検査で異常がなくてもつらい時には漢方

患者さんが医療機関を受診する動機として、まず「痛みを無くしたい、少しでもつらい症状を取り除きたい」という気持ちがあると思いますが、検査を受けても異常が見つからず原因がはっきりしないこともあると思います。

例えば「冷えてつらい」とか「疲れやすい」といった症状に悩んでいる場合、いろいろ検査を受けても異常が見当たらず、原因となる重大な病気も無ければ、安心ではありますが、つらい症状は残ったまま、それを解決する方法がなかなか見い出せず、生活のリズムを乱しているケースも少なくありません。

漢方では、患者さんの訴える冷えや疲れやすいと言った症状の改善を目的に治療を行いますので、西洋医学で有効な治療法が確立されていない場合にも、漢方によって症状の改善が期待できるものがあります。

現代人のストレス病、半健康状態に漢方薬

ストレス社会といわれる現代では、心身両面が絡んだ不調に悩まされている人が増えています。もともと「心身一如」と考える漢方では、診察で体の症状と共に心の状態も自然に把握し、心身両面の不調を合わせて改善する治療を行います。

例えば、ストレス病と言われ、下痢や便秘を繰り返す「過敏性腸症候群」なども、下痢だから下痢止め、便意だから下剤といった対応だけでは、うまく解消されないケースも多いので、漢方では、消化管の運動機能を調整するとともに、不安・不眠などの改善効果のある「桂枝加芍薬湯」が処方されています。

また、漢方では病気の前段階の状態を「未病」と呼んで治療の対象とし、体の働きのバランスが崩れているなら、それを整える漢方薬を使うことで、体質を改善し、本核的な病気にならないように予防しています。

現代人には、病気というほどではなくても健康とは言えない「半健康状態」の生活習慣病の予備軍、肩こりや便秘といった「未病」が増えています。

漢方治療を受ける動機には「心身の不調を改善したい」「病気が進行するのを防ぎたい」を挙げる人が多いようですが、現代人のストレス症候群、半健康状態を治すことが漢方への大きな期待となっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です