現代医療における漢方の役割

現代の西洋医学の薬は人工的に合成された化学物質が殆どであるのに対し、漢方薬は今も、植物、動物、鉱物など天然素材の「生薬」を組み合わせて煮出しした煎じ汁から作られるエキス剤です。

現代医学の進歩により、昔なら治らなかった多くの病気が治るようになり寿命も延びましたが、西洋医学も万能ではなく漢方治療を希望する人が増えていることも事実です。

もちろん漢方治療もまた万能ではなく、「患者さんが満足する」ことを治療の目標に置いている漢方治療は、患者さんが不快に思う症状、不調があるならそれを軽減することで、ある程度患者さんのメリットといえるのではいでしょうか。

西洋医学と漢方医学の違い

西洋医学では、心と体を分けて、体を臓器や器官の集合体ととらえ、病気が起きた部位によって、心の病気は精神科、胃の病気は消化器科、心臓の病気は循環器科など、専門分化した診療科で対応し、どの臓器や器官に異常が起きているかを検査で探り、原因を究明し、その病気の原因に対して、病巣のある部位に標的を絞って治療を行っています。

いっぽう、漢方医学では「心身一如」という言葉があるように、心と体は一つのものとして考え、体を部分に分けて考えたりはせず、心も含めた全体の状態や体質をとらえて、診断にあたる「証」を導き出しています。

病気は心身の働きのバランスが崩れたために起こるという考えから、治療はそのバランスを調整することが基本となり、それによって、もともと私たちの体に備わっている自然治癒力を高めることで、病気からの回復を図ろうとするバランス医学になります。

治療に使う漢方薬も、生薬の組み合わせによるさまざまな成分が体内でそれぞれに作用して、その複合的な効果で全身状態を改善します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です