱感、冷間などの症状を「血の道症」と呼んで、漢方治療が行われてきました。
現在も、更年期障害などでは、多くの産婦人科医が漢方薬を治療に取り入れており、特に心身両面の症状が重くなって現れているような患者さんには有用といわれています。
一つの薬で様々な症状に効果がある漢方薬は、女性特有の不定愁訴の治療には特に有用だそうです。

生理前の女性をサポートするレディデイズサプリメント【Lara Republic】

高齢者に優しい漢方治療

医学の進歩で長生きができるようになった一方で、完治の難しい慢性疾患を持つ人が増えており、高齢化に伴うさまざまな不調で悩む人も多く、使う薬も多くなりがちですが、一方で、肝臓や腎臓の衰えと共に、薬を分解して排泄する機能も低下するため、飲んだ薬が体にたまって副作用が出やすくなります。

しかも、副作用による問題は高齢になるほど大きくなりがちで、「ふらつき」など、若い人なら問題にならない程度でも、運動機能が低下し、骨ももろくなっている高齢者では、転倒して骨折につながることも少なくないようで、薬の副作用のため新たな薬が使いにくくなるなど、対応が難しいことも多くあります。そういった高齢者特有の問題に対して、いろんな不調が起こらないように全身の働きを整える漢方を活用することも有用な対処法になると期待されています。

実際、高齢者が多く入院する療養型の施設で、日常生活動作を改善する目的で漢方薬を服用してもらったところ、肺炎などの感染症の発症率が下がったという報告もあり、体力が向上して、病気への抵抗力が高まったためと考えられています。

しかも、その施設では抗菌薬の使用が減ったため、結果として一人当たりの薬剤費がほぼ半減したということで、漢方を活用することは、高齢者にとって服用する薬剤を減らせるばかりでなく、医療費節減にもつながることが期待できそうです。

西洋医学と漢方医学の長所

漢方治療には、向き不向きがあり、内視鏡治療や手術が有効な癌や、抗菌剤が有効な感染症などでは、西洋医学的な治療が優先されます。また、早期の胃がんなど、検査を受けなければ見つけられない病気もあり、漢方治療が希望であっても、まずは検査を受けて、西洋医学的な治療を優先すべき病気があることを確かめておくべきでしょう。

日本で漢方治療を行っているのは、西洋医学によって医師免許を取得した医師であり、西洋医学的な診療のなかで、漢方薬を処方する医師も増えてきており、西洋医学と漢方医学のそれぞれの特徴を生かし、必要に応じて有効な方法を選んで治療に取り入れていくのが、現代の治療といえるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です